元AV女優、カリスマ産婦人科医、そしてTENGAが“性の教養”を語る 最終回

AVはファンタジー。リアルなセックスとは切り分けて【私たちは性のはなしを知らない】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
AVはファンタジー。リアルなセックスとは切り分けて【私たちは性のはなしを知らない】

なかなか友人とは話しづらい、「リアルな性」の話。それを、一流の専門家がオープンな場で議論し、教養として身につける場が、日本財団と渋谷区が共同で開催する「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2018」の中で開催されました。

■私たちは性のはなしを知らない」
<登壇者>
麻美ゆまさん:タレント、元AV女優
宋美玄さん:産婦人科医、『女医が教える本当に気持ちいいセックス』著者
福田和子さん:「なんでないの」代表者、現役女子大生
福元和彦さん:福元メンズヘルスクリニックの院長
佐藤雅信さん:株式会社TENGAヘルスケア取締役

妊活や、それにともなうマスタベーションの話が盛り上がったイベント前半に続き、後半は、「AVがセックスの教科書」になってしまっている現状というトピックから、「ファンタジーな性」と「リアルな性」の違いについて議論が行われました。

AVはあくまで視覚的に楽しませるファンタジー

——妊活や男女のマスターベーションの話題から、続く第二部では、「ファンタジーな性とリアルな性」という切り口で、元AV女優の麻美ゆまさんから見たAVの現場などについてお話を伺えればと思います。

麻美:私自身、AV業界に入るまでは世間一般で思われている怖いイメージをもっていました。ただ、実際に現場で働いてみると、思っていたよりもずっとちゃんとしているところです。きちんと台本があり、カメラマンや音声さんなどのスタッフが揃っていて、作品作りをしています。

——たとえば、撮影ではきちんとゴムで避妊をするのですか。使用していないように見える作品もあると思うのですが。

麻美:もちろんします。というより、日本で流通しているAVは基本的に必ずと言っていいほどコンドームを着用しています。ただ、ゴムを着脱するシーンは作品の中に入っていないことが多いです。その場でゴムをつけているときは、女優さんの顔をアップで映したりするんです。一部でマニアックな「中出しもの」のようなジャンルもありますが、その場合は事前に徹底した検査を経てのぞみます。男優はマイコンドームをもっているし、私自身もそうでしたが、女優さんもピルを飲んでいる人が多い。想像されているよりずっと、現場はしっかりしているんです。

ただ一方で、作品自体はとてもファンタジックな世界を見せています。私たちが気持ちよくなるためではなくて、視聴している方がどれだけ楽しんでくれるかどうか、そこを考えて作品作りをしているんです。そのために実際にしないような体位もしますけど、それはあくまで視覚的に楽しんでもらいたいから。AVを教科書にはしてほしくないですね。

——AVはあくまで見て楽しむものであって、パートナーとのセックスとは切り分けるべきだということですね。

麻美:最近では、女性もAVを見て「男性をこうやって楽しませるんだ」と思ってしまう人も多くいます。それも、結局セックスの参考になるものがなかなかないからなんですよね。女性同士で細かい部分まで話す機会もなかなかないので、どうしてもAVを参考にせざるを得ない、というのが現状だと思います。

潮吹きは女性がオーガズムに達した証拠ではない

——AVでいうと、潮吹きなど派手なシーンも印象的です。これは現場ではどのように行われているのでしょうか。

麻美:これは男女問わずよく「どうやったら潮吹きできるんですか」って聞かれるんですけど、言葉で説明するのがとても難しいんですよね。男性のようにわかりやすい突起物があるわけでもないですし。その女優さんがもつ体質であったり、潮吹きをさせるのが上手な男優さんはいます。ただ、女性の体を傷つけずに潮吹きをさせるって、並大抵の努力じゃ難しいんです。

たくさん水を飲んで、水分が出やすい状態でのぞみますけど、それでもガシガシ強くこすったせいで傷ついて撮影を中断、ということもあります。よく、手マンなどで男性が激しく擦っているように見えるシーンがよくあって、男性がそれをみて「激しくやれば気持ちいいんだ」と思うひとが多いんですが、それも誤解なんですよね。そもそも女性はできれば優しく触って欲しいし、AVでもモザイクの下では実はそんなに手を動かしていなかったりするんです。激しくすれば女性が感じたり潮吹きをすると勘違いしている男性が多いので、そこの誤解は解いておきたいですね。

——医学的にみて、潮吹きというのはどういうメカニズムで起こるものなんですか。

宋:女性も射精をする、というのは昔から言われています。解剖学的な話をすれば、女性にも前立腺のようなものが膀胱の近くにあって、そこが刺激されることで水分が出ることがあります。みなさんもセックスをしている最中に、急にシーツが濡れているということがあるかもしれません。ただ、そこで出る量は、多くても数ccです。AVのように目でわかるようなすごい量を出すためには、膀胱の後ろを擦り上げないといけない。

福元:刺激しすぎて麻痺して、オーガズムを超えた状態で「掻き出す」。潮吹きはそういったテクニックなんですけど、そこで出ているのは尿なんですよね。

麻美:自分の感覚的には、尿になるちょっと前のもの、という印象だったんですけど。

宋:膀胱にたまっているものは、腎臓で尿になったものでしかないので。尿です。

福元:たくさん水を飲んでるから透明に近いだけなんですよね。

阿吽の呼吸を重視してしまう日本人のセックス

宋:オーガズムの話に戻ると、そもそも女性は毎回オーガズムに達するとは限らないんですね。毎回イかないと彼氏が納得しないから、といってイッたフリをする女性もいますが。挿入行為による中イキはなかなか難しいので、前戯でクリトリスでオーガズムに達したあとは、挿入を消化試合のようにしている女性も多くいるんですよね。そういう人にオススメしたいのは、挿入したあとに、ローターなどをクリトリスにあててあげること。

——グッズを使うこと自体や、それを女性から伝えることに抵抗がある人も多い気がします。

宋:そこはもっとオープンに考えていいと思います。日本の男女のセックスは、阿吽の呼吸を大事にするような風潮がある気がするんですよね。女性は痛くてもそれを言葉にしてはいけないように感じたり、男性は、女性の指示を受けなくても気持ちのいいスポットを探り当てないといけないと思っていたり。たとえば、ローションをつけるのすら、男性は「お前のテクじゃ濡れないよ」と言われているように感じてしまったりする。

実際は、女性の体調によっては気持ちよくても濡れにくいときはあるので、ローションをつけるのは基本なんです。それでも言いづらいという方には、「あなたをもっと気持ちよくさせてあげる」といった風に、まず相手のペニスに塗ってあげるといいよ、とはアドバイスしています。

福元:男性は風俗に行ってローションを手にする機会も多いので、途端にプロっぽくなることに抵抗を感じる、ということもあるかもしれませんね。僕もローションを使うようによく提案しているのですが、なかなか広がらない。

——濡れること、イコール、女性が感じている、と思っている人は多いかもしれませんね。AVなどでもレイプものなどで「口では嫌だと言っているけど、濡れているじゃないか」といった表現があると思います。

麻美:これはAVにも罪があると思っていて、そこは本当に申し訳ないです。AVはあくまで作り物なので、台本の流れを確認し、同意した上でのぞんでいます。入れずに終わってしまうとAVとして成立しないから、どうしても挿入へとつながってしまいますが、そもそも濡れるっていうのは女性が自分の体を守るために起こる反応じゃないですか。濡れているから女性は悦んでいる、という誤解は解いておきたいです。

宋:そうなんです。物理的な反応として出ることはあるけど、それが性的同意になっているわけではない、というのは当然のようにわかっていてほしいことですね。

福元:こういった誤解を招かないためにも、性の話を真面目にする場というのは大切ですね。

■イベント情報
日本財団主催事業として2016年にスタートした「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」と、渋谷区で2017年11月にはじめて開催したダイバーシティをテーマにした複合カンファレンスイベント「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA」が連携し、9月7日(金)~9月17日(月)の期間、関連プログラムを渋谷駅周辺や原宿表参道エリアで開催。様々なジャンルの専門家が集まり、「多様な未来」について考えるイベントが行われました。今回のイベントレポートは、9月8日(土)に、青山学院大学のガウチャー記念礼拝堂で開催されたものです。

(構成:園田菜々、編集:ウートピ編集部 安次富陽子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

AVはファンタジー。リアルなセックスとは切り分けて【私たちは性のはなしを知らない】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング