過去の男に赤ペンを入れてみて…西原理恵子の「最後の講義」こんや放送

過去の男に赤ペンを入れてみて…西原理恵子の「最後の講義」こんや放送

マンガ家の西原理恵子(さいばら・りえこ)さんが「女の子の人生で、覚えていてほしいこと」をテーマに講義する「最後の講義 漫画家 西原理恵子」(NHK BS1)が8月25日(土)の深夜24時(日付は26日)に放送されます。

西原理恵子から30歳の女の子たちへ「下の世代のためにわがままになってください」

NHK提供

NHK提供

テーマは「女の子の人生で、覚えていてほしいこと」

「最後の講義」は、知的最前線に立つスペシャリストたちが「もし今日が最後だとしたら、何を語るか」という問いのもと、講義を行う番組。

ナレーションを務める女優の上白石萌歌さん=NHK提供

ナレーションを務める女優の上白石萌歌さん=NHK提供

去年6月にエッセイ『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(角川書店)を発売した西原さんが、貧困と隣り合わせだった少女時代やエロ本イラストからスタートしたマンガ家生活、アルコール中毒の元夫との壮絶な日々など激動の人生を振り返りながら100人を前に講義。「過去の男に赤ペンを入れてみてください」「女の一途っていけないことだと思うんです」「ダンシャリのダンは男のダン」といった“西原節”が炸裂します。

NHK提供

NHK提供

語りは女優の上白石萌歌さんが務めます。「最後の講義」は、NHK BS1で8月25日(土)深夜24時(日付は26日)放送。

(ウートピ編集部)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

過去の男に赤ペンを入れてみて…西原理恵子の「最後の講義」こんや放送

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング