川原好恵のランジェリーコラムVol.51

ふふ、今年の私は大人っぽい… 冬こそ楽しみたい“こっくり色”ランジェリー

ふふ、今年の私は大人っぽい… 冬こそ楽しみたい“こっくり色”ランジェリー

「川原好恵のランジェリーコラム」
の連載一覧を見る >>

冬こそ楽しみたいこっくり色

ランジェリーもファッションアイテムのひとつ。とくにヨーロッパではその傾向が強く、展示会を回っていると、ファッションと同じくシーズンのトレンドカラーがはっきりと見えてきます。

日本も以前は下着というと、淡いピンクやサックスブルーなどのパステルカラーが主流でしたが、ファッション性の高いランジェリーブランドが増えるにつれ、展開するカラーもだんだんと個性的に。服の色を選ぶように、下着の色を選ぶ楽しさが増えてきました。

そんな中、今年の秋冬は、深みのあるこっくりとした色が豊富にラインナップ。深みがあると言ってもグレーや焦げ茶などのダークな色ではなく、紅葉や熟れたフルーツを思わせるような、しっかりと色みのあるカラーがいっぱい。冬が近づくにつれ、服の色はだんだん落ち着いたトーンになってくる中、艶やかな色の下着をまとえば気分もアガりそうです。

また、春夏の薄着の季節は濃い色の下着を着けていると、透けるのが気になったりもしますが、服も厚地になる秋冬はそんな心配も無用。それに、黒やグレーのオフショルダーのニットやカットソーから、艶やかな色のストラップがのぞいているのも、ちょっとセクシーで素敵。そんな秋冬ならではのランジェリーのオシャレを楽しんでみてはいかがですか?

今秋一番のトレンドカラー、ビリジアンのセット

1_akikoogawalingerie3

1_akikoogawalingerie4

1_akikoogawalingerie5

1_akikoogawalingerie1

ファッションブランド「アキコオガワ」が展開するランジェリーなだけあって、今秋一番のトレンドカラー“ビリジアン”を華麗にフィーチャー。青みがかったグリーンは“ピーコックグリーン”とも呼ばれ、海外ブランドを含めオシャレなランジェリーブランドがこぞって展開している色です。トリミングやリボンにブラックを配し、シャープな印象です。

ブラジャー19000円、ショーツ8200円、タンガ8900円、パジャマ(トップ)38000円/アキコオガワ ランジェリー(アキコオガワインターナショナル)

大人の女性の肌に美しく映える、オレンジレッド

2_chut!intimates2のコピー

2_chut!intimates3のコピー

2_chut!intimates4のコピー

まるでモミジのような赤みがかったオレンジは肌映えもよく、女性を美しくランクアップしてくれる色。コード糸使いのストレッチリバーレースが高級感を感じさせ、玉虫色のリボンもポイントに。L字ワイヤーを使うことで前中心のワイヤーのあたりをなくし、浅めの3/4カップなので、幅広い体型の方にも合いやすい嬉しいパターンに仕上がっています。

ドレスイージーブラ5500円、ビキニショーツ2500円、Gストリングショーツ2500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

艶やかな蘭の花を思わせる、華やかディープピンク

3_lisecharmel

フランスのエレガンスを象徴するかのような「リズ シャルメル」のシルクランジェリー。艶やかに咲き誇る蘭のようなディープピンクに、アラベスク模様を強調するブラックの刺繍が華やか。こんなに強い色でも上品さを失わないのは、長年フランスの女性に愛され続ける歴史あるブランドだからこそ。気持ちまで華やかにしてくれそうなランジェリーです。

ブラジャー21000円、ショーツ17000円/リズ シャルメル(リバコ)

リラックスタイムのお供にマスタード色のブラキャミ

4_fleep3

4_fleep4のコピー

4_fleep2

4_fleep1

繊維の間に空気を含んだ、ふわふわと軽くてやわらかい肌触りのコットンで作られる「フリープ」。その上質なコットンに繊細で品格のあるリバーレースを飾り、贅沢に仕上げたのがこの「フリープ リュクス」シリーズ。今シーズンの新色はインパクトのあるマスタード色。1枚で着られるブラキャミは、リラックスタイムのお供におすすめです。
ブラキャミ6600円、ブラジャー6200円、ショーツ3600円/フリープ(島崎)

ヨーロッパのトレンド、ゴールドランジェリー

5_aubade3

5_aubade4

日本のブランドでは、なかなか目にすることのないゴールドですが、ヨーロッパでは今秋冬の注目カラー。世界のランジェリートレンドをリードする「オーバドゥ」も、光沢が美しいシルクのゴールドとリバーレースによるコレクションを発表。こんなゴージャスさと優雅さを備えたランジェリーをまとえば、フランス女優になった気分が味わえそう。

ハーフカップブラ22000円〜、タンガ12000円/オーバドゥ(オーバドゥ・ジャパン)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この連載をもっと見る

川原好恵のランジェリーコラム

下着は、ボディラインを整えるだけではなく、女性に自信を持たせ、内面から輝かせてくれるもの。自分が素敵だと思う下着を選んで身につけることで心と体を自由にしてくれるアイテムです。ランジェリーライター・エディターの川原好恵さんに大人の女性にこそ着けてほしいランジェリーをテーマごとに紹介していただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ふふ、今年の私は大人っぽい… 冬こそ楽しみたい“こっくり色”ランジェリー

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング