今年はねずみ年! キュートなネズミの文房具4選

今年はねずみ年! キュートなネズミの文房具4選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方ひとつで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。第54回目のテーマは、2020年の干支「子年」にちなんだ「ネズミモチーフの文房具」です。

ペンスタンドに早変わりするやわらかペンケース

A-7712-15[1]

A-7712_img1[2]

はじめにご紹介するのは、何度かこちらの連載でも紹介したことがある「SMART FIT PuniLabo スタンドペンケース(ネズミ)」。上から押すだけで、ポコッと底が安定し、ペンスタンドに早変わりする人気のシリコンペンケースです。真っ白なネズミの表情がとってもかわいいですね!

円筒型のボディには、ペンを最大15本収納できます。ネズミの頭の部分には、消しゴムホルダーが付いていて、持ち運びにとても便利です。ペンが約22本入るBIGサイズもあるので、ハサミやのりなどの文房具も入れたい人はこちらがおすすめ! ペン以外にも旅行グッズやコスメなどを入れてもいいですね。

商品名:「SMART FIT PuniLabo スタンドペンケース(ネズミ)」(リヒトラブ)
価格:1,400円、BIGサイズ1,600円(共に税抜)

デスクに置きたいおしゃれなデザインのメモパッド

4562231168325-1[1]

4562231168325-2[1]

ネズミの中でも、ハリネズミをモチーフにした「Animal Series メモパッド・スクエア(ハリネズミ)」。表紙はモノトーンのシンプルなデザインですが、中にはカラフルな4種類のメモ用紙が入っています。

メモ用紙は、4柄が各25枚の計100枚入り。10センチ×10センチの使いやすいサイズなので、デスクの上でたくさん使ってみて! メモパッドのほかにも、付せんマスキングテープ、レターセットなどで、ハリネズミのデザインを展開しています。

商品名:「Animal Series メモパッド・スクエア(ハリネズミ)」(グリーンフラッシュ)
価格:380円(税抜)

ストーリーが楽しい日めくり付せんカレンダー

DSC_6503

DSC_6550

DSC_5821

卓上日めくり付せんカレンダー「himekuri(ひめくり)」からは、切手をモチーフにした「himekuri 切手」が登場! 12月30日から始まる一週目は、2019年の干支だった亥(いのしし)から子(ねずみ)に変わっていくデザインが、とってもかわいい。レトロな切手のデザインも、文房具好きの心をくすぐります。

すべての日めくりに記念日が記載されているので、毎日めくることが楽しくなりそうな「himekuri 切手」。おみくじやガチャマシン、フォーチュンクッキーが登場するなど、ストーリー仕立てなのもポイントのひとつ。横だけでなく、縦にもストーリーがあるそうなので、めくったら並べてみてください!

商品名:「himekuri 切手」(ケープランニング)
価格:1,900円(税抜)

ハリネズミ形の色鉛筆スタンドがキュート!

MAGIC_3408_BR

最後にご紹介するのは、チェコの老舗ブランド「KOH-I-NOOR(コヒノール)」のユニークな「スモール ハリネズミ 色鉛筆セット」。付属しているカラフルなミニ色鉛筆をボディに刺すと、かわいらしいハリネズミが現れる木製の色鉛筆スタンドです。

チェコの素朴なデザインがなんともいえないハリネズミは、お部屋のインテリアとしても、文房具好きの方や子どもがいる人へのプレゼントとしてもピッタリ! 一回り大きなビッグバージョンや、ピンクとブルーのカラーバージョンもあるので、ぜひチェックしてみてください。

商品名:「スモール ハリネズミ 色鉛筆セット」(コヒノール)
価格:7,000円(税抜)

まきの一言メモ

今年は子年ということでネズミモチーフのアイテムを集めてみました。「ネズミ」と聞くと一瞬、ギョッとしてしまうかもしれませんが、オシャレでかわいいネズミのモチーフは文房具だけでなく、絵本など探してみるといろいろなところで見かけます。特に、ハリネズミはモチーフとしても人気です。子年の今年はネズミの文房具に注目してみてはいかがでしょうか。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を気に入ったらいいね!しよう

今年はねずみ年! キュートなネズミの文房具4選

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング