『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』第2回

「きれいめ」は黒を着ないだけで一気におしゃれに! 人気スタイリストが教えるコーデ術

「きれいめ」は黒を着ないだけで一気におしゃれに! 人気スタイリストが教えるコーデ術

「暖かくなって春のファッションを楽しみたいけれど、どんな服を着ていいのか分からない」
「カジュアルなファッションが好きだけれど、コーディネートがマンネリ化している」という人は少なくないのでは? 

映画やテレビCMなどで多くのモデルや俳優の衣装を担当するスタイリストの中川恭子(なかがわ・きょうこ)さんの新刊『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』(日経BP)が2月14日に発売されました。

自分を最高に引き立たせる服を自由自在に選べるようになるためにはどうすればいいの――? 本書の一部をご紹介します。第2回目のテーマは「きれいめ」です。(毎週水曜更新)

きれいめは黒の代わりに茶色を使う

きれいめは「黒を着ない」を意識するだけで一気におしゃれになります。「清潔感」「やさしさ」がキーのきれいめですが、黒は重く硬いので、その色自体がやさしくありません。じつはきれいめのシルエットと相性が悪いのが黒です。きれいめの「女性らしいシルエット」と掛け合わせると、怖い×女性という印象になってしまいます。

『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』より

『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』より

黒はダメだと言っているのではありません。むしろ黒を上手に使うのが、カジュアルやモードなので、「重い、硬い」印象を知った上で、使いこなしてください。

きれいめでは、黒を着たいと思うときも、心がけて茶色にしてみてください。茶色は、黒ほどきつくなく、やさしく引き締める力を持っています。そして、茶色の印象である、やさしさ、品のよさが備わります。茶色にもさまざまあり、特におすすめは写真のようなレンガ色のような茶色、いわゆるテラコッタです。この色はおしゃれ感が強く、春夏も含めて一年中着られるようになりました。茶色は秋冬に着る色というイメージが根強くあるのですが、一年中色味に関係なく着るとおしゃれです。

ちなみに、面積が小さいので、小物だけなら黒を使ってもOKです。できれば靴かバッグ、どちらか一か所にしましょう。

レトロブラウスは何枚持っていてもいい

柔らかな生地でふんわりした袖の「レトロブラウス」。はじめにでお伝えしましたが、レトロな要素を入れれば、味が変わってまたおしゃれです。

着ると昔のアメリカ映画の女優のような、知的で上品な雰囲気が手に入ります。

『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』より

『きれいめ、カジュアル、モードが全部できるようになる』より

カジュアルのコーディネートでも使えるので、一枚と言わず、何枚持っても使いやすいです。「きれいめはデザインの入っていない服を」と言いましたが、これだけは、デザインがあっても上品で露出が少なく、「ジャストサイズ×ジャストサイズ」のシルエットを崩さないので、美しく着られます。緊張感もあります。

サテンやシルク、ポリエステルなどとろみのある、落ち感のある生地を選びましょう。そして、ギャザーがあるものがおすすめ。ギャザーがあると、自然にドレープができ動きが出て、この服のよさが出ます。あとは、好きなものを選びましょう。手首にしぼりがあったり、首元がハイネックやボウタイになっているものもいいでしょう。

よりクラシカルで気品のある印象になります。色はベージュを中心に黒以外のベーシックカラーです。細かいドットも、何にでも合わせやすいです。合わせるボトムは何を選んでもインすれば合いますが、ワイドパンツと最も相性よしです。

写真:中村彰男/人物、梶田真矢(STUDIO e7)/静物

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「きれいめ」は黒を着ないだけで一気におしゃれに! 人気スタイリストが教えるコーデ術

関連する記事

記事ランキング