映画『愛がなんだ』インタビュー・前編

岸井ゆきの「恋愛は無理やりするものじゃない」 映画『愛がなんだ』で主演

岸井ゆきの「恋愛は無理やりするものじゃない」 映画『愛がなんだ』で主演

どんなに“都合のいい女”扱いされても、大好きな相手のためなら、いつでもどこでも駆けつける。なぜならそんな瞬間が一番「生きてる」感じがするから——。

角田光代さん原作の恋愛小説を映画化した映画『愛がなんだ』(今泉力哉監督)が4月19日に公開されました。

好きな人のことしか考えられないヒロイン・テルコを熱演したのは、NHK連続テレビ小説『まんぷく』で安藤サクラさん演じる福子の姪・タカ役で人気急上昇中の女優、岸井ゆきの(きしい・ゆきの)さん。

小柄で親しみやすい笑顔が魅力の岸井さんが体現する全力の恋には、自分の友だち(あるいは自分)が暴走している様を見せられているような生々しい痛みと、潔さがあります。

自身も物事に熱中しやすいタイプだという岸井さんに、映画や仕事観について、前後編にわたってお話を聞きました。

aigananda_33

熱量の先にテルコがいる

——テルコは一見、ごく普通のアラサーの会社員。だけど、「マモちゃん」こと、マモル(成田凌さん)に出会い、恋に落ちると、仕事も自分らしい生活も、マモちゃん以外のことは何も目に入らなくなってしまいます。「痛々しい」と感じさせる一方で、そこが魅力的にうつるヒロインですが、演じるにあたって彼女のことを理解できましたか?

岸井ゆきの(以下、岸井):最初に脚本を読んだとき、「面白い子だな」とは思いました。エキセントリックだし、私とはちょっと違うとは思いましたけど、理解できなくはなかった。私もいろんな感情を持って生きているので、その延長線上にテルコがいるというか……。いろいろな感情の先を延ばしていったらテルコにたどりつく感じはありました。

私も夢中になれるものには、すごく熱中してしまうタイプです。すべてを捨ててでもマモちゃんに向かっていく、熱量みたいなものは私もテルコと同じように持ってるなって。ただ、いろいろ考えてしまって、なかなか一歩踏み出せないので、テルコのことをうらやましいとも感じました。

——マモル役の成田凌さんとは、現場であえて距離をとったとか?

岸井:台本を読んだとき、テルコって、いつもマモちゃんに対して本音を言う1、2歩手前で止まっていると思ったんです。なので、もし成田君と仲よくなりすぎて、それが映像に出てしまうとよくないなって考えて、成田君とはあまり話さないように意識した部分はあります。テルコとマモちゃんには何か通じ合わないところが常にあるので、結果的に、そう接してみてよかったと思っています。

あと、単純に、この作品では私は全編通して出演しているので、スタッフさんといる時間のほうが圧倒的に長くて。撮影中はスタッフさんとお話したり、監督と相談したりしていて、あまり共演者の方と話し合う時間がなかったというのもあります。

_MG_0035

恋愛は「憧れ」だけど…

——ご自身も好きなものに熱中しやすいタイプだということですが、恋愛にのめりこんで仕事が手につかなくなるテルコのような経験は?

岸井:恋愛ではほとんどないです。ただシリーズものの映画などで、好きなキャラクターが死んでしまったりすると、けっこう引きずっちゃう(笑)。「うそだ……」って。それくらいその作品に入り込んでしまうことがあって。しかも、その作品が『アベンジャーズ』シリーズだったりして。友だちに話してもみんな真剣に聞いてくれないことも多いです(笑)。こっちは本気で落ち込んでいるのに、「いやいや、だって『アイアンマン』でしょ?」って言われてしまうのが悲しい(笑)。

——岸井さんは仕事にのめりこむタイプですか? それとも、恋愛も充実させたいタイプ?

岸井:理想は、両方充実していたらいいなと思うのですが、私はたぶん、仕事がなければダメなタイプです。恋愛だけだったら、絶対心がもたないなと思う。

恋愛って“憧れ”で、「しなくていい」とは思わない。だけど、無理矢理するものでもないと思うので、そういう時間があったら嬉しいなという感じですかね。

——女優という仕事にとって、常に心を動かしておくことは大事なのでは?

岸井:映画や舞台、作品を見ていれば大丈夫かな 。

——別に、リアルな人じゃなくても(笑)。

岸井:映画でも心が「くーっ!」ってたくさん動く瞬間があるので。それだけで結構幸せな気持ちになれるんです。

190226wotopi-0117

■映画情報

映画『愛がなんだ』 4月19日(金)、テアトル新宿ほか全国公開。
配給:エレファントハウス
(C)2019『愛がなんだ』製作委員会

(聞き手:新田理恵、写真:宇高尚弘、ヘアメイク:藤垣結圭、スタイリスト:須貝朗子)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

岸井ゆきの「恋愛は無理やりするものじゃない」 映画『愛がなんだ』で主演

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング