もう寅さんはいないのに最新作? 池脇千鶴『男はつらいよ お帰り 寅さん』に出演

もう寅さんはいないのに最新作? 池脇千鶴『男はつらいよ お帰り 寅さん』に出演

12月27日(金)に、映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』が公開されました。あの人気シリーズ『男はつらいよ』の第50作となるこの映画。寅さんはいないのに最新作とはどういうこと——?

©2019 松竹株式会社

©2019 松竹株式会社

今回、新たに“寅さんワールド”へ参加した池脇千鶴さん。小説家となった満男(吉岡秀隆さん)の作家活動を支える、しっかり者の担当編集・高野節子を演じました。

現代を生きる登場人物たちと、4Kデジタル修復されて鮮やかに登場するシリーズ映像が紡ぎ出す、新しい物語。池脇さんに、今回の撮影の思い出や、ここ数年の仕事との向き合い方について伺いました。

YA191219_0013

小説家と編集者は自分とマネジャーの関係に似てる

——往年の名作『男はつらいよ』シリーズからオファーを受けて、まずはどんなふうに思いましたか?

池脇千鶴さん(以下:池脇):まさか自分が出演することになるとは、ですね。父が寅さんシリーズを大好きだったから、小さいころからずっと一緒に観ていたんです。「寅さんはもういないのに、どんな新作をつくるんだろう? しかも、私はどんな役なの?」と、まずは驚きました。(脚本を読むと)作品のいろんなところに寅さんが出てくる。みんなの心の中にはいつまでも“粋なおいちゃん”がいて、励まされながら生きているんだなぁと実感しましたね。

——池脇さんが演じた高野さんは、寅さんの甥・満男の担当編集者でした。どんなことに気をつけて、役作りをされましたか。

池脇:満男さんをどう支えていくか、を一番に考えていました。高野は満男さんより年下だけど、出版業界のことについては先輩。だから引っ張っていきたいし、背中も押してあげたいし……そしてなにより、満男さんの書く作品の第一のファンでありたい。イメージは、俳優とマネジャーの関係ですね。相手のことを先回りして支えつつ、ときには叱ったりもする。私のそばにもいつもマネジャーがいてくれて、なにか資料を頼めば準備しておいてくれて、それが私のお芝居につながっているんです。

©2019 松竹株式会社

劇中より/©2019 松竹株式会社

手を色っぽく。ドアの角度までこだわった演出

——メガホンをとられた山田洋次監督は、御年88歳。伝説の名監督とご一緒して、いかがでしたか?

池脇:ご一緒するまでは、優しい方だとイメージしていたんです。でも、撮影前に周りのスタッフさんから「子役にも動物にも容赦ない、厳しい方だよ」と言われて……いまから撮るのにそんなこと言わないでおくれよ、って思いましたね(笑)。

——そして、実際は?

池脇:なるほど、こういうことか、と(笑)。監督はビジョンがとてもはっきりしていらっしゃるので、ご自身が撮りたいものに妥協しないんです。指先の動きひとつにしても、すごくこだわりを持っていらして、細かく指示なさる。倍賞(千恵子)さんや前田(吟)さんのように長くご一緒されている方々に対しても、容赦なくいろいろおっしゃるから……私もいつどんなご要望を受けるかドキドキしていました(笑)。

——どんなご要望を受けたんでしょう。印象的だった演出はありますか?

池脇:満男さんの家から帰るとき、手を振るシーンの演出ですね。最初、私があっさりと手を振っていたら、監督は「色っぽくやってくれ」とおっしゃったんです。高野は、満男さんの書斎を片付けたり、彼の娘のユリ(桜田ひより)に勉強を教えたりしています。満男さんを作家として尊敬しているし、私生活にも寄り添っていて、かすかな愛情も持っている。でも、私は手を振るときにそこまで含みを持たせていなくて……。監督はここで高野に、もう少し女っぽさを見せてほしかったのか、と。撮影的にドアの角度などにも気をつけなければならず、大変でしたが、勉強にもなりました。

尖っていた20代を経て

——池脇さんも、すでにキャリア20年のベテラン。今回のように大先輩の方々とご一緒する作品と、若手のキャスト・スタッフと一緒につくる作品では、現場での振る舞いも変わってくるのではないでしょうか。

池脇:そうですね。山田監督にはすべてを見透かされているようで、どんなことをお話すればいいか戸惑う場面もありました。なにか失礼があったらいけないなぁと緊張もしていたので。だけど、別現場の若いスタッフさんたちにとっては、私が緊張させてしまう立場になることも。そこは空気を和らげるよう、きちんとコミュニケーションしていきたいと思いますね。とくに、その作品がやわらかい物語だったらなおさらです。でも私、基本的に現場で喋らないんですよ。

——それは、どうしてでしょう?

池脇:……集中しているからでしょうね。やるべき仕事を与えられてその場にいるわけですから、役のことを考えています。そのせいで、不機嫌に見えているときもあったら申し訳ない(笑)。もちろん、現場を離れた打ち上げのときなんかは、いろいろおしゃべりしたりもしますけど。

——長く第一線で女優を続けてきて、仕事への意識や向き合い方は変わってきましたか?

池脇:私、20代のころすごく尖っていたんです(笑)。たぶんバリバリ働いて、いろいろ主演もやらせていただいていたから、気を張っていたのだと思います。「(座長として)頑張らなくちゃ、背負わなくちゃ」と考えてばかりいて……責任感が少々強すぎたのかもしれません。

そのぶんこだわりも強くて、どの監督ともかなり闘いながらやってきました。でも最近は、監督の描いていらっしゃるイメージがあるんだから、まずは受け入れてみることも大切かなと思うようになりました。「なるほどね、わかりました」と言って……しれっと違うことをやったりもしますけど(笑)。真っ正面からぶつからず、迂回できるようになったのは、キャリアを積み重ねてきた今の自分だからできることかなと思います。

■映画情報

©2019 松竹株式会社

©2019 松竹株式会社


映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』
渥美清 / 倍賞千恵子 吉岡秀隆 後藤久美子 前田吟 池脇千鶴 夏木マリ 浅丘ルリ子
原作・監督:山田洋次
脚本:山田洋次 朝原雄三
音楽:山本直純 山本純ノ介
主題歌:「男はつらいよ」渥美清 / オープニング 桑田佳祐
配給:松竹株式会社
特別協賛:木下グループ スミフルジャパン スターツグループ みずほ銀行 芙蓉総合リース
©2019松竹株式会社

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』公式サイト
映画『男はつらいよ』50周年プロジェクト特設サイト

劇中写真を除く池脇さん衣装:トップス¥23,000/ディウカ(ドレスアンレーヴ)・イヤリング ¥8,000・バングル ¥14,000/共にジュエッテ※全て税抜き価格
(スタイリスト:関志保美、ヘアメイク:山田典良、取材・文:菅原さくら、撮影:青木勇太、編集:安次富陽子)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

もう寅さんはいないのに最新作? 池脇千鶴『男はつらいよ お帰り 寅さん』に出演

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング