映画『僕が愛したすべての君へ』インタビュー

橋本愛「自分の人生にケリをつけながら、生きていく」

橋本愛「自分の人生にケリをつけながら、生きていく」

「読む順番で結末が変わる作品」として話題を集めた、乙野四方字さんの小説『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』(ハヤカワ文庫)が、「観る順番で結末が変わる」アニメ映画として、10月7日に公開されます。

本作は、“並行世界”を行き来することができる世界でひとりの少年「暦」が別々の少女と恋に落ちるラブストーリーです。それぞれ独立した作品でありながらも、両方見ることで、結末の印象が変わる仕掛けになっています。どちらを先に見るか、1度しか決められないのも、本作のもどかしく、面白いところです。

ウートピでは、『僕が愛したすべての君へ』(以下、僕愛)でヒロインの瀧川和音を演じた橋本愛さんにインタビューを実施。今作への想いや、自分のために決断したことなどについてお話を伺いました。

同じ人間だけど、違う存在だと実感

劇中より

——橋本さんは、両作品で「和音」を演じました。声のお仕事はいかがでしたか?

橋本愛さん(以下、橋本):またアニメーション映画で声のお仕事をしたいと思っていたので、オファーをいただいたときは夢が叶ったような気持ちでした。台本をいただいて、細かな役作りをする前に和音の気持ちを体に入れて声を出してみたら、思いのほか低い声が出て驚いたのが最初の感想です。ほかにも、若さ特有の勢いで突拍子もない行動に出てしまうときの声、大人になってからの穏やかな声。いろんな発見があり、和音さんの心を取り入れる作業はとても面白かったです。

——苦労した部分もありましたか?

橋本:『僕愛』の現場で、監督のイメージと違っていた部分のすり合わせには少し時間がかかりました。監督から「理系っぽく」とか「堅い感じ」といったリクエストがあったのですが、声で表現する「理系っぽさ」を掴むことが難しくて。声優さんには、すぐに応えられるようなロジックがあるのでしょうか。私もその方法が知りたいと思いながら、なんとか自分なりの最善を提出しました。

——『僕愛』の和音と『君を愛したひとりの僕へ』(以下、君愛)の和音にどんな違いを感じましたか?

橋本:『僕愛』の和音は暦を引っ張り、『君愛』では暦を追いかける存在です。作中での立ち位置が対極にあったことが、まずひとつ。それから『僕愛』の和音さんは暦への対抗心をあらわにする一方、『君愛』では比較的素直というか。暦の才能を認めて、自分が追いつけないことを受け入れられる人間性を感じました。そこにとても並行世界を感じましたね。同じ人間を演じているようで、違う存在なのだなと。あと『君愛』の和音さんは、普段の私と近い部分があるかもしれないと思いました。

——どんなところが?

橋本:追いつけない相手を認めつつ、それで自分が腐らないというか。その域まで及ばなくとも、自分にしかできないことがあると信じて、自分を鼓舞して生きている感じが似ていると思っています。

劇中より

円になり、重なっていく不思議な体験

——どちらを先に観るかで結末の印象が変わるという作品の試みについてはどう思いましたか?

橋本:面白い仕掛けだと思いましたし、実際に映画を観たら、とても感動しました。特に、『僕愛』の終盤に出てくる、暦が並行世界にいる暦の幸せを願うセリフ。自分じゃない自分に対して幸せでありますように、と願っているけれど、実は巡り巡って現在の自分の幸せを願っている。その繋がりに気付くと、きっと視座が一気に高くなる感じを体感していただけると思います。

また、プロジェクトの仕組みや、映像体験が円環のようにつながっているだけでなく、映画をみた後にまた原作を読んでみたくなるなど、人それぞれの「円」ができる作品だと思います。さらに、それを語り合ったり分かち合ったりすることで、人と人の間で「円/縁」が重なっていく。それこそパラレルワールドのようですよね。壮大な可能性を持つこの作品に携われたことを嬉しく思います。

自分の人生にケリをつけながら、生きていく

——もし、並行世界で違う橋本さんが生きているとしたら、どんなことをしていると思いますか。

橋本:10代の頃から仕事をしているので、毎日学校に通えなかったことが残念だったというか……。「普通の学生生活」の経験が自分には欠けているなと感じることがあるんです。なので、違う世界の自分には、文化祭とか修学旅行とか、学生生活を楽しんで、「青春」していてほしいです。ただ、それができなかったから現在の私があるとも言えるのですけれど。

——そういう「できなかったこと」や「自分にないもの」を受け止めて、演技に活かすなどプラスに変えていく姿勢が素敵です。

橋本:無理やりそう考えるようにしている部分もまだあります(苦笑)。ただ、みんな何かしら、取り返しのつかない経験をしていると思うんです。その経験から何を学んで、その先どう生きていくのか、と考えたことがあるはず。マイナスをプラスに変えていく生き方をしないと、自分にケリをつけられないというか。自分の過去を肯定できずにいるのは、寂しい人生だなと私は思います。

後悔、失敗、負い目に感じてしまうようなこと全てを、それがある/あったからできることに変換して自分の中で成仏させていく。自分で昇華させることができれば前向きに生きていけるというのが今の私の考え方です。

——過去をどう扱うかは、自分で決められる。

橋本:はい。幸いなことに、役者の仕事は喪失感や、怒り、悲しみの感情を知っていることがクリエイティブに昇華しやすい側面があります。それはこの仕事を選んでよかったと思うところです。

「下手くそじゃん!」で吹っ切れた

——お仕事といえば、3~4年前に専属のアクティングコーチに師事して、改めて演技と向き合ったそうですね。自分が積み上げてきたものを捨てることになるかもしれないのに、勇気のある選択だと思いました。

橋本:ありがとうございます。自分の演技に対するロジックを掴めなくて、モヤモヤしていて。ずっと学び直したいという気持ちがありました。ただ、時間を作ってもらうなど人の助けが必要なことでもあり、自分の“わがまま”で周りを巻き込んでいいのかという心配もあってなかなか踏み出せず……。ですが、成島出監督の作品に出演したときに、はっきりと「下手くそじゃん!」と指摘されたことで吹っ切れました。

人に迷惑をかけるかもしれないとか、自分の評価が変わってしまうかもしれないという恐れより、誰に出会ってもどの作品に関わっても、恥ずかしくないお芝居をしたいと思い、その信念を貫こうと決心しました。

——そうしたことで何か変わりましたか?

橋本:はい。とても変わりました。自分が目指すお芝居に届かなかった理由がわかったときに、「こうすればよかったんだ!」と突破口が見つかって。そこから視界が広がり、お芝居が楽しくなりました。実は、真逆のことをしていたんですよ(笑)。

——早く気付きたかったですね(笑)。

橋本:本当に。お芝居が楽しくなると自分に返ってくるものも変わりました。これが幸せなのかなと実感もできました。お芝居が楽しくて、現場が楽しくて、創作活動そのものが楽しくてという円ができていることに気づいて、私自身も変わったと感じています。今の自分は内側からちゃんと輝いていると信じられる。自信が持てるようになり、以前よりもずっと笑顔で人と接することができるようになりました。

——私たちは「自分の人生の舵取りは自分でしよう」「自分で決めよう」というメッセージを大切にしているのですが、最後に一言お願いできますか?

橋本:はい。選択するときに何を軸にしたらよいのか……。私は、未来の後悔を避ける選択より、その瞬間の自分が納得できる選択をするのがいいと思います。未来のことは誰にも分かりませんし、誰にもコントロールできないので。「じゃあ、自分が納得できる選択ってどう決めるの?」というときに『僕愛』『君愛』からの問いかけが役に立つ部分もあると思います。特に悩みを感じていない人にも、エンタメ作品として楽しめるはずなので、ぜひ劇場でご覧ください。

(取材・文:安次富陽子、撮影:面川雄大)

■作品情報

『僕が愛したすべての君へ』
『君を愛したひとりの僕へ』
2022年10月7日(金)全国公開

©2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
配給:東映

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

橋本愛「自分の人生にケリをつけながら、生きていく」

関連する記事

記事ランキング