チケット整理やログにも…旅行に持って行くと便利な文房具5選

チケット整理やログにも…旅行に持って行くと便利な文房具5選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方ひとつで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

第95回目のテーマは、「旅行で使える文房具」です! ファイルやノート、付せんなど、快適に旅行するうえで欠かせないさまざまな文房具をご紹介します。

旅といえばコレ! 革カバーのエイジングも楽しめるノート

旅行で使える文房具の“定番中の定番”といえるのが「トラベラーズノート」。書きやすさに徹して無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインで、ラフに使えてカスタマイズしやすいのが特徴です。タイのチェンマイで手作りされた革素材のカバーも注目したいポイント。使い込むほどに味と風合いが高まるなど、エイジングが楽しめるのが魅力です。

スターターキットは牛革素材のカバーと無地のノートリフィル、コットンケース、ゴムバンド、パッケージのセットでレギュラーサイズとパスポートサイズがあります。色はどちらも黒、ブラウン、キャメル、ブルーをそろえています。ほかにも毎年テーマが変わるダイアリーやさまざまなタイプのリフィルやクリップなども充実しています。

商品名:「トラベラーズノート」(デザインフィル トラベラーズカンパニー)
価格:レギュラーサイズ4,400円、パスポートサイズ3,520円(共にスターターキット/税込)

旅のPDCAが回せる!

「いろいろ書ける旅ノート」は、持ち物リストや旅のスケジュール、思い出などいろいろなことを記入できるノート。1冊のノートで4回分の旅行について記録することができるので、持ち物リストや持っていってよかったものなど、記入した内容が次の旅に役立つなど“旅のPDCA”を回せるのが魅力です。

誰にどのようなお土産を買うのかをメモできる「お土産リスト」や、旅先でもらったチケットの半券やスタンプを押せるページがあるのもうれしいポイントです。

商品名:「いろいろ書ける旅ノート」(コクヨ)
価格:630円(税別)

ふせんタイプの白地図

「カルトグラフィー タグ」は、日本地図の白地図が印刷されたふせん。訪れた場所をメモしたり、ノートや手帳に貼って使ったり、お土産に貼って渡したり……と、地図を使った楽しさが味わえます。内容量は30枚です。

商品名:「カルトグラフィー タグ」(マルアイ)
価格:418円(税込) 

写真や半券を貼るときに活躍! コンパクトなマステ

「KITTA」は旅先に持っていけるコンパクトなマスキングテープ。写真や半券、カードなどを手帳に貼りつけたり、食べかけの袋の口を留めたりなど、いろいろ応用できます。

デザインはベーシックタイプだけで50以上など豊富にラインアップされているのも魅力。クリアー、スリム、ワイドなどさまざまなタイプを用意しています。

商品名:「KITTA」(キングジム)
価格:ベーシックタイプ・プレーン350円(税別)

パスポートやチケットがまとめられるクリアファイル

「tabie(旅へ)FILE FOLDER」は、ふた付きのポケットが組み込まれたクリアファイル。旅に必要なパスポートはもちろん、チケットなどの小さな物も整理してまとめられる便利なアイテムです。

大きさは扱いやすいA5 サイズ。小さなバッグにも入れられるスリムタイプと、開き方やポケットの大きさが違うA、B、Cタイプをラインアップしています。

商品名:「tabie FILE FOLDER」(マルモ印刷)
価格:各550円(税込)

まきの一言メモ

今回は旅行に持っていくと便利なアイテムについてご紹介しました。おすすめなのは、「帰ってからでいいかな」とついつい後回しにしがちなチケットやカード、チラシの整理をその日中にすること。KITTAやマスキングテープを一個持っていって、その日の夜にノートに貼っておけばせっかくの旅の思い出もなくす心配はありません。ぜひ活用してみてください。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

チケット整理やログにも…旅行に持って行くと便利な文房具5選

関連する記事

記事ランキング