ブラ迷子になりがちな大胸さんに「大きな声では言えない」悩みを聞いてみた

ブラ迷子になりがちな大胸さんに「大きな声では言えない」悩みを聞いてみた

体の悩みは人それぞれ。なかでも、胸についてはコンプレックスを持つ人が多く、女性同士でもなかなか相談できないことも。

でも、気になる。みんなブラ選び、どうしてる? どんなことに悩んでる? 今回は、Dカップ以上の大胸さんに話を聞いてみました。

生理前と通常時で胸の大きさが変わる

(Gカップ / 30歳 / ディレクター)

大学生の頃まで、正しいサイズを知らなかったので、巨乳の自覚がありませんでした。「このくらいだろうなー」って適当に買ったブラをつけていたんですけど、社会人になってからちゃんとしたお店でフィッティングしたらなんとGカップと判定されたんです。

自分に合うブラをつけたら胸がキュッと上がって、シルエットも変わったのか服の上からでも「胸が大きい人」に見えるようになりました。うれしい反面、男性から「おっぱいの人」認定されることもあって。なんだか常に視線を感じるんです……。

そういうのも面倒だけど、自分に合うブラを探すのがまた大変なんですよ! 布面積が広くなるからか、普通に購入すると高くて。デパートの催事場でたまにやっているセールを片っ端から覗いたり、郊外のアウトレットの下着売り場をチェックしています。大きいサイズは売れ残るのか、高価なブランドもののブラが安く買えることが多いんです。でも、探すのに労力はかかりますね。生理前は胸が張るので、更にサイズが変わります。どのタイミングで買えばいいのか、まだ正解がわかりません。

最近は運動もしているんですが、胸が痩せたり垂れたりするのが怖くて、スポーツブラで揺れないように完全固定しています。ランニングする時の必須アイテムです。

サイズより小さく見えるのが悩み

(Dカップ / 31歳 / エンジニア)

年齢を重ねるにつれ、体が全体的に下垂してきた感覚があります。なかでも一番の悩みは、鎖骨まわりの肉が落ちて、胸が小さく見えること。服を着ていたら、Bカップくらいに見える気がしますね。

ブランドにこだわりはないけれど、自分のサイズをしっかり把握しておきたいので、ブラは半年くらいのペースで、ちゃんとフィッティングをして買うようにしています。でも、メーカーによってアンダーサイズが65だったり70だったりバラバラなんですよね。だから、「私はこのサイズ」と思い込むより、全部試着することが大切だなと実感しています。

1度に買うのは2セットくらいにして、毎回すこしずつ入れ替えるようにしています。百貨店で試着してサイズを測ってもらって、まったく同じものをECで安く買い足すことも。

ブラは必ず手洗いするのがこだわり。「ブラデリスニューヨーク(BRADELIS New York)」の下着専用洗剤を使うようにしてから、持ちが全然違って! 面倒だけど、毎日続けています。3000円くらいの安いブラでも、手洗いなら型崩れせず、長く使えるようになりました。

入るブラがないのでFカップに押し込んでいます…

(Gカップ / 30歳 / 編集者)

ここ数年で一気に太ってしまい、ブラに困っています。サイズ問題だけじゃなく、左右のバストの大きさが違うのも悩み。

よくチェックするのはデザインが可愛い「SALON by PEACH JOHN」と「ブラデリスニューヨーク(BRADELIS New York)」。入る型が限られるので、なんとか押し込めるものをまとめ買いしています。

ダイエットのためにジムに通っているので、パンツはトレーニングウェアに響かないように、ユニクロのシームレスパンツを愛用中。ブラとは別になってしまいますけど、毎日上下セットなんてとても無理! 適度に気を抜いています。

私がワイヤレスブラにめざめた理由

(Dカップ / 29歳 / デザイナー)

全体的にぽっちゃり体型なので、服を着ていると、本来のサイズ以上に胸が大きく見えるのが悩みです。

昔からカジュアル派で、ファッション性含めて「ウンナナクール(unenanacool)」のブラが大好きでよく買っていました。ゆるいブランドだけど、基本的にはホールドしたいから、すべてワイヤーブラで揃えていましたね。寝るときもブラ着用するほどでした。

でも、社会人4年目くらいから業務量が増えて、肩こりが気になりだしたんです。自宅でもPC作業をすることになってからは、「ワイヤーって必要?」と考えるようになりました。

今はユニクロの「ワイヤレスブラ」や、「ブラトップ」シリーズを愛用しています。彼氏が家に来るときだけ、ワイヤーブラですね。それくらいが気楽で落ち着きます。

ブラ迷子になったので、胸のサイズを落としました

(Gカップ / 32歳 / プランナー)

昔から胸が大きめで、体重より更に太って見えるのが悩みでした。特にAラインのワンピースはお腹が大きく見えるから危険。それに、カジュアルな服が好きなのに、似合わないんです。Tシャツもダメ、シャツもボタンが閉じない。おしゃれ迷子でした。Mame Kurogouchiのワンピースなど、胸が大きく開くデザインの服も、谷間が見えてしまうことに抵抗があり、インナーで胸元を隠して着ています。せっかくおしゃれなデザインなのにもったいない……。

さらに、一番困るのがブラ。ふらっと気軽に入れるような下着屋さんで買えるのはたいていはFカップ、大きくてもGカップまで。サイズ表記はGでも、カップが小さいブラも多く、選択肢が少ないんですよね。20代の頃、Hカップまで育ってしまって完全にブラ迷子になり、ダイエットしてサイズダウンさせました。

年に一度は新宿伊勢丹の下着売り場へ行って、サイズを正確に測ってもらいます。同じサイズでも、肩紐の調節で胸の位置が変わるので、そのときどきで一番いい装着方法を習いに行く感覚ですね。

現在は伊勢丹のフィッティングでおすすめされた、ワコールの「パルファージュ」のブラを愛用中。Gカップまで展開しているし、デザインも比較的シンプルなレースが多いので、毎回同じ型の色違いを揃えています。大きめサイズのブラは、なぜか熟女感が出るデザインばかり……。シンプルなブラ、もっと増えますように。メーカーのみなさま、よろしくお願いします!

正解ってむずかしい

大胸さんならではの悩みや、下着の買い方が集まりました。一方で「ブラ、どこで買ったらいいか、まだ正解がわからない!」という声も。自分の身体とうまく付き合っていくために、プロの試着を受けながら、素敵な下着に出会えるといいですね。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ブラ迷子になりがちな大胸さんに「大きな声では言えない」悩みを聞いてみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング