『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』第4回・止

黒のプリーツスカートは万能! 人気スタイリストが教えるコーデ術

黒のプリーツスカートは万能! 人気スタイリストが教えるコーデ術

「暖かくなって春のファッションを楽しみたいけれど、どんな服を着ていいのか分からない」
「カジュアルなファッションが好きだけれど、コーディネートがマンネリ化している」という人は少なくないのでは? 

映画やテレビCMなどで多くのモデルや俳優の衣装を担当するスタイリストの中川恭子(なかがわ・きょうこ)さんの新刊『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』(日経BP)が2月14日に発売されました。

自分を最高に引き立たせる服を自由自在に選べるようになるためにはどうすればいいの――? 本書の一部をご紹介します。最終回のテーマは「モード」です。

黒のプリーツスカートは万能

222

モードは自由度が高いので、きれいめやカジュアルよりも、ちょっと難しそうな感じがするかもしれません。でも、ここでお伝えする服を使ってみたら、雰囲気が出てきます。「何よりも着てみるのが大事」なモードです。着て、モードのおしゃれさを実感してみてください。

まずは、「黒のプリーツスカート」です。カジュアルの項目でもおすすめした、細いプリーツのスカートは、太いIラインをつくります。しかも、何をトップスに持ってきてもおしゃれに見えて、すごく使いやすいです。

素材はレザーやサテンなど光沢があればベスト。丈は長めで、膝下10センチ以上あるものにしましょう。肌をできるだけ隠せば、モードっぽい無機質に近づきます。

合わせるトップスの色は、お伝えした「全身を限りなくダークトーン」にするために、黒かダークトーンの色を守りましょう。また、太いIラインをつくるために、重みがあって縦に落ちる素材を選んでください。それさえ守れば、パーカーでもTシャツでもなんでもいけます。 黒のプリーツスカートは、万能です。カジュアルコーデにも使えますし、パーティまでどんなスタイルにも使えます。

光沢のあるものを身につけるほどおしゃれ

234

光沢感のあるものは、非日常でゴージャスな雰囲気を生みます。

特にサテンのTシャツは、とてもおすすめです。普通のトップスの代わりにサテンを着るだけでおしゃれ最前線になります。そして、選ぶ形は、写真のようなTシャツやタンクトップなど、スポーティなものにしましょう。

きれいめやカジュアルでは、サテンのパンツをおすすめしました。光沢が入ると、それだけでおしゃれなので、どのジャンルでも使いたい素材なのですが、モード以外のコーデはやさしいので、トップスにすると、エレガントになりすぎてどうしてもピアノの発表会のようになってしまいます。

この点、モードはクールにつくるコーデなので、トップスでも大丈夫です。かっこよく仕上げるために、Tシャツやタンクトップなどスポーティな形にすることを守りましょう。また、合わせる小物もほっこりしないのがコツ。パールやヒールを合わせると気取りすぎてしまうので、写真のようにスニーカーやサングラスを身につけ、「ドレスダウン」を意識します。

サテンのTシャツに合わせるボトムはモードのルール内ならなんでもOKです。黒プリーツスカート、セミワイドなど素敵です。できればどちらも黒がいいでしょう。

写真:中村彰男/人物、梶田真矢(STUDIO e7)/静物

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

黒のプリーツスカートは万能! 人気スタイリストが教えるコーデ術

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング