『「ハコヅメ」仕事論』対談・後編

鋭い人間描写の秘密は? 作者・泰三子の趣味は「パートリーダー観察」【ハコヅメ対談・後編】

鋭い人間描写の秘密は? 作者・泰三子の趣味は「パートリーダー観察」【ハコヅメ対談・後編】

コミック累計500万部*を突破し、ドラマやアニメも大ヒットした人気マンガ『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(講談社)が6月16日発売の『モーニング』29号で第一部が完結しました。*2022年6月6日時点。

岡島県警察地域課の警察官として町山交番に勤務する新人警察官の川合麻依がペア長で元刑事課のエース・藤聖子と出会い、警察組織の中で成長していくさまをコメディタッチで描いた同作。女性警察官として実際に10年間勤務していた作者・泰三子(やす・みこ)さんのマンガ家デビュー作でもあります。

そんな泰さんが、警察官からマンガ家に転向した理由や、2017年11月から連載がスタートして大ヒットを果たすまでの経緯を赤裸々に語ったビジネス書『「ハコヅメ」仕事論  女性警察官が週刊連載マンガ家になって成功した理由』(日経BP)が、2022年3月に発売されました。

そこで、ウートピでは泰さんと『「ハコヅメ」仕事論』でインタビュアーを務めた日経ビジネス編集部の山中浩之(やまなか・ひろゆき)さんによる対談をお届けします。前後編。

“おじさん”をうまく使いこなす? 横井さんのバランス感覚

山中浩之さん(以下、山中): 『ハコヅメ』の働く女性といえば、横井係長(警部補)。町山警察署の生活安全課(生安)の、いってみれば現場責任者ですね。最初は、根が暗そうなサブキャラが登場したなと思ってたんですけど、したたかなキャラクターがじわじわ示されるようになって。

泰三子さん(以下、泰):ありがとうございます。地味だけど、組織を考えて支えている人、というところが伝わってくれたらと思います。

山中:彼女の働き方というのは、主人公たちよりももっと前の世代、つまり、バリバリの男社会の中でサバイバルしてきたと思うんです。そのせいか、かつて上司だった年上の部下の立浦さんも、うまく使いこなしてるんですよね。横井さんが、“おじさん”との付き合い方で気を付けてることは何なのでしょうか?

泰:横井は、所属に女性が一人という環境はもちろん、男性の中でずっと一人で生きてきたんです。だから、彼女はものすごく男性に世話になってきてるんですよね。

山中:ああ、そういう捉え方もできるのか。

泰:もちろん、男性に苦しめられてたこともありますけれど、男性に対するリスペクトはしっかりあって。「男性に対するリスペクトを持ったうえで、女性の後輩たちが働きやすい環境をつくっていかなきゃいけない」と考えている。パワハラで問題を起こした立浦を、他の人たちが避け出したときも、横井は、すべてではなく一部にしても、尊敬し続けているからこそ、一緒にやっていけるし、信頼もし合える。そういうことだと思います。

山中:なるほど。「好き」「嫌い」じゃなくて、尊敬できる部分、できない部分を別々に考えていて。

泰:そうなんですよ。立浦を含め、男性にずっと矢面に立ってもらっていたという恩があって。自分が幹部になったときは、この人たちが困っている部分を補える存在でありたい、って思っているんです。男性の先輩たちができなかった部分で、自分は活躍していきたい、というバランス感覚で生きていますから。

山中:やられたことをやり返すのではなく、彼が時代について行けなくなって、持っている能力が生かせなくなってるから、私がそこを補完しようという。そうしたら、自分の戦力にもなってくれるし。

コミックス18巻その152より=講談社提供

泰:そこが、横井のバランス感覚というか……。警察では、やっぱりバランス感覚がいい女性の先輩方が多いんですよね。そうやって、厳しい上司の方ともお付き合いして、一緒にチームとしてやっていく。女性の先輩方はずっと男性が多い環境でサバイバルしてきたので、男性の部下をつけても上手なんです。誰とやってもケンカする人を、女性の下につける例もあったりしました。横井は、その辺のバランス感覚が秀でている警部補になってきてますよね。

山中:なるほど。立浦さんって、年は食ってるし態度は横柄に見えるし、パワハラの実績まであって、誰もが嫌がるキャラクターとして登場したじゃないですか。でも横井係長の下に入ってからは、何も言わずとも矢面に立ってくれたり、本当に危ないところを救ってくれたり。「やれ」と言われてないことを、ちゃんとやるようになってますよね。

泰:立浦は経験も実力もあるので、一人で仕事ができるんですけど、周りと仲良くすることができない。一方で、やはり横井の部下になった女性警察官の桜は、妊娠中だったり、ケガの療養明けだったりして、業務の戦力にはならないけど、ものすごく組織の潤滑油としていい働きをするんです。横井としては、自分のチームを作るときに、そこのバランスは気を付けたと思いますね。

山中:立浦が、桜のそういう得意技に気が付くシーンがありました。「こいつはこのチームにいたほうがいいんだな」って、コーヒーを飲みながら言いますよね。

泰:そうなんです。でも、そこにうまくハマれたのは、桜だからこそだと思うんです。町山署の生活安全課は、バランスをすごく重視した課にしようと横井は思っていて、その期待に桜が応えた。自分自身も、警察時代の課長が、部下の組み合わせを重視して進めてきたタイプなので、チームプレーを考えたうえで、生活安全課のそういう面を描きました。

山中:源、山田といった個性が突出する刑事課チームと、バランスで勝負する生活安全課チームですね。ちなみに、生安の若手男子、益田くんはどういうキャラクターなんですか?

泰:彼は、“若い男枠”というか(笑)。力仕事とか、矢面に立つというところで、警察には絶対に“若い男枠”が必要なんですよね。立浦なんかがだいたい現場を収めるんですけど、どうしても力で制圧しなきゃいけないときに、若い男が必要な場面が100%あるんです。だから、若い男がいてくれると、ありがたいですよね。

泰三子の趣味は「パートリーダー観察」

山中:横井さんのバランス感覚ではないですが、『「ハコヅメ」仕事論』でお話を聞いているうちに、泰さんは「人はどうやって他人と付き合っていくのか?」について、すごくよく見ていらっしゃるなと思うんですけれど、これは。

泰:それは自分の趣味かもしれない。今でも、人の動きをじっと見るのがものすごく好きなんですよね。ちょっと忙しめの店に行って、パートリーダーというか、現場を支えているオーラを発している女性を見つけると、目で追うんです。「ほらやっぱり、誰も気付かなかったけど彼女があの皿を下げた」とか。気持ち悪いですよね(笑)。

山中:あっ、外食で活躍された経営者の方が、同じことを言っていました。

泰:うまく回ってる飲食店に入ったときは、気持ちがいいんですよね。動きの良いパートリーダーの女性がいると、ピースがハマって気持ちがいいというか。「案内した帰り際に、あのお皿を下げるんだ」「あの時にカラのお冷グラスを見つけて注ぎに行ったな」とか。「でも、彼女が動いてる間に、あっちの人は3分の1もできてないな」っていうのを、延々と観察して、楽しい思いをさせてもらってます。

山中:視界が広くて、「あそこのお客さんが水を欲しがってる」とか、「次のオーダーを取りに行くタイミングで、これを拾おう」みたいなことができる優秀な人っていますよね。

泰:そうなんです。邪魔になるから絶対にしないけど、しゃべりかけたくなっちゃう(笑)。「良いものを見せてもらいました!」って言いたくなっちゃう。

山中:それぐらい、たぶん横井さんは、愛想がないかもしれないけど、きっとそういうのがうまいですよね。

泰:地味に全体を見ているという。

山中:なぜか誰の席のコップも空にならないみたいな感じになっているという。

泰:女性のパートリーダーで、子育ての合間に働きに来られたのかな、というタイプの女性が多いですし、そういう方の「能力」が発揮されるところを見るのが好きなんです。

山中:ちなみに、泰さんも当時は、水も切らさぬ女性警察官だったのでしょうか。

泰:いえ、正直、警察官時代は自分の身の置きどころとか考えというのをそんなに突き詰めては考えていなくて、「言われたことをちゃんとやろう」「自分がやるからにはほかの人よりちょっといい仕事をしよう」という程度のもので、自我がまだ芽生えていなかったです。そういう中で、ちゃんと見てくれる先輩たちが拾ってくれた、助けてくれたという経験を通して、そういう目が利く同性の方の存在と、その価値に気が付かされた、ということですね。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

鋭い人間描写の秘密は? 作者・泰三子の趣味は「パートリーダー観察」【ハコヅメ対談・後編】

関連する記事

記事ランキング