TENGAヘルスケア主催セクシャルウェルネスフォーラムレポート(前編)

性欲の変化から考えるオトコの人生【TENGAヘルスケア】

性欲の変化から考えるオトコの人生【TENGAヘルスケア】

2019年5月21日、「TECH PLAY SHIBUYA(東京都渋谷区)」で開催されたセクシャルウェルネスフォーラム。現代社会が抱える性の問題について考えるきっかけをつくるべく、株式会社TENGAヘルスケアがメディア向けに情報を発信しました。

今回はフォーラムの中から、性にまつわるスペシャリスト4人が登壇したパネルディスカッションの様子を、前後編に分けてお届け。前編では、男性の性の悩みに関する議論をまとめました。

(左から)永井先生、辻村先生、OliviAさん、後藤さん

(左から)永井先生、辻村先生、OliviAさん、後藤さん

【登壇者】
永井敦(川崎医科大学 泌尿器科 教授) 
辻村晃(順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授) 
OliviA(ラブライフアドバイザー)
後藤宰人(週刊現代 記者)

数値化された性欲と性機能のギャップ

画像提供:TENGAヘルスケア

画像提供:TENGAヘルスケア

本フォーラムでまず取り上げられたデータが、男性の性欲と性機能の加齢に伴う推移です。TENGAヘルスケアが調査した年齢ごとの性欲の実感を示したデータと、ED診療ガイドラインに基づく非ED率(勃起できる状態)を比べると、40代後半から“性欲に性機能が追いつかなくなる”ことが明らかに。つまり性欲と性機能との間にギャップが生まれるのです。これについて、登壇者が議論を交わしました。

永井:これは非常に有用な調査結果ですよね。これまで、年齢による性欲の推移をはっきりと数値化し、性機能とのギャップを明らかにした調査はなかったんじゃないかな。

辻村:しかも、この調査は顔の見えないインターネットによるものだから、回答者は正直に答えていると思います。臨床の現場で医師と患者が対面して「若い頃と比べて、今の性欲はどうか?」と質問したら、多くの方が恥ずかしがって「最近は全然ですよ」と答え、もっと低い数値になるはずです。きっと、この結果が実態なのでしょうね。

永井:データを一見すると、性機能だけでなく性欲も減少しているように見えます。しかし本質は、そこじゃない。何歳になっても性欲はあって、その程度が若い頃と比べると下がっているんです。一方、70歳の男性の7割近くはEDあるいは不完全ED(勃起を維持できない状態)といわれています。グラフと合致しますね。つまり、セックスしたいけれど勃起できない男性が多いということです。

辻村:このギャップには、多くの男性が葛藤やストレスを感じていることでしょう。また、気にしなければならないのは心の問題だけではありません。性機能の維持は、全身の健康にもつながることがわかっています。人生100年時代を迎え、心身の健康を長く維持していくことが課題となる今、これだけの性機能の低下、しかも性欲と大きなギャップがあるのは見逃せない問題ですね。

性欲の推移から男性の人生が見える?

後藤:私が気になったのは、性欲に波があることです。30歳からほぼ横ばいだった性欲は、40代後半になるとガクッと低下しますよね。そして、以降50代後半にかけてまた増していく。その後も減少と増加の波が見られます。

永井:本当ですね。とても興味深い。

後藤:あくまで推測ですが、仕事や家庭生活と関係しているのかもしれません。40代後半というと、一般的に重要な役職に就いて背負うものが大きくなる頃ですよね。子どもにもお金がかかる頃でしょうし。そうなると、セックスに対する関心が薄れるのではないでしょうか? グラフが盛り返す55〜60歳は、定年に向けてのんびりと過ごす方が多い印象です。ストレスから解放されて、再び性欲が向上するのかもしれない。その後の減少は、体の衰えを実感して自信をなくすことによるものなのかも……こう考えると、男性の人生の歩みと性欲には密接な関係がありそうですね。

オリビア:職場で前線を退いたり定年退職したりすると、仕事で自分の必要性や社会とのつながりを確認しにくくなって、パートナーとの肉体的なつながりを求めるようになるとも考えられるのではないでしょうか。安心感を求めているのかもしれません。そこにきて、性機能の衰えが加速するとつらいですね……。

後藤:私が記者を務める雑誌「週刊現代」のメイン読者は、定年後の男性とそのパートナーです。雑誌の売上を見ると、性に関するテーマを扱わなかった号はガクンと下がる……定年退職後も、みなさんやはり性に興味があるんだなと実感しています。理由はわかりませんが、特に大阪ではこの傾向が顕著ですね。

辻村:僕は今東京に単身赴任していますが、出身は大阪で56歳。後藤さんのおっしゃるとおり、性欲が増しているところですよ(笑)。その一方で、自分は若いつもりでいても、やはり肉体の衰えも感じ始め、切ない気持ちになることもあります。みなさんの読みは当たっているかもしれませんね。

性機能回復のカギは…?

オリビア:女性の視点から見て気になるのは、男性が勃起できない、もしくは勃起を長く維持できない場面に遭遇したときの対応ですね。男性は、女性にどんな言葉をかけられたいのでしょうか?

永井:男性の性機能は、とてもデリケート。交感神経が興奮した状態、つまりストレスを受けている状態では勃起できません。そのため、パートナーの性機能に異常が見られたときは、女性にはプレッシャーをかけないよう優しく声をかけてあげてほしいです。また、機能の回復には泌尿器科医の介入がどうしても必要になるので、気持ちに配慮しながら通院を促してあげるのも望ましいですね。実際に、夫婦で通院して治療を受けた場合、効果が高くなるというデータもあります。

オリビア:やはり、女性の言動はポイントになるんですね。私は普段、20〜50代女性から性に関する相談を受け付けていますが、性機能に悩むパートナーへの対応について、もっと有効なアプローチ方法を模索しなければならないと思いました。男性の性機能が夫婦の関係づくりだけでなく、全身の健康にも関わってくるとなれば、その重要性はさらに高まりますよね。

(構成:中島香菜、編集:安次富陽子)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

性欲の変化から考えるオトコの人生【TENGAヘルスケア】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング