『月極オトコトモダチ』穐山茉由監督インタビュー 第2回

穐山監督、会社員と映画制作の両立は大変じゃないですか?

穐山監督、会社員と映画制作の両立は大変じゃないですか?

本業の他にやってみたいこともあるけれど、転職をするほどでもないし今から新しいことを始めるのはちょっと気が重い——。副業解禁の流れとはいえ、日常の生活のことを考えると仕事の掛け持ちはどうしても踏みとどまってしまうもの。

そんな中、人気ブランドのPRとして働きながら、映画監督としても活動する穐山茉由(あきやま・まゆ)さんの働き方が今注目されています。

穐山さんは、「好きなことをやろう」と思い立ち、30歳の時に映画学校の夜間・土日コースに入学。そして36歳になる今年、脚本・監督を務めた『月極オトコトモダチ』が全国公開されました。どうしてそんなに頑張れるのか、ウートピでは3回に渡って、穐山さんの人生や仕事観について聞きました。

「この作品が生まれたのは、会社の理解があったから」と語る穐山さん。連載第2回は、副業のためのお作法について聞きました。

DSC_2241

副業の活動は、会社にオープンにしたほうがいい

——穐山さんは「二足のわらじ」生活ですが、会社の理解は、どうやって得たのでしょうか。

穐山:ファッション業界で映画監督と「二足のわらじ」は珍しいので、ニュースに取り上げていただいたりして、そういうところからも私が何をしているのか知っていただけているのかなと思います。みなさん応援してくださるので、本当にありがたいです。会社からの理解……当たり前だけど、仕事をちゃんとやるのが大事ですよね。

特に、『月極オトコトモダチ』は、私の努力だけでなく、職場の理解が得られたからできた作品なんです。でも特別に優遇してもらったわけではなく……。

例えば、子どもがいる会社員なら、子どもが急に熱をだして早退することもありますよね。私にとってはそこに当たるのが映画で。そういう突発的な状況に、サポートしあう体制が整っている環境だったので乗り切ることができました。私自身も普段から率先して上司や同僚を助けるようにしていたので、映画の仕事で大変なときは、みんな応援してくれました。

——普段からの信頼があったからこそ、映画撮影ができたんですね。

穐山:もともと趣味で映画を撮っていることを上司も同僚も知っていたんですけど、夜間と土日を使って映画学校に通うことを決めた段階で、会社にも報告していました。自分が何をしているか、オープンにしたほうが、会社も自分も動きやすいと思うんです。こそこそやらずに、情熱を伝えることが大切ですよね。

——撮影期間はどうやって調整していたんですか?

穐山:PRの仕事は忙しいけれど、夏休みの海外旅行などは申告制。私の場合は、それが旅行じゃなくて撮影だっただけなので、そこは堂々としていいのかなと。『月極オトコトモダチ』の撮影時には、5日間の夏休みに土日を繋げて、9日間をフル活用しました。主演の徳永えりさんも橋本淳さんも忙しい人なので、どっちにしても撮影スケジュールは1週間しか抑えられなかったんです。時間との戦いでしたね。

『月極オトコトモダチ』のワンシーン

『月極オトコトモダチ』のワンシーン

会社員と映画、同時進行だからこそ楽しめる

——本業と映画制作を同時進行するにあたり、どうやって気持ちを切り替えたんでしょうか?

穐山:時間と自分のキャパって決まっているので、その中で何を優先してやるかを常に考えて行動していました。映画なら、面白い作品をつくるのが目標。仕事は、限られた時間で最大のパフォーマンスを発揮するのが目標。肉体的には大変だけど、精神的には楽しかったです。

——両軸だからこそ、楽しめた部分もありますか。

穐山:なんといっても、自分の居場所がふたつあるのは嬉しいことです。10年以上いる会社も、生活スタイルのひとつ。自分が求められている仕事があるのって、精神的な安定になるんです。そこが基盤になっていますね。映画のほうは、自分の作りたいものに賛同してくれる仲間がいる。視点をそれぞれ切り替えることができて、ありがたかったです。

DSC_2229

社外での活動には「信頼貯金」が大事

穐山:撮影期間は明確に区切りがあるんですけど、実は撮影が終わってからが一番大変でしたね。昼休みにハードディスクを抱えて、漫画喫茶に駆け込んでデータをアップロードしてから会社に戻ったりしていました(笑)。

——それは大変! 想像以上のバタバタです。

穐山:長編を撮るのは初めてだったので、バタバタしながらやってました。とにかく人に恵まれたのは大きいですね。会社の社長や上司も、昔から一緒に働いてきた方で、優しく見守ってくれました。ここまで真面目にやっててよかったなと思います。映画のために、信頼貯金をここで一気に使った感じなんです。

——信頼貯金、いい言葉です。副業に限らず、人を頼るときには「信用」が必要ですよね。

穐山:映画仲間にも「穐山さん、ここまで真面目にやってたから、今貯金使いなよ」って言ってもらえました。今まで、ノーギャラで仲間の映画制作を手伝ってきたから「たしかに!」って、素直に思えたんですよね。会社でも映画でも、自分がいろんな人をサポートしてきた自信はあって。別に見返りをもらわなくてもいいと思っていたけど、「今なら甘えちゃってもいいんじゃないかな?」って。そのおかげで、快くお願いすることができました。ギブアンドテイクでしたね。

【第1回】私が婚約破棄を決めた理由
【第3回】人に頼るのが苦手な貴女へ 私はこう吹っ切りました

(取材・文:小沢あや、撮影:大澤妹、編集:安次富陽子)

main_small

『月極オトコトモダチ』
出演:徳永えり 橋本淳
監督・脚本:穐山茉由
製作:「月極オトコトモダチ」製作委員会
配給:SPOTTED PRODUCTIONS|
(c)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほかにて全国順次公開中!

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

穐山監督、会社員と映画制作の両立は大変じゃないですか?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング