『伝わる仕組み―毎日の会話が変わる51のルール―』第3回

もう関わりたくない…「苦手な人」認定する前に藤井貴彦アナがやっていること

もう関わりたくない…「苦手な人」認定する前に藤井貴彦アナがやっていること

日本テレビの藤井貴彦(ふじい・たかひこ)アナウンサーによる新刊『伝わる仕組み―毎日の会話が変わる51のルール―』(新潮社)が2月16日に発売されました。

藤井アナと言えば、夕方のニュース番組「news every.」(日本テレビ系、月~金曜午後3時50分)のメインキャスターを務め、新型コロナウイルス報道では視聴者に寄り添った呼びかけを続け、視聴者から「言葉が響く」「心に届く」と話題になりました。

新刊では、日常会話から会議、プレゼンといった社会人が経験するさまざまな話す機会を念頭に、どうすれば自分の真意が相手に伝わるのかを実用的につづっています。

新刊の発売を記念してウートピでは本書の一部を抜粋してお届けします。全4回。
※見出しはウートピ編集部が作成。

藤井貴彦アナウンサー=新潮社提供

藤井貴彦アナウンサー=新潮社提供

「苦手な人」認定の前にラストチャンスを

本書の中でも、「自分のことを大切にしてくれた相手かどうか」で好き嫌いが決まるとお伝えしましたが、その人のことを苦手だと思っている時点で、以前に大切にされなかった瞬間があったはずです。話しかけても目を合わせてくれなかったり、軽くあしらわれたりといった小さなことが苦手意識のきっかけになります。そうなると、もうできるだけ関わりたくないと思うはずですが、心を閉ざしてしまう前にもう一度だけ、こんな風に考えてみてください。

・話しかけたタイミングが、悪かったのかもしれない
・相手はお腹がすいて、イライラしていたのかもしれない
・仕事がうまくいっていなかったのかもしれない

こんな風に別の角度から考えてみて、もう一度話しかけてみるのです。

実際にもう一度話しかけてみると、前回とは違った明るい受け答えをみせたり、やはり同じく無愛想だったりと相手の反応の「比較」をすることができるのです。この変化を元に自分の気持ちを再び検証すると相手との距離感を決められます。明るく返答してくれたのであればその後は順調でしょうし、今回も無愛想なら、そういう人なのだと気持ちの整理がつくでしょう。距離感を決めるラストチャンスを大切にしてもらいたいと思います。

ここで大切なのは、「1回目のいやな気持ちは心にしまっておく」という点です。相手が見せる表情は自分の表情の映し鏡でもあります。こちらが敵対心を秘めた表情をすれば相手も同じ表情になり、こちらが笑顔なら相手も近い表情になるはずです。だからこそ1回目のいやな気持ちが表情に表れないようにしてほしいのです。

また、いい関係を築くためにどちらかが先にエネルギーを使う必要があります。ここで言えば「1回目のいやな気持ちは心にしまう」ことです。こちらがエネルギーを提供したにもかかわらず相手が応えてくれなかった場合、それ以上のアプローチは不要という結論でいいのだと思います。

一方で気をつけたいのは、「マウント」を取ろうとする相手です。話しかけづらい雰囲気をつくり上げ、周囲に気を遣わせることで優位に立とうとします。当然こちら側にも気遣いのストレスが溜まっていきますから、苦手意識は強くなります。こんな人に対しては、まず相手の実力を冷静に見極めることが大切です。本当にすごい人ならその人から学べばいいですし、実力がないから大きく見せようとしているとわかれば対処法を決められます。なお、向こうからマウントを取りにくる人がいれば、それは「ハラスメント」になります。ご自身のメンタルに十分注意しながらハラスメントの証拠をしっかりと集めておいてください。これは自分を守る正当な行為ですので、引け目を感じる必要はありません。

最近は、人間関係が面倒だから初めから関係を築かないという人も多くいます。もちろんその考え方も尊重されるべきです。ただ私は、人と接することで自分以外の人の気持ちを知り、多くを学びました。面倒なこともたくさんありますが、人との交流は人生を豊かにする上で欠かせないと考えています。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

もう関わりたくない…「苦手な人」認定する前に藤井貴彦アナがやっていること

関連する記事

記事ランキング