大豆田とわ子を語る会<第2回>

夫を「ゆるす」ってどうすればいいの?【まめ夫座談会】

夫を「ゆるす」ってどうすればいいの?【まめ夫座談会】

8月1日からNetflixで配信を開始予定の『大豆田とわ子と三人の元夫』。同作品は2021年4月13日から6月15日までフジテレビ系で放送された、坂元裕二脚本によるテレビドラマです。『カルテット』、『最高の離婚』、『Mother』など数々の傑作ドラマや、映画『花束みたいな恋をした』を生み出した、名手・坂元裕二さんの脚本が話題を呼びました。

本作では、主役の松たか子演じる「大豆田とわ子」と三人の元夫たち(松田龍平・角田晃広、岡田将生)の演技やセリフにハマる人が続出。離婚歴のある、または離婚危機に陥ったことのある働き女子たちは、いわゆる「バツ3」のこのヒロインやドラマをどう観たのでしょうか。Netflixの配信が待てない「まめ夫」ファン3人に、3回にわたって語ってもらいました。

【座談会参加者】
川口あいさん
経済系ウェブメディア所属、ライター、コラムニスト。3年前に離婚、現在は8歳下のパートナーと事実婚。

波多野友子さん
フリーランスのライター・編集者。未就学の子供が一人。夫と別居中だったが、現在は半別居半同棲生活。

沢田はるかさん(仮名)
フリーランスのライター・編集者。方向性の違いを理由に4年前に離婚、元夫とは今でも連絡を取り合う仲。

なぜ元夫たちはとわ子に惹かれるのか

沢田:おふたりにお聞きしたいんですけど、元夫たちはなんであんなにとわ子のことが好きで、周りをうろちょろしていたんだと思いますか? とわ子のキャラクターがいまいちつかめなくて。

川口:うーん。とわ子が失踪したとき、元夫たちが「僕らみんな大豆田とわ子に甘えてたんだよ」って言ってたじゃないですか。甘えられる対象の人に再び会ったら引き戻されるみたいな感じだったのかなあ。私は元夫とは全然連絡をとってないので、「信じられへんな、このシチュエーション!」と思いながら観ていましたが。

波多野:ドラマを最後まで観て思ったのは、「大豆田とわ子とはいったいなんだったんだ?」ということ。最後までその問いというかモヤモヤが残った作品だと思っていて。すごく芯があるようでふにゃふにゃしているし、マドンナ的にいろんな男性から言い寄られて、すごくモテるんですけど、それがなぜなのかわからないというモヤモヤは残りましたね。

沢田:とわ子的でいるためには何が必要なのかと考えたとき、空白なのかなと思うんですよね。空白だからこそみんなが自分を重ねられるのかもしれない。

波多野:ああ、そうかも。だから惹かれるのかもしれない。

——第6話の餃子パーティーのとき元夫たちが「大豆田とわ子は自分たちのことを責めなかったよね」と言ってましたよね。結局、甘やかしてくれる人、自分の痛いところと向き合わなくても済む相手、なのかなと思ったり。

川口:元夫は3人それぞれ離婚理由が違うじゃないですか。それなのに全員、離婚後にも会いに来ることを受け入れてしまうところとか謎ですよね。

波多野:松たか子さん演じる『カルテット』の真紀さんも、自分を捨てた夫、出ていった夫を結局迎え入れちゃっていましたよね。懐が広いという表現はあまりそぐわないんですけど、「ゆるしてしまう」という役どころを、坂元さんは松さんにあてがちかも。

沢田:ゆるしてくれる女か~なんかやだなあ。

波多野:でも、坂元さんには何か意図があるんでしょうね。風刺っぽいニュアンスもあるのかもしれないですし。

夫を「ゆるす」ということ

——家に押し掛けてきた3人の元夫たちに、口では「帰って!」と言っても結局家に入れちゃうとわ子……。

波多野:個人的な話なんですけど、子どもが生まれて1年ぐらいで夫が勝手に家を出ていったんですよ。しばらくの間連絡もとれず。でも結局そのあと、私、夫を迎え入れてるんですよね。今、半別居、半同居みたいになっていて。「人をゆるす」ってなんだろう、というのが私の中では大きいテーマになっています。子どもを一人で育てあげる自信がないので、その意味でも関係性をつなぎとめておきたい、という打算的な部分もあるんですけど。

川口:それは波多野さん的には「ゆるしている」んですか?

波多野:難しいですね……。一度裏切られたのだから一生遺恨は残ると思いますし。また第9話の話なんですけど、八作(松田龍平)ととわ子の実現しなかった生活が走馬灯のように流れたじゃないですか。私あのシーンまじで泣きました。夫と連絡がとれなくなって、まったく帰ってこなくなった1年半くらいがあったんですけど、そのときも毎日そういうことを思い浮かべてたんですよ。「本当はあったかもしれない幸せな生活」を自分の中で描き続けていたんです。

川口:「ゆるし」に関しては私の中でも大きなテーマで、すごく共感します。私は元夫のことがいまだにゆるせないんですよね。離婚してからけっこう経ってますし、今はもう新しいパートナーと事実婚したのに、いまだにゆるせなくてどう消化したらいいのかわからない。

カウンセリングに行ってみようかとかいろいろ考えたんですけど、この間、宇多田ヒカルさんがインスタライブで「自分のお母さんの死を乗り越えられなかったけど、人って傷ついたことを無理やり乗り越えようとせずに、傷ついたままでいてもいいんじゃないか」というようなことを言っていたのを聞いて、なるほどと思ったんです。「ゆるしていない自分」のことも認められるくらいになるほうがいいんじゃないかと最近は徐々に思うようになりました。わからないものを抱えていくものなんだよな、人間って。

「あったかもしれない人生」

——第9話の「あったかもしれないふたりの人生」の描写は、結婚したことのない私も号泣しました。大人になると誰もが「選ばなかった人生」を想像して、それに癒されたり涙を流したりするのかなって思いました。

沢田:村上春樹が「プールサイド」(短編集『回転木馬のデッド・ヒート』に収録)で書いてましたよね。「できたかもしれなかった」という過去の可能性の総量が、これから自分が選びとる「できるかもしれない」未来の可能性の総量を上回ると、過去の亡霊にとらわれて生きていくことになる、みたいなやつ。村上春樹はそのターニングポイントが35歳に訪れがちだって書いてた気がします。「できたかもしれない、あったかもしれないこと」の総量が重くなってくる年代には、あの9話の描写は刺さりまくりましたね……。

——沢田さんは今のパートナーと再婚したいという気持ちはあるんですか?

沢田:うーん、結婚はもういいかなという感じです。

川口:今のパートナーとは恋愛しているんですか?

沢田:いや、恋愛っていう感じでもないですね。なんだろう、恋愛と結婚って。

波多野:2、3年前の『R25』の「結婚2.0」っていう企画の記事で、森三中の大島美幸さんと結婚した放送作家の鈴木おさむさんが「なんで恋愛感情がないのに結婚したんですか」ってインタビュアーからつっこまれまくってるんですけど、鈴木おさむさんが「人生、歳をとるにつれてつらいことが増えるから、恋愛感情なんかじゃやっていけなくなる」とおっしゃっていたのが印象的でした。

若いころは楽しいことばかりだけど、歳をとると親が死ぬとか自分が病気になるとか、つらいことのほうが増えていく。そんなときに一緒に歩いていく人をどう選ぶか、何のために結婚するのかを考えたら、「共に乗り越えていくためのリスペクト以外にない」という話をされていました。ご自身がお父さんを亡くしたときにそのことに気づいた、と。

私自身も今年親を亡くしてガラッと性格がかわったというか。私はもともと、恋愛も仕事もときめき街道を突っ走ってきた人間なんですが、親の死をきっかけに、恋愛観も仕事感も変わりました。やっぱりひとりで乗り越えられる程度の悲しみではなかったので、夫と痛みをわかちあうことができたのは本当にありがたかったです。これは本当にやばい、キツイというときにそれを共感できるかどうかっていうのは、ときめきより大きいと思います。

——川口さんは再婚されていかがですか? 何か気持ちの変化とか。

川口:私、前の結婚のときは専業主婦のような暮らしだったんですよ。夫の扶養に入って、バイトでライターをやって。だからいざ離婚するとなったら、部屋を借りるのも大変だったし、名義も変えなきゃいけないし……。とわ子もいろんな苗字で呼ばれていましたけど、私はもう二度と姓を変えたくないと思って。今のパートナーは私の8歳下でけっこう若いんですけど、お互い自立したパートナーとしてやっていこうというのが共有されています。とわ子みたいに、自分の足でしっかり立って生きていく関係でありたいですね。

離婚で感じた親に対する思い

——川口さんと沢田さんに聞きたいんですけど、離婚したことが、劇中のバツ3社長の言うところの一種の「傷」というか……ネガティブなものとしてとらえたりしましたか?

沢田:結婚を解消するにあたって、私と元夫の間では「別れてもお互い頑張っていこうぜ」くらいのさっぱりした感じだったので、個人的には「傷」とも「勲章」ともなんとも思ってないただの通過点くらいな感じなのですが、やっぱり「親、ごめん……」という思いはありました。

——親かー……。

沢田:親に離婚するよって伝えるのはキツかったですね……。元夫との関係も良好でしたし、あまり口には出さなかったけど、孫を期待してたのは明白でしたし。川口さんはどうですか?

川口:私は離婚するときかなり精神的にキツかったので、いったん実家に帰って、両親に支えてもらってたんですよ。逆になんか、親のほうがポジティブで。「3か月も娘と一緒に過ごせてラッキー」みたいな(笑)。私が「あ~離婚してしまった……バツイチなんて信じられない……」みたいに落ち込んでいたところを親がポジティブに応援してくれたのはありがたかったです。

あとから親戚に聞いたところによると、あのとき本当は親もつらそうにしてたし、大変だったらしいんですが、それを見せないように明るくふるまってくれたおかげもあって、今、私は「ホントに、ホントに離婚してよかったーーーー!!!」って思って生きています。「傷」ではないですが、さっきも言ったとおり、元夫のことをいまだにゆるせない部分はあります。ハッピーに過ごしているんだけど、どこかに何かしこりのようなものは残っています。でも、それはそのまま受け入れていきたい。

沢田:ゆるしたり、乗り越えたり、クリアにしなければ生きていけないわけではないですもんね。

波多野:うんうん。

沢田:何か小さなトゲが刺さった状態で生きていってもいいじゃん、という。

川口:うん、そう思います。

*最終回は7月30日(金)公開予定です。
(聞き手:安次富陽子、構成:須田奈津妃)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

夫を「ゆるす」ってどうすればいいの?【まめ夫座談会】

関連する記事

記事ランキング