『アイドル、やめました。』大木亜希子さんインタビュー 最終回

「壊れるまで頑張らなくていい」自分に優しくできるようになったのは…【大木亜希子】

「壊れるまで頑張らなくていい」自分に優しくできるようになったのは…【大木亜希子】

今の人生に行き詰まりを感じた時、ふと過去の自分と比べてしまうことはありませんか? 若かった、何かに夢中だった、今よりもずっと世間知らずだったけど必死に成長しようとしていた——。

元SDN48の大木亜希子さんは、初の著書『アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア』(宝島社)の序文で、2011年の大晦日に紅白歌合戦に出演したシーンを書いています。そして、同日電車に乗って帰宅したことも。

グループ卒業後、会社員を経てフリーライターに転身した29歳の大木さん。しかし“元アイドル”の十字架が重くのしかかってくることもあったそう。そこで、同じく48グループ出身メンバーの「アイドル後の人生」を聞くことで、過去への未練を成仏させようとします。書籍に書かれていない取材時のエピソードや、元アイドルという呪縛から逃れられた理由を大木さんに取材しました。

_J0A6999

「だって元アイドルだし」自分にかけた呪縛

——大木さんにとって元48グループのアイドルという過去は「呪縛」だったそうですね。

大木亜希子(以下、大木):そうなんです。外側と内側、双方からの呪縛がありました。外側からの呪縛は、仕事の席で出会った方にご挨拶させていただく際「アイドルだったんだね」と言われたり、ライターとして横並び一列になったときに「元アイドルだから」と良くも悪くもアウェイな扱いをされたりしたときに感じました。他の人と違う経験があることで、仕事のしづらさを感じる場面が何度もあったんです。

でもそれ以上にやっかいなのが、内側からの呪縛でした。元アイドルだから期待されているに違いないと、自分自身に呪縛をかけていたんです。

——武道館や西武ドームで歌っていた、48グループの元アイドル……。本当は呪縛ではなく自信になってもいいところでは?

大木:私の場合は、「アイドルからライターになったんだからキラキラしなきゃ」「面白い記事を書いてバズらせなきゃ」「私ならできるでしょ」っていう重圧を自分で自分にかけてしまっていたんです。

今ふりかえると、無理しすぎだったんですけどね。でも当時は48グループという過酷な状況で生き抜いてきたんだからできて当然だと思っていました。その結果、会社員になって3年目で体を壊すことになるんですが……。その後、心療内科に通い、布団から起き上がることもできなくなって会社を辞め、休養期間を経てフリーランスのライターになりました。

_J0A7002

呪縛を解くため自分に優しくなった

——「過去の自分よりキラキラしなきゃ」「今までより幸せにならないと」と考えるあまり、その言葉に縛られてしまうこともありますよね。大木さんは体を壊したあと、どうやって過去と向き合うようになったんですか?

大木:過去は過去として受け入れて、自分に優しく接するようになりました。本書にも登場する元AKBCafeっ娘で女性バーテンダーになった小栗絵里加さんのように、失敗した先に自分のやりたいことが待っている可能性もあると思います。その経験が人生を生きる糧になっていくことも。

一方で、元SDN48で現在は振付師の三ツ井裕美さんの「『人として幸せになる』感情を大切にしてほしい」という言葉も、一つの真実だと感じているんです。三ツ井さんは、「自分が壊れるまで頑張る必要はないし、途中で夢を諦めたほうが幸せかもしれない。もし違う世界に行っても、その道を楽しんでほしい。どんなときでも心の余裕は大事だし、その時のポジションや人気に一喜一憂しないで、人として小さなことにも幸せを感じられる心を持ってほしい」と話していました。

これは現代社会において、生きづらさを抱えている人たち全員に対するメッセージだとも思っているんです。自分自身に優しくなれないと、どこかでひずみや影響が出てしまう。私も余裕を失い体を壊した経験を踏まえて、どんなに過酷な状況でも心が満たされている状態でありたいと思うようになりました。

_J0A6991

失敗しても、どうにでも生きていける

——今後はどんな仕事をしていきたいと思いますか?

大木:華やかな世界に飛び込んでみたけれど、そこでは願っていた結果は出せなかった。でも、セカンドキャリアで自分らしく輝いている。そんな女性たちにインタビューをしていきたいですね。一回で成功するのも素晴らしいけれど、実際は何度も失敗したり、夢を間違えたりすることもあるじゃないですか。それでも大丈夫だよって伝えていけるライターになれたら幸せです。

でももう、「絶対にそうならないといけない」とも思わないんですよ。本を書くに当たり8人の元アイドルにセカンドキャリアの話を聞いて、「たとえ失敗しても、どうにでも生きていける」と学んだので。

——『アイドル、やめました。』を執筆して、未来に対する目線の向け方が変わったということでしょうか?

大木:そうですね。職を失い、明日からどうやって生きていこうか悩んだとしても、いつか自分の好きなことで食べていけるようになるから大丈夫、って思えるようになりました。アイドルという究極の女性性を武器にして働く芸能界で生きづらさを抱えていたけれど、ライターになって東京で生活する分はなんとか稼げている。「夢を叶えて、年収も高くて、素敵な彼氏がいる」という世の中の理想論が、ときに強迫観念に感じてしまっていたとしても自分と他人を比べず、そういう考え方とは違う世界で生きていくのもいいんじゃないかなっていうのが、今の私の持論です。

_J0A7110

【第1回】元アイドルが気づいた、いまを肯定する力
【第2回】グループ卒業生100人のその後を調べた理由

(取材・文:華井由利奈、撮影:面川雄大、編集:安次富陽子)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「壊れるまで頑張らなくていい」自分に優しくできるようになったのは…【大木亜希子】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング