「結婚するとかしないとか、それよりもただ愛してる」『ゼクシィ』新CMがお披露目

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「結婚するとかしないとか、それよりもただ愛してる」『ゼクシィ』新CMがお披露目

「あなたとの未来が私の一番かなんて知らないけれど…」

今年で創刊25周年を迎える結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルートマーケティングパートナーズ)のCM発表会が4月19日、東京都内で開催され新CMと11代目CMガールがお披露目されました。

昨年、「結婚しなくても幸せになれるこの時代に私は、あなたと結婚したいのです。」というキャッチコピーで、「結婚しない」生き方も否定しない内容が話題になったCM。今年はどんなCMになるのか注目されていました。

今回は「あなたとの未来が私の一番かなんて知らないけれど、どんな未来もあなたと生きたい。」「結婚するとかしないとか、それよりもただ愛してる」というコピー。

CMに込めた思いについて、ゼクシィ編集長の平山彩子さんは「誰かと一緒に生きていくことは、とても楽しい。でも時に、とても難しい。それは、きっと誰もが感じていることかもしれません。それでも、どんな未来も二人で生きていればきっと、大丈夫なんじゃないか、幸せなんじゃないか。そう思える強さでについて思いめぐらせ、たどり着いたのはやっぱり”愛”でした」とコメント。

「(昨年のCMは)想像していなかった反響をいただいて、結婚観も変化していると実感しました。今回、どういったメッセージを届けるべきか、結婚や結婚式の核になっているものは何かについて思いをめぐらせました」と話しました。

キスの嵐…!気になる内容は…

11代目CMガールには女優の井桁弘恵さん(21)、新郎役には細田善彦さん(30)が選ばれました。

新CMは、海沿いのチャペルで結婚式での近いのキスを交わした瞬間にシーンが切り替わり、二人が出会ってから今日までの回想シーンが始まる……という内容。

30sec001

「あなたとの未来が私の一番かなんて知らないけれど、どんな未来もあなたと生きたい。」という言葉に添い、海や講演、付き合ってた頃の様々なキスシーンが流れます。

30sec011

30sec049

30sec017

そして「結婚するとかしないとか、それよりもただ愛してる」という花嫁の強い意志に合わせて、再び結婚式の誓いのキスシーンに戻ります。

新CM は「『一万回のキス』ただ、愛してる」偏と題されている通り、さまざまなシチュエーションでのキスシーンが登場。

撮影中、約300回キスを交わしたという井桁さんは「緊張する間もなくキスシーンが続いていったので、すぐにリラックスしました」と撮影を振り返りました。

新CMは4月22日(日)午後7時から全国で放送スタート。特設サイトでは先行してCMとメイキング映像を配信中。

(取材・文:堀池沙知子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「結婚するとかしないとか、それよりもただ愛してる」『ゼクシィ』新CMがお披露目

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング