働き詰めのアラサー女子も、お正月くらい、ゆっくりしたいものですよね。普段の仕事の疲れを癒やして、ちょっと特別なお正月を過ごしてみてはいかがでしょうか? 2017年もいい年にしましょう! 
特集一覧へ

前回ご紹介した「ポンポン置くだけテーブルリース」。普段使っているプレートに置くだけで、わずか15分でクリスマス気分を自宅で味わえる超かんたんリース、いかがでしたか?

あっという間に過ぎてしまったクリスマスですが、せっかく作ったリースをそのまま捨ててしまうのは、もったいない! オーナメント(飾り)や敷きマットを変えるだけで、またたく間にお正月飾りに変身させることができるんです。教えてくださるのは前回に引き続き、花のある暮らしを提案している「&Flower Romantica(アンド・フラワー・ロマンティカ)代表の正井京都(まさい・みやこ)さんです。

まだまだ仕事などが続いて忙しい年の暮れ。お正月の準備まで手が回らないという人もこれなら助かりますね。

クリスマスリースをそのまま生かしてお正月飾りに

前回ご紹介した「ポンポン置くだけテーブルリース」は、冬のこの季節なら3週間はきれいな緑をキープできます。

miyako02_02_photo2

クリスマスが過ぎたら新年に向けてオーナメントを取り替えてみましょう。

お正月を祝う縁起のいい色は「赤」「金」「白」と言われています。その3色を取り入れてあげることで一気にお正月へ衣替えです。

今回、使ったオーナメントはこちら。

miyako02_01_photo1

これをクリスマス用のオーナメントと並べ替えるだけ。

miyako02_03_photo3

クリスマスリースはテーブルに置いて楽しむのがおすすめですが、正月飾りに変身させたら玄関の靴箱の上などに置くといいと思います。

素敵なお正月を

「ポンポン置くだけでも、私にはハードルが高い……」という人も中にはいるかもしれません。そんな方は、一輪でも構いませんので、お正月っぽいお花を飾ってみてください。

歴史や文化、慣習を考慮したお花選びができることが一番ですが、まずは「◯◯っぽい」で十分です。そして、それをぜひ続けてみてください。

お家にお花を飾ることで、その場が華やかに変わり明るい気持ちになったり、忙しい日々の中でも季節の移り変わりを感じることができるもの。すると自然に、自分の気持ちやまわりの環境の変化に敏感になれると思います。日々の過ごし方が少しずつ変わってくる、それがお花のチカラです。

お花を通して、2016年をしっかり終え、2017年を迎える心の準備をしましょう。それでは、素敵なお正月を。

提供:&Flower Romantica

正井京都(まさいみやこ)
東京・五反田のアトリエを拠点に活動する花屋「& Flower Romantica(アンド・フラワー・ロマンティカ)」代表。フラワーデザイナー。マミフラワーデ ザインスクール講師。IT企業勤めを経て、お花の道へ。たくさんのお花や植物に触れてもらうこと を目的に、種類豊富な季節のお花たちを使ったフラワーアレンジメント教室を毎月開催、花のある 暮らしを提案している。また、贈り主の想いを形にする世界にひとつだけのオーダーメイドのフラ ワーギフト、ウエディングブーケ、パーティ装飾なども手掛ける。2016上海・松江菊花文化節に て作品展示。 webサイトインスタグラム

正井 京都