もう決めた? 2023年おすすめ手帳&一緒に使えるアイテム5選

もう決めた? 2023年おすすめ手帳&一緒に使えるアイテム5選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方ひとつで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

記念すべき第100回目のテーマは、「2023年おすすめ手帳&手帳と一緒に使えるアイテム」です。仕事や勉強のスケジュール管理には欠かせない手帳。使うことがより楽しくなる数々のアイテムをご紹介します。

『ONE PIECE』ファンなら見逃せない!

ほぼ日手帳の「手帳本体オリジナル ONE PIECE(1日1ページ・A6)」 は、大人気マンガ『ONE PIECE』の世界観を楽しむためのムック本「ONE PIECE magazine」とコラボレーションした手帳。1冊の中に年間カレンダー、年間インデックス、月間カレンダー(月曜はじまり)、1日ページ、メモページなどが入っており、1日ページにはその日誕生日を迎えるキャラクター名と「日々の言葉」として原作に登場するさまざまなキャラクターの言葉と出典が掲載されているのが特徴です。

また、毎月の最初のページの「月のトビラ」では、「日々の言葉」から特に印象的なシーンをマンガのコマごと掲載。巻末おまけページの「WANTED」は顔や懸賞金などを自由に書き込める「手配書」のページになっているなど、ファンが楽しめる遊び心満載の作りになっているのがポイントです。

商品名:「ONE PIECE magazine/手帳本体オリジナル ONE PIECE【A6/1日1ページ(特別版)/1月/月曜はじまり】」(ほぼ日)
価格:2,970円(税込)

クリア素材でオリジナルな手帳が作れる!

手帳ファンの間で人気を集める「LETSクリアシステム手帳」は、クリアなPVCビニールと国産本革を組み合わせた透明感のあるシステム手帳です。カバーが透明で中身が見えるという利点を生かし、1ページ目をデコレーションしたり自分の好きなものに変えたりすることでオリジナルなシステム手帳に見せられるのがおすすめのポイント。透明のPVCビニール素材は内側に非転写加工がされているため色移りせず、コピー用紙や写真を挟んで使えます。

本革の色は黒、茶、赤をラインアップしています。

商品名:「LETSクリアシステム手帳」(LETS STATIONERY GOODS)
価格:15,500円(税込)

グレーベージュがおしゃれなシステム手帳のリフィル

「グレーベージュのカレンダーリフィル」は、名前の通りシステム手帳のリフィル。バイブルサイズのカレンダーリフィルです。シンプルなリフィルが多い中、カラーリングが素すてきなグレーベージュのリフィルは注目を集めそう! 見開き2ページで1カ月の予定を見渡せる月間カレンダーも、日付が無いので自分の好きなタイミングで始められ、無駄なく使えるのが魅力的です。

商品名:「カレンダー/バイブル/グレーベージュ(システム手帳リフィル)」(A FLOATING LIFE)
価格:880円(税込)

余白にたっぷり書き込めるダイアリー

「MDノート ダイアリー<A5>」はたっぷりの余白が特徴のダイアリー。月間ブロックに自由に書き込めるスペースをたっぷりと取っているので思いついたことやアイデア、日々のメモなどを書き込めます。また、8分割横罫は見開き1週間のダイアリーとして使っても。書き心地抜群の「MD用紙」なので万年筆のインクも裏抜けしにくく、フラットに開く糸かがりとじなので使いやすさも抜群です。サイズもこちらのA5サイズのほか、「文庫」「新書」 「A5 薄型」「A4 薄型」「1日1ページ 文庫」「1日1ページ A5」があるのでライフスタイルに合わせて選んでみてください。

商品名:【2023年版】MDノート ダイアリー<A5>(ミドリ)
価格:1,210円 (税込)

貼って手帳をデコレーション! 曜日を描き込めるシール

「和気文具オリジナル 手帳シール JOURNAL STICKERS」は、ノートに貼って曜日を書くだけで
簡単にかわいい自作手帳ができるシールです。水性ペンにも対応しているので色を塗ったり模様を描いたり、自由にデザインすることができるのが特徴で、手帳をかわいくデコレーションできるのが魅力です。

数字とフレームは毎日違うデザインになっており、1カ月分を用意。シールは貼り直しも可能なので、間違えて貼ってしまっても大丈夫です。

商品名:「和気文具オリジナル 手帳シール JOURNAL STICKERS」(和気文具)
価格:385円(税込)

まきの一言メモ

最近は手帳の発売時期が早まる傾向にあり、お盆明け頃から「9月始まり」「10月始まり」などの手帳を見かけることが多くなってきました。買ったらすぐに使いたい購入者側のニーズと手帳を買う人を早めに囲い込みたいメーカー側の事情がマッチした結果なのかもしれません。手帳のトレンドとしてはデコレーションは相変わらず人気で、簡単にオシャレにデコれるシールの人気も高まっています。カラーやテイストを統一するのも人気で、例えばブルーだけのシールセットなども人気を集めています。コロナ禍に顕著になった「日々を記録したい」という気持ちの高まりはしばらく下がることはなさそうです。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

もう決めた? 2023年おすすめ手帳&一緒に使えるアイテム5選

関連する記事

記事ランキング