占い天使・オッティモちゃんインタビュー後編

占いに依存しちゃう人とうまく付き合える人の違いは?

占いに依存しちゃう人とうまく付き合える人の違いは?

原宿の路上やフリースクールなどで悩める人々を占う、天使オッティモちゃん。インタビュー前編では、オッティモちゃん誕生までの秘話や、彼女が占いにかける想いなどを伺いました。

続く後編では、多くの現代人が抱える悩みや、占いと上手に付き合う方法などを教えてもらいます。老若男女を問わずたくさんの人たちの悩みに寄り添うオッティモちゃんだからこそわかる、幸せをつかむために必要なこととは——?

オッティモちゃん

オッティモちゃん

自分の価値を探し、今ないものを追い求める人々

――主に中高生を対象に占いをしているオッティモちゃんですが、いまを生きる若い人たちが抱える悩みに何か共通の傾向はありますか?

オッティモちゃん:“自分の価値”について悩んでいる方が圧倒的に多いです。「自分の長所や才能はどんなものか、それをどう活かして生きていけばいいか」「恋人に大切にしてもらえないのは自分に価値がないからではないか」などといった相談をよく受けますね。

自分の価値って、プライドにもつながる大切なものですよね。みなさんそれを探していて、そして誰かに認めてほしいと思っているようです。

――中高生以外、例えばウートピの読者であるアラサー女性特有の悩みはありますか?

オッティモちゃん:特有というわけではないですが、「私は結婚できますか?」という相談が一番多いですね。でも、アラフォーになると離婚に関する相談が増えるんですよ。「今の夫と離婚しようか悩んでいるんですけど、どうしたらいいですか?」って。そして50代になると、不倫のことで悩んでいる方をよく占います。「いい関係になった年下の男の子が最近冷たい……」とか。

――30代は結婚したくて、40代は離婚したくて、50代は不倫に走るという……。

オッティモちゃん:一見バラバラの悩みのように見えますが、“今の自分にないもの”を追いかけているという点では共通していますよね。みなさん今よりも幸せになりたくて、足りないものを埋めようとしているのかなと思います。

ちなみに、60代になるとセカンドライフの設計を考えて、自分の価値について再度考えている方が多いです。一周回って原点に戻ってくる形ですね。

DSC_8529

伝えたいのは“あなたのことを真剣に考える人”がいること

――オッティモちゃんが誰かを占うときに大切にしていることはなんですか?

オッティモちゃん:その人の長所と才能、そして“未来がよくなるタイミング”を必ずお伝えするようにしています。「あなたには素晴らしい価値がある」と伝えることで自信をもってもらい、明るい未来を示すことで前向きに進んでほしいなって。

私が考える占いの役割とは、相手が何を望んでいるかを一番に考え、その実現のためにどうしたらいいかを伝えること。その人が幸せな人生を歩むためのお手伝いをしたいといつも思っているんです。

DSC_8506

――もし悪い未来が見えたときはどうしますか?

オッティモちゃん:悪い状況を回避するにはどうしたらいいかを考えて、その方法を伝えますね。極端な話ですけど、もしも交通事故に遭う未来が見えたら、「家にいて心身を休めたほうがいいよ」と伝えるとか。間違っても「悪い未来が待っている」という恐怖訴求はしません。

――占いによって人々の悩みは解決するんでしょうか?

オッティモちゃん:悩みが解決するように一生懸命アドバイスしていますが、実は「あなたにはこんな素敵なところがありますね」と伝えるうちに、自分でやりたいことや本当の思いに気づく相談者さんも多いんです。

例えば、ボランティアで占いをしに行っているフリースクールでは、生徒だけではなく先生が悩んでいることも珍しくなくて……。あるときひとりの先生に「この仕事を辞めようかと思っているのだけど、占ってほしい」と頼まれたんですね。それで先生の性格や才能についてお伝えしていたら、「ここで働こうと思った初心を思い出しました。辞めずに頑張ってみます」と言ってくれました。

――それはうれしい経験ですね。

オッティモちゃん:はい! 「占いに背中を押してもらえた」と言ってもらえるのが一番うれしいですね。そもそも私が占いで一番伝えたいのは、“あなたのことを真剣に考えてくれる人がいるんだよ”ということなんです。心が弱っている人が本当に求めているのは、そこじゃないかなと思うので。なので、占いをしているときは、相手の幸せを100%考えて話していますし、相手の心のよりどころになりたいですね。

そういう意味でも、私は占い師と相談者さんとが直接やりとりをする鑑定は大切だと考えていて。最近はネットにもさまざまな無料占いがありますが、利害関係のない占い師に遠慮なく本音を吐き出して、しっかり受け止めてもらうことでしか得られないものがあると思っています。

DSC_8472

幸せは自分で考え、行動することでつかんで

――占いを利用する方に対してなにかアドバイスはありますか?

オッティモちゃん:ただ占いを利用するだけではなくて、幸せになるために行動を起こしてほしいなと思います。私の占いでは、その人が幸せになるためのきっかけになるアクションを提案するんですね。とはいっても「会社を辞めろ」とか「今すぐ告白しろ」とかそんな類のものではなくて、例えば吉方旅行(自身の吉方位への旅行)など、その人が無理なくできそうなことを。

でも、実際に行動を起こす人はほんのわずかです。幸せになりたいとは思っていても、面倒なのか勇気が出ないのか、みなさんなかなか一歩を踏み出さないんですよね。何度お会いしても一向に状況が変わっていない相談者さんはたくさんいます。

もしみなさんが同じような状況なら、占いに依存していないかよく考えてみることをおすすめします。逆にいえば、自分でなんらかの行動を起こせるようになったら、つまり占いをきっかけに自分で何かを変えられるようになったら、占いとうまく付き合えているんじゃないかなと思いますね。

たしかに、未来はなにが起こるかわからなくて怖いでしょう。でも、いざ動いてみれば「なんだ、こんなものか」と思うことも多いもの。ぜひ一歩を踏み出してみてほしいです。

――占いを活かせるかどうかは自分次第なんですね。

オッティモちゃん:私たちは、自分で考えて行動して、自分で人生に責任をとらなければなりません。だから、占いを利用するときも、自分で考えることは放棄しないでほしいんです。占い師の言うことを聞いてそのとおりに従っているのは、確かに楽でしょう。もちろん、心が弱っているときはそれでもいいと思います。でも、ずっとそのままではやっぱりダメ。幸せな未来を切り拓くためには、自分で考えて動かなければなりません。私たち占い師は、そのサポートを精一杯やらせてもらいます。

DSC_8444

(取材:安次富陽子、構成:中島香菜、撮影:大澤妹)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

占いに依存しちゃう人とうまく付き合える人の違いは?

関連する記事

記事ランキング