「マスクにつきにくい」商品が人気、リップも躍進【@cosme上半期ベストコスメ】

「マスクにつきにくい」商品が人気、リップも躍進【@cosme上半期ベストコスメ】

コスメ・美容の総合サイト「@cosme」が2021年の上半期ベストコスメを選出する「@cosmeベストコスメアワード2021 上半期新作ベストコスメ」が6月10日に発表されました。

会員へのアンケート結果を元に@cosmeが分析したランキング結果について紹介します。

【関連記事】大賞はキャンメイク「プランプリップケアスクラブ」

マスク生活における“メイクの悩み”とは?

まず、マスク生活の中での行動や気持ちの変化について。アンケートでは、「マスクで隠れているパーツが以前より気になる」との回答が「あてはまる」23.7%、「まああてはまる」26.6%となっており、5割強の人が以前よりも気になっているという結果に。

また、「マスクを外した顔を見せるのが怖いと感じることがある」という質問には「あてはまる」が23.4%、「まああてはまる」が31.4%で、同じく5割強の人がマスクを外したときのギャップを気にしていることが明らかになっています。マスク生活が1年以上たち、人と会う時間が増えつつあることで、「メイクをする」という意識が以前よりも強くなっていると言えそうです。

「マスクにつきにくい」商品が人気

こうした傾向から、スキンケア商品が上位を独占した昨年のランキングに比べ、今回のランキングではメイクアップ商品がバランスよくランクイン。トップ10に入った商品は、ほとんどが「マスクにつきにくい」ことをうたった商品で、特に消費者ニーズにいち早く応えた資生堂のマキアージュ「ラマティック ヌードジェリー BB」など国産ブランドの受賞が目立ちました。

今回のランクインを受けて、資生堂では「生活者が求めるつや肌とマスクにつきくい価値を同時にかなえる商品を開発し、いち早く生活者にお届けしたい! と強く思い、全社一丸のプロジェクトがスタート。資生堂初4カ月というスピード発売を実現しました。つややかな仕上がりなのに本当にマスクにつきにくいこと、UVカット数値も高いのに洗顔料でオフできることなど、商品機能にご満足の声をいただいています。これからも生活者のニーズに対応した商品をお届けできるよう努力し、化粧品によって得られる高揚感、ワクワク感をたくさんの方に届けることで、化粧品市場の今後に明るい兆しはあると考えています」とコメントしています。

5位にランクインしたマキアージュ「ドラマティックヌードジェリーBB」

5位にランクインしたマキアージュ「ドラマティックヌードジェリーBB」

大賞はキャンメイク「プランプリップケアスクラブ」 リップ商品が躍進! 

また、「マスクで隠れているパーツが以前より気になる」という声が多く寄せられたアンケート結果に応えるように、リップ商品が複数ランクインしていることも今回のランキングの特徴。大賞にはケアとメイクアップの両面で活躍する井田ラボラトリーズのキャンメイク「プランプリップケアスクラブ」が、8位には、かならぼのFujiko「フジコ ニュアンスラップティント」がランクインしています。

大賞を受賞した井田ラボラトリーズでは、「数年前からリップスクラブ商材には着目していましたが、マスク生活が本格化し『マスクの着脱による急激な乾燥のお悩み増加』『マスクへの色移りを懸念してカラーリップを使用しない人が増加』『色残り重視のティントリップの需要増加に伴う荒れへの懸念』という市場動向を受け、消費者さまのお悩み改善、かつ手に取りやすい価格帯を目標に商品発売に向けて本格始動しました。発売後は想定を約2倍上回る勢いで完売。商品の定番化をお知らせした際は、お客さまからもお取引さまからも『うれしい!』など大きな反響をいただきました。化粧品市場はさまざまな変化にも対応できると確信できたので、今後も明るい兆しを感じているとともに、とても楽しみです」と反響の大きさをコメントしています。

大賞を受賞した、キャンメイク「プランプリップケアスクラブ」

大賞を受賞したキャンメイク「プランプリップケアスクラブ」

また、8位にランクインしたかならぼでは、「開発経緯としてはコロナ禍のマスク生活において企画開発された商品となります。商品の訴求もマスク生活でもリップが楽しみたい! そんな気持ちに寄り添えるように訴求いたしました。発売2日で6.9万個の快挙を記録し、店頭では品薄がずっと続きました。落ち込みの激しいリップ市況の中で、『リップ戻りをけん引したアイテム!』として店頭バイヤーからも驚きと感謝の声を多数いただきました。長らく続くマスク生活の中で、それでも通常の仕事や生活を行うようになり、やはりメイクは切り離せないものであると個人的には感じます」としており、ユーザーのニーズに対応した商品を開発したことが今回の結果につながっているようです。

8位のFujiko「フジコ ニュアンスラップティント」

8位のFujiko「フジコ ニュアンスラップティント」

長らく続くマスク生活から生まれたニーズに対応する商品が多くランクインした今回のランキング。コロナ終息後についてのアンケートでも、「化粧品をリアル店舗で購入することが増えそう」「気分転換やテンションを上げるためにスキンケアやメイクをするようになりそう」などの回答が多く寄せられるなど、今後はメイクをする意識がより強まる可能性が高そうです。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「マスクにつきにくい」商品が人気、リップも躍進【@cosme上半期ベストコスメ】

関連する記事

記事ランキング