川原好恵のランジェリーコラムVol.57

なんとなく「痛そう」って思ってない? “なりたい胸”を作るワイヤー入りブラの魅力

なんとなく「痛そう」って思ってない? “なりたい胸”を作るワイヤー入りブラの魅力

「川原好恵のランジェリーコラム」
の連載一覧を見る >>

ノンワイヤーブラ人気の理由は…

少し前まで「ブラジャー」と言えばワイヤー入りブラジャーのことを指すのが一般的でしたが、最近はノンワイヤーブラの人気が急上昇。ついにノンワイヤーブラの売り上げ枚数が、ワイヤー入りブラジャーを抜きました。*
*トリンプHP調査 2017年11月 / 年齢不問 / N=1,323

ノンワイヤーブームが本格化したのは2016年頃。抜け感のあるエフォートレスファッションや、スポーツウェアを街で着こなすアスレジャースタイルが人気となった頃で、バストラインもナチュラルなシルエット、楽な着け心地が求められるになったことがその流れを決定づけたようです。

さらに、この頃に発売されたノンワイヤーブラは、ただ楽ちんなだけでなく、バストメイク力も備えているものが多かったことも、その人気に拍車がかかった理由のひとつ。楽な着用感とバストメイク力を兼ね備えたノンワイヤーブラは、各ブランドの開発力の賜物ですが、同じようにワイヤー入りブラも快適性を追求するなど、進化を遂げています。

必ず試着して! ワイヤー入りブラ選びの基本

ノンワイヤーブラが定着するにつれ、「実はバストラインの崩れが気になる」「キメるときはワイヤー入りブラでしっかりバストメイクしたい」といった声が聞かれるように。

とはいえ、窮屈な着け心地はもはやNG。今回は、そんなワガママな要望に応えつつ、ワイヤー入りブラならではの機能を備えたアイテムをピックアップします。

ワイヤー自体に工夫をこらしたり、カップの素材を駆使して軽さを出したり、ワイヤー入りだからできるパッド使いだったりバリエーションも豊富。「なりたいバスト」を叶える優秀ブラです。

ただ、ひとつ注意したいのが、選び方。ワイヤー入りブラを窮屈だと感じている人の多くは、合っていないサイズ、合っていないワイヤーのブラを選んでいることが多いよう。ワイヤー入りブラは、同じサイズでもブランドやデザインによって使用しているワイヤーの形が異なります。そのため、同じC70でもブラジャーによって、バストに合うもの合わないものが出てくるのです。それを解決するには、試着して吟味するしかありません。確かに試着は時間もかかるし面倒。でも、そのわずかな時間で快適な着け心地と美乳シルエットが手に入ると思えば、惜しくはないですよね。

「ワイヤー入りブラは窮屈」そんな先入観は捨てて、いざ試着室へ。きっと自分のバストの美しさを再発見できるワイヤー入りブラに出合えるはずです。

盛るのは苦手だけれど、程よい谷間が欲しい

chut!intimates2のコピー

chut!intimates1

ワイヤー入りブラジャーはパッドが厚く、ボリュームアップするもの……そんな既成概念を覆すのが、「シュット!インティメイツ」のシアーライトブラ。薄くてハリのある素材を使用したカップなので、驚くほど軽い着用感。それでいて、脇から寄せて引き上げる特許取得の特殊な構造になっているため、ナチュラルな谷間をメイク。今の時代らしい、つくり過ぎない自分の胸を生かしたシルエットが実現します。
シアーライトブラ4,800円、ビキニショーツ2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

樹脂ワイヤーをクッションで包んで、優しく心地よく

lucian2

lucian1

服にもひびきにくい、表面がつるんとしたモールドカップ。ワイヤー入りのブラならバストラインもより美しく、服を着た時のボディラインも格上げできそう。このブラは通常のワイヤーより柔らかい樹脂性のワイヤーを使用し、それをクッションで包んでいるので、肌あたりも抜群に優しいのが特徴。美しいバストラインをキープします。
ずっとアップ ワイヤーブラ2,000円、ペアショーツ1,300円/ルシアン

安定感が命のストラップレスは、ワイヤー入りで

salonbypj2

ストラップレスブラは落ちない安心感と、ストラップなしでも美しいバストラインを作る機能性が命。その両方を備えているのはもちろんのこと、見た目にも美しい才色兼備ぶりを発揮しているのが、このストラップレスブラ。フロントパネルに薄い中綿が入っているので、ボディにも優しく密着。脇高で安定感も抜群です。
リュクスレースフルストラップレス4,600円/サロン バイ ピーチ・ジョン

自然な丸みのあるバストをメイク

premier2

premier1

ワイヤー入りブラはパターンの善し悪しが着用感を左右するもの。プルミエは1993年の創業以来、女性のバストラインを美しく魅せるブラジャーや補整下着を追求してきたブランドで、そのパターン力には定評があるブランド。カップ内側も2つのパッドポケットをつけ、“しずく型”と“半月型”のパッドが入れられるWパッド構造に。パッドなしでナチュラルに美しく、パッドを入れてよりグラマラスに、自在にバストラインを演出できます。
ラ・テール ブラジャー6,300円/プルミエ

同じシリーズで3型のワイヤー入りブラジャー

amostyle_夢みるブ1

2018年よりブランドを刷新し、トレンドを取り入れたファッションライクなランジェリーを提案している「アモスタイル バイ トリンプ」。これまで人気だったブラジャーのパターンを継続しつつ、オシャレなルックスに進化しています。手描きスケッチのような花柄レースを用いた同じシリーズの中で、ワイヤー入りブラジャーを3型展開しているから、より自分好みのバストシルエットや着用感を選べます。こんなバリエーションが展開できるのも、ワイヤー入りブラの強み。

本物のバストのような、ぷにぷにとした触感のミルキーホイップカップで、楽にボリュームアップ。ストレッチカップがバストの動きにフィットするのでズレにくくなっています。

amostyle_夢みるブ2

スケッチーフラワー 夢みるブラ3,490円〜、レギュラーショーツ1,500円

カップ脇に伸びない素材を使用して脇をすっきりさせ、バストを内側に。ブラジャーとボディラインの段差を軽減する仕様なので、後ろ姿もすっきり。

amostyle_チャーミングラマー スウィートハート

スケッチーフラワー チャーミンググラマースウィートハート3,490円〜

カップに内蔵されたシートとボーンとの組み合わせで、バストを脇からしっかり寄せ、くっきりとした谷間を作るブラ。

amostyle_きゅっと寄せブラ

スケッチーフラワー きゅっと寄せブラ3490円〜/すべてアモスタイル バイ トリンプ(トリンプ・インターナショナル・ジャパン)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この連載をもっと見る

川原好恵のランジェリーコラム

下着は、ボディラインを整えるだけではなく、女性に自信を持たせ、内面から輝かせてくれるもの。自分が素敵だと思う下着を選んで身につけることで心と体を自由にしてくれるアイテムです。ランジェリーライター・エディターの川原好恵さんに大人の女性にこそ着けてほしいランジェリーをテーマごとに紹介していただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

なんとなく「痛そう」って思ってない? “なりたい胸”を作るワイヤー入りブラの魅力

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング