令和の婚活事情・第2回

自分が何を欲しているか言語化する…幸福度が高い人の共通点【川崎貴子×川口美樹】

自分が何を欲しているか言語化する…幸福度が高い人の共通点【川崎貴子×川口美樹】

「川崎貴子の「令和の共働き婚」」
の連載一覧を見る >>

2021年もあとわずか。コロナ禍での生活も2年が経とうとしています。コロナ禍で一変した私たちの生活。多くの人がライフスタイルや価値観の変化を感じているのではないでしょうか? 

マッチングアプリ「Omiai」を運営する株式会社ネットマーケティングが今年2月に発表した調査結果によると6割以上の男女が「コロナ感染拡大前と比べてパートナーが欲しいと思うようになった」と回答しました。

「結婚」はあくまでもパートナーと一緒に生きていく手段の一つに過ぎませんが、コロナ禍で自粛生活や緊急事態宣言の発令で思うように人と会えなくなった分、人とのつながりやパートナーシップについて考えるようになった人も少なくないのでは? 

そこで、婚活サイト「キャリ婚」を主宰する川崎貴子(かわさき・たかこ)さんと恋愛・婚活サイト「LoveBook」編集長の川口美樹(かわぐち・よしき)さんに「令和(コロナ禍)の婚活事情」をテーマに対談していただきました。第2回目のテーマは「幸福度が高い人の共通点」です。

【第1回】マッチングアプリを使いこなすのは“匠の技” 婚活領域の定め方

「自分がどうしたらいいか分からない」のはなぜ?

川口美樹さん(以下、川口):結婚に限らず、自分がどうしたいのかわからないというのはやっぱり教育の問題に行き着くのかなって思います。決められたカリキュラムの中で言われた通りのこと、もっと言えば相手が期待する答えをいかに効率よく出していくかを競っているから。

川崎貴子さん(以下、川崎):仕事でも婚活でも失敗をすごく恐れますよね。例えば、「好きな人がいて、実はその人も自分を好きだった」なんてある意味奇跡じゃないですか。そんなことがゴロゴロあるわけではないから、それでもきっかけを作ったりして物語を紡いでいくものなのに、絶対に失敗したくないから同じサークルの人には声をかけないとか、同じ職場の人は絶対に嫌だとか最初からシャッターを下ろしてしまっている人が多くてもったいないですね。

それと、私が個人カウンセリングしている女性たちは仕事を頑張ってる人が多いのですが、ずっと100点をとってきたような人たちで、99点を取ったらほめられない人生だった女性が多いんですよ。「どうしたの?」とお母さんに言われちゃう。「なんであと1点取れなかったの?」と言われ続けてきた。それで、いまだにお母さんとか社会の評価が怖くて、そんなもろもろを背中に背負いつつ婚活をしているから、「私はいいと思うけれど、お母さんはどう思うだろう?」とお母さんのフィルターを無意識に入れちゃっているんです。

川口:親の世代は正解を求め続けて敷かれたレールを走っていれば退職金も年金もあって80歳くらいで死ねたからそれで切り抜けられたんですよね。でも今はレールが最終点まで敷かれていなくて僕たちは自分たちでレールを敷いていかなければいけないのに、教育だけはこのレールが残っているんです。いきなり社会人になってパツンって切られる。親たちはこのレールの残り香で生きているから僕らの世代にもこのレールがあると思っているんですけれど、すでにレールはなくて誰も正解をもっていない時代。だから「どうしたらいいんだろう?」「何をしたらいいんだろう?」とパニックになってしまう。そんな状態が婚活にもキャリアにも全部出ているんですよね。

そういう意味で、学校教育の時点から「先生でも親でもなくてあなたが自分のやりたいことを決めてないといけないんだよ」というメッセージを発していかなければいけないのかなと思っています。

川崎:そうですよね。「コツコツ勉強して正解を覚えろ!」と言われてきたのに、社会人になったら急に「キミの意見を言え!」「イノベーションを興せ!」ですからね(笑)。社会に出て混乱しちゃうのは当然。社会だと△もあるし、×でも◯だったりするじゃないですか。婚活でも同じですね。

川崎貴子さん

川崎貴子さん

年収600万の金持ちと、年収1000万の貧乏がいる

川口:前に相談に乗った子が、相手の年収が800万がいいと言うんですけれど「なぜ?」に答えられないんです。「何となく」って言うんです。それで「1000万と1200万だとどっちがいいですか?」って言うと、「1200万です」って言うんですよ。「じゃあ1200万と3000万だとどっちがいいですか?」って聞くと、「3000万です」って言う。それって決まってないのと同じじゃんって感じで。もうちょっと言うと、年収600万の金持ちと、年収1000万の貧乏がいるっていうことを知らないんです。

年収が高くなれば、当然、所得税率が上がるので、取られる金額も上がる。可処分所得が変わらないのに、忙しくなるのが年収1000万のゾーンなので、じゃあ「定時で帰ってきてくれて、家事もしっかりやってくれる年収600万の人と、激務で子供の面倒を見ない、朝7時に出て夜中に帰ってくる年収1200万の男性だったらどっちがいいですか?」って言うと、「年収600万」って言うんですよ。相手を「年収が高い」とか「背が高い」とか分かりやすい記号でしか判断できないんです。

川崎:一個一個の点だからつながっていないんですよね。一個ずつポンポンと要求があるだけだから、「年収1200万円の人と結婚したい」という点があって、もう一個の点が「毎日夫と一緒にご飯を食べたいです」っていう。その点と点を合わせるのは至難の業。

川口:ラベルで評価されてきた人の癖だと思うんですよね。いわゆる学校で言うところの100点が、年収800万とか1200万の相手と結婚できたら、になっている感じですかね。

川口美樹さん

川口美樹さん

婚活を自己肯定感を下げる装置にしないために…

川口:この前、婚活カウンセリングのサービスを提供している人に「婚活におけるメンタルで一番重要なのは何ですか?」と聞いたら「言語化すること」と言っていました。やっぱり言葉にするのって大事かなって。自分が何を欲しているかとかどんなことにうれしい、悲しいと感じるかを言語化できているとメンタルは安定するし、崩れても持ち直しやすいということでした。

例えばうまくいかなかったときに「彼はあなたが大事にしている価値観とはここが違ったから“採用”を間違えただけだよね」みたいな。相手に何をされたのかという軸ではなくて、そもそも選ぶべき相手じゃなかったというPDCAが回るんです。

川崎:言語化できていないと次に生かせないんですよね。「振られたー」で終わっちゃう。

川口:起きた事象にショックを受けちゃう。「いいな」って思ってたのに、また振られちゃったとか。

川崎:やっぱり私は結婚できないんだとか、どんどん自分を責めちゃうから、婚活が自己肯定感を下げる装置になってしまう。

幸福度が高い人の特徴

川口:言葉にできるというのがすごく強い。婚活だけではなくて人生の充実度にも関わってくる気がします。

川崎:仕事でも何でも楽しそうな人は感動屋が多いですね。新しいツールができると「面白そう!」ととりあえず試してみたり、例えば離婚した人がいたとして「離婚ってどうなの? やったことないから分からないんだけど」と、例えネガティブなワードでも食いついていく感じ。いろんなところにアンテナを張っていつもワクワクする場所に自分を置いているんです。遊ぶように仕事をするという。見ていてうらやましいなと思います。

川口:川崎さんもそうですよね?

川崎:楽しく毎日を送っていますが、あそこまで感動屋じゃないかな。新しいSNSやツールが出る度に覚えるのが面倒で「チッ! また出やがった」と思ってるし(笑)。川口さんはどうですか?

川口:多分、感覚的に近いと思うんですけど、いつも楽しそうな人って幸せに対するハードルがめちゃめちゃ低いんですよ。道端の花で感動できるとか。猫との触れ合いで1時間つぶせるとか。世間や他人に対する期待値が低いので、不満が出ないんです。物事に対しての期待値が低い分、感動できる幅がでかいんでしょうね。だからと言って卑下しているわけでも人生に対して後ろ向きというのでもない。

211109otopi-0100

川崎:うちは娘が女子高生なんで、たまにうちがたまり場になっているんですけれど、JKがあれだけいると「マジウケる! すごーい、超いい!」「超最高! ママ、これ美味い! 超幸せ!」とかずっと言ってるんですよ。ずっとみんなで感動を伝え合ってるのを見るといいなって思いますね。同席している私も幸せになります。

川口:それですよ!  逆に卑下している人ほど幸せのハードルがめちゃくちゃ高い気がします。期待値が高いので、「こういうことをしてくれないと嫌だ」とか。「こういうことをしてくれないと満足できない」とか。彼氏が、上司が、親が、とか。他人の軸の話が多いですよね。

川崎:それはありますね。

川口:多分相対で評価するか、絶対で評価するかの違いなのかもしれないですね。僕はパーソナルなミッションに「幸せを言語化する」というのがあるんですけれど、幸福度が高い人ってその重要性に気づいていて練習をしているんです。

川崎:どういうことですか?

川口:幸せに生きてる人ってこういうことをやってる人なんだって、どこかのタイミングで気づくんです。で、実際に実践してみて「これマジだ」っていう確信が生まれるとそれを意識して習慣化するんです。詳しく話を聞くと、みんな絶対ターニングポイントがあって「世の中っていうのはこうなっているんだ」と気づいた瞬間がみなさんあるんですよね。

川崎:幸せに関する気づきっていうのは人それぞれ違うのでしょうか?

川口:気づきや体験はさまざまですけど、他人や世間への期待値が低くなる、もしくは幸せは自分の解釈次第でどうにでもなる、ということに気づく、という点では共通していると思います。

1.他人と社会は絶対に自分の思い通りになってくれない
2.だったら自分の機嫌は自分でコントロールしよう
3.どうせなら1分1秒ご機嫌に生きたほうが楽しいじゃん

ってことに、幸せに生きている人はもれなくどこかで気づいていますね。

それを何度か試して、「あ、幸せっていまこの瞬間から感じられるんだ」って確信に至るんですよね。

川崎:私は逆に、若いときに、成功すれば幸せがついてくると思ってたんです。とにかく自分が成功すること、会社を大きくすること、信用を得ることに重きを置いていて。幸せなんて後からついてくると思ってたら、男性社長はモテるのに、私は全然モテなくて。「なんで?」って思って、「ダメだ、女社長は幸せについて考えたり、活動したり、自分から行かないとダメだ」と20代の終わりくらいにやっと気づいたんです。

それで自分にとっての幸せについて考えるようになったのもありますし、これまでもリーマンショックとか何度も「もう無理だ!終わった!」と思うことあって、でも「まあそれも経験かな」と思ってきたんですが、やっぱり一番変化が大きかったのが子育てと乳がんになったことでしたね。

次女を産んだのは40歳のときで、すぐに私は復職して寝る前に子供に会うくらいだったんです。次女は長女のとき同じように、授乳を3週間だけしてあとは夫に丸投げだったのですが、具合が悪かったりご機嫌斜めになったりしたときに「パパじゃないと嫌」って言うんですよ。「このままだとダメだ」と思って働き方を変えました。それでブログを書いたりし始めたんです。

川口:そうだったのですね。

川崎:結婚に話を戻すと、男性は「自分が成功したら」とか「このくらいの年収じゃないとプロポーズできない」と思って自分の幸せについては次に考えるという人が多いんですけれど、それが婚期やすてきな女性を逃す原因だったりします。私も経験ありますが、そんな「成功」は一生来ないんで。

川口:一生来ないですね。

川崎:次のタスクが来ちゃうから。

川口:そうなんです。成功したら期待値が上がってより難易度が高いミッションがふってくるから。

川崎:だからずっと自分の幸せを後回し案件にしちゃう人がすごく多いんですよね。これは男性に多い気がするし、「男らしさ」のプレッシャーや呪縛のようなものがあるからかもしれないけれど、社会も私たちも意識を変えていかなければいけないのかな、そんな時期にきている気がします。

211109otopi-0096

※最終回は12月29日公開です。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この連載をもっと見る

川崎貴子の「令和の共働き婚」

人生100年時代。私たちの母親世代とちがい、結婚したら共働きが当たり前になった「令和」の時代。婚活サイト「キャリ婚」を主宰するなど、1万人以上の女性の人生をマネジメントしてきた会社経営者の川崎貴子さんが、「令和の共働き婚」をテーマに有識者と対談し、自分たちらしい結婚や家族のかたちについて考えていきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

自分が何を欲しているか言語化する…幸福度が高い人の共通点【川崎貴子×川口美樹】

関連する記事

記事ランキング