崩れにくいベースメイクのポイントは? “マスク映え”のコツ【シュウ ウエムラ】

崩れにくいベースメイクのポイントは? “マスク映え”のコツ【シュウ ウエムラ】

外出時のマスク着用が日常となった今、メイク術にもちょっとした変化が起きているよう。コスメブランド「シュウ ウエムラ(shu uemura)」のアトリエアーティスト、木村淳一郎さんと梁裕和さんに、とっておきの“マスク映え”メイクのコツを教えていただきます。

ベースメイク編〜3STEPで叶える崩れにくいベースメイク

まずはベースメイクについて。マスクをしていると蒸れてしまい、ベースメイクが崩れがちですよね。そんなお悩みに、木村さんがお答えします。

「崩れにくいベース作りのポイントは、“のせる”“おさえる”“吹きかける”の3STEP。ごく少量のファンデを肌にぴたっと密着させることで、化粧もちがぐんとアップします」

STEP1 のせる

stayhome_artistA03

必要最小限のリキッドファンデを、専用ブラシで薄く均一になじませます。マスクに触れる鼻や頬骨の高い部分は、ごくごく少量に。
ブラシを持っていない方は、STEP2のプロセスを丁寧に行いましょう。

STEP2 おさえる

stayhome_artistA03

スポンジで、トントンとたたき込みます。余分な油分が抑えられ、フィット感がアップ!

STEP3 吹きかける

stayhome_artistA03s

仕上げにフィックスミストを吹きかけて完成! このひと手間で、ベース崩れを防ぎます。

アイメイク編〜色を使ったアイメイクで、血色アップ!

マスクを着用すると顔の半分以上が覆われてしまい、チークやリップによる血色アップ効果が得られません。そこで、注目されるのがアイメイク。華やかな目元に仕上げるコツを梁さんに教えてもらいます。

「アイシャドーやアイライナー、マスカラ、アイブローなど、目元にカラーを取り入れて血色を補うのがポイントです。初心者の方でも、カラーアイシャドーなら挑戦しやすいはず。次に紹介するように、少しずつステップアップしてカラーメイクを楽しんでください」

<レベル1>

stayhome_artistA02

いつものカラーをトーンアップしてみる

ブラウン→オレンジ、バーガンディー→ピンクのように、普段使っている色のトーンを上げたアイシャドーに変えてみましょう。手始めにいつも愛用しているアイシャドーの上に、明るいカラーをふわっと重ねるだけでもOK。

<レベル2>

stayhome_artistA02s

カラーグループを少しずつシフトしていく

ブラウン→オレンジ→パープルと、今まで使ったことがない色に挑戦してみましょう。難しい場合は、目尻に差し色として取り入れてみて。明るめカラーなら目頭にアクセント使いしたり、アイラインとして使うのもおすすめです。

<レベル3>

色は無限! 自由に楽しんで

色をMIXしてオリジナルカラーを作ったり、眉に色を重ねたり。ノールールで、思いのままに楽しんで。

眉の毛流れで表情豊かに!

stayhome_artistA01

マスクで口元が隠れてしまうと表情が見えず、冷たい印象を与えてしまうことも……。

「表情の代用となるのが眉です。アイメイクの仕上げにアイブローマニキュアを使って、毛流れを生かすことで生き生きとした表情が目元にプラスされます」

やり過ぎは禁物! “透け感”を忘れずに

アイメイクが重要とはいえ、マスクを取った時のバランスも大切だと、梁さんはおっしゃいます。

「アイシャドーなら色をのせる範囲を広げすぎない、アイブローならダスティーカラーで肌なじみをよくするなど、“透け感”を出すように。キメ過ぎよりも、程よく抜けがあるくらいがベストです」

マスク映えメイクを楽しんで

今回、ご紹介した “マスク映え”メイクは今すぐまねできるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

崩れにくいベースメイクのポイントは? “マスク映え”のコツ【シュウ ウエムラ】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング