魚肉ソーセージをおろすなんて!新感覚の「おろしギョニソの坦々そうめん」

魚肉ソーセージをおろすなんて!新感覚の「おろしギョニソの坦々そうめん」

この暑さで食欲をなくしている人も多いのではないでしょうか?

このたび、ニッスイはフィッシュソーセージ「おさかなのソーセージ」を使用したレシピを発表しました。協働でレシピを考案したのは、料理研究家のジョーさん。です。

今回のテーマは、「暑い夏に食べたいギョニソが主役の夏ごはん」。いつもの魚肉ソーセージや、ごはん、そうめんを活用した”ツン辛・ピリ辛”レシピを紹介します。

魚肉ソーセージをおろすなんて!新感覚の

「ツルツルっと食べられるそうめんは夏のお昼の定番。今回は、そうめんをより楽しむアレンジレシピをご紹介します。おろし金ですりおろした、ふわふわとした新食感の「おさかなのソーセージ」と長ねぎ、ごま油の相性は抜群。まろやかな豆乳スープの中でピリッとしたラー油の辛さが食欲そそる、暑い夏おすすめの一品です」

【材料[1人分]】調理時間 14分

おさかなのソーセージ 1本
長ねぎ 3〜4cm
ごま油 大さじ1
A 鶏ガラスープの素 小さじ1と1/2 A こしょう 1振り
A 豆乳(成分無調整) 200ml A 白すりごま 小さじ2
A 水 100ml
そうめん 1把
ラー油 1〜2プッシュ *豆乳は冷蔵庫などで冷やしておいてください

【作り方】

1. 「おさかなのソーセージ」をおろし金ですりおろして細かくする

s1-1

2.みじん切りにした長ねぎ、「おさかなのソーセージ」にごま油を加えて和える

s1-2

3.Aを混ぜ合わせる

s3

4.そうめんを袋の表示時間通り茹でたら、水で〆る

s4

5.4のそうめんを器に盛り、3をかけたら、2をのせ、ラー油をかける

s5

ジョーさん。のおすすめポイント

「おさかなのソーセージ」を、おろし金で細かくすることで、そうめんやたれとからみやすくなり、また全く違った食感を楽しむことができます。包丁で細かくするより楽で、味もおいしくなります。こんなに変わるの!?と驚くこと請け合いのレシピなので、ぜひ試してみて下さいね

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

魚肉ソーセージをおろすなんて!新感覚の「おろしギョニソの坦々そうめん」

関連する記事

編集部オススメ

2022年は3年ぶりの行動制限のない年末。久しぶりに親や家族に会ったときにふと「親の介護」が頭をよぎる人もいるのでは? たとえ介護が終わっても、私たちの日常は続くから--。介護について考えることは親と自分との関係性や距離感についても考えること。人生100年時代と言われる今だからこそ、介護について考えてみませんか? これまでウートピで掲載した介護に関する記事も特集します。

記事ランキング