いつのまにか寒くなってる…! 働き女子に聞いた「わたしの冬支度」

いつのまにか寒くなってる…! 働き女子に聞いた「わたしの冬支度」

秋もいっそう深まり、もうすぐ寒い冬がやって来ます。クローゼットの中をコートやセーターといった冬仕様に衣替えしたり、ヒーターやホットカーペットなどの暖房器具を出したり、ベッドルームに毛布や布団を用意したり……。冬を迎える準備に忙しい人も多いのではないでしょうか?

また、寒さが厳しくなってくると、カラダの冷えやお肌の乾燥といった、冬ならではのトラブルも悩みどころのひとつ。本格的な寒さが到来する前に、冬アイテムをそろえて、しっかりと対策をしたいものです。そこで今回、ウートピ編集部では、20代後半から30代後半の働く女性に、「私の冬支度」を聞いてみました!

「ムートンシューズ」と「着る毛布」で準備万端!

冬の一番の悩みは、足元が冷えること。そこで、今年は暖かい「ムートンのルームシューズ」を購入しました。早速履いてみたのですが、足元がポカポカと暖かく、寒い冬を快適に乗り切ることができそうです。

それとこの間は、無印良品の「着る毛布」をクローゼットから出しました。昨年は、これを着てゴロゴロするのが至福の時間でしたね。寒さは苦手ですが、休日に暖かい部屋でのんびりするのが、今から楽しみです。

ちなみに実家で飼っている猫にはペット用のふわふわベッドをアマゾンで注文して実家に送りました。気に入ってくれるといいな。(33歳、人材サービス)

ゆっくりと肌ケアができる「ガウン」をゲットしたい!

私は、シェアアパートメントに住んでいるのですが、バスルームと自分の部屋が離れていることが悩みの種。お風呂に入ったあと、パジャマや服を着てから部屋に戻らないといけないので、日ごろから「面倒だなぁ……」と思っていました。

そこで今年は、お風呂上がりにサッと羽織られる「タオル地のガウン」を購入する予定です。ガウンであれば、いちいちパジャマを脱ぐことなく、部屋でゆっくりと全身にクリームやオイルを塗ることができそう。お肌の乾燥がひどくなる前に、ゲットしたいと思っています。(26歳、人事)

今年も購入済み!お気に入りの「マフラー」で冬支度

私の冬支度といえば、「マフラー」です。毎年、2つほど購入して、代わる代わる使っています。それぞれ違う色や模様を選んで、服に合わせたコーディネートを楽しんでいます。今年はすでに、好きなアイドルのメンバーカラーでもあるオレンジ色の「マフラー」を買いました!(30歳、マーケティング)

持ち運べる「電気ひざ掛け」が気になる……

昨年は、おしゃれな外見に惹(ひ)かれて、「オイルヒーター」を購入しました。ところが、電気代が高くてひっくり返りそうになりました(笑)。結局、電気代が気になってしまい、1月~2月はエアコンだけで乗り切るも、「失敗したなぁ」と大反省……。

「今年はどうしようか」と思っていたところ、美容院でシャンプー中にヒザにかけてもらった「電気ひざ掛け」が暖かくて。電気代も安く済みそうですし、持ち運びも楽ですよね。何より、とても気持ちが良かったので、前向きに購入を検討中です。

ちなみにオイルヒーターはクローゼットにも入らないので、夏も部屋のインテリアとして飾っている状態です。(35歳、編集)

寒い冬は「ふわふわアイテム」でぐっすり快眠!

私の場合は、ベッド周りを、肌触りが良い「ふわふわアイテム」でそろえて、冬の寒さに備えています。例えば、起毛素材のふわふわ敷きパッド、吸湿発熱のふわふわ毛布、肩回りを冷やさないふわふわ肩あてなど、まさにふわふわづくし!

ベッドに潜り込むと、全身がふわふわに包まれて、幸せな気持ちになります。それに加えて、飼い猫が布団の中に入ってくるので、足元もポカポカ。ただ、朝目覚めたとき、なかなかベッドから出られないことが唯一の難点ですが……(笑)。(36歳、フリーランス)

「冬支度」といえば冷え&乾燥対策! しっかり準備して冬を満喫しよう

調査の結果、冷え&乾燥対策をしている人が多いようです。このほかにも、インテリアを冬仕様にしたり、窓に断熱材を貼ったり、加湿器を出したり、冬を迎えるための準備はたくさんあります。

冬は寒さがつらい一方、冬服ならではのファッションコーデや、クリスマスやお正月などのイベント事、鍋やシチューなどのあったかグルメといったお楽しみも盛りだくさん。本格的に寒くなる前に、しっかりと「冬支度」をして、冬を満喫してくださいね。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

いつのまにか寒くなってる…! 働き女子に聞いた「わたしの冬支度」

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング