佐藤友美・『女は、髪と、生きていく』イベントリポート 後編

「なりたい私」を美容師さんに伝えるには?【女は、髪と、生きていく】

「なりたい私」を美容師さんに伝えるには?【女は、髪と、生きていく】

日本初のヘアライターとして活躍する佐藤友美(さとう・ゆみ)さん。20年弱のキャリアの中で約4万人、200万カットの撮影に立ち会ってきました。

佐藤さんは、ヘアの世界をライター目線で見て実感した「髪と人生の密接なつながり」を伝えるため、2016年に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を刊行。人生を変えたいと願う女性や美容業界に従事する人々までに支持され、8万部以上を売り上げました。

そして今年の11月26日に最新作となる『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)を発売。同月28日、幻冬舎1号館イベントスペース(東京都渋谷区)にてトークイベントが開催されました。イベントの内容を再構成して前後編でお伝えします。

前編は…“髪型迷子”になるのはなぜ?

P1080193

なりたい自分を可視化するには?

イベントの前半で“髪型迷子”を卒業し、本当に似合う髪型を手に入れるためには、3つのポイントがあると話し、「①顔だけでなく心にも似合うか意識できているか」「②髪型が持つキャラを理解しているか」と、まず2つのポイントを挙げてくれた佐藤さん。最後のポイントは「③自分がどうなりたいのかを考えること」だと言います。

「自分がどうなりたいのかわからない人は、とても多いと感じます。きっと仕事や家庭で慌ただしくて、自分をゆっくり見つめる時間が少なくなっているからでしょう」

自分を見つめるために、佐藤さんは2種類のワークシートを配ります。

workA

workA/©︎南 夏希

workB

workB/©︎南 夏希

まずAのシートには「生活や髪質に制限がなければ、どんな髪型にしたいか」、「その髪型にしたらどんな自分になれそうか」を書き出します。次にBのシートに、「こんな風になりたい、こんな言葉で褒められたい」と思うものを20個書き出し、そこから最も自分に重要なものを3つに絞ります。

このワークシートで知ることができるのは、「本当に自分がしたい髪型(A)」、「美容師さんに伝えるべきキーワード(B)」です。本書ではワークのポイントを挙げながら紹介しているので、ぜひ参考にしながら実践してみてください。

「美容師さんに『こうなりたい』と本心を伝えるのは、最初は抵抗があるかもしれません。でも、その一瞬の壁を乗り越えれば、毎日素敵な気分で過ごせると思うとどうでしょう? 

それでも抵抗があるなら、美容院は病院だと思って行ってください。私たちが病院で症状を伝えるように、自分の気持ちを伝えてみませんか。『こう見られたいからこうしたいんです』と理由を添えれば、抵抗感も半減しますよ」

美容院は自分の人生を決めに行く場所

「もっと言えば、美容院は自分の人生を決めに行く場所だと思ってほしいんです。次に髪を切るまでの時間をどんな気分で過ごそうかとか、どんな自分を演出しようかと、未来に思いを馳せる場所にしてほしい。髪で自分を表現することができれば、人生は変わりますから」

さらに佐藤さんは「自分のなりたい自分になることは、みんなを幸せにすること」だと言い、シャンパンタワーの法則を挙げました。

「シャンパンタワーのいちばん上のグラスが自分で2段目が家族や大事な人。3段目、4段目が友人や会社の仲間たちだとします。真面目で優しい女性ほど、シャンパンを2段目から下に注ぎがちなんですよね。それでは、いつまでたっても自分のグラスは空っぽのままです。1段目(自分)から注いでみてください。自分が潤えば、自然と周りも潤っていくんですよ。だからまずは自分のことを大事にしてほしいなと思います」

人生を変えたい、変わりたいと願う人のために、佐藤さんは「心が先でも髪型が先でも構わない」と言います。

もし「自分の内面と相手に与えている印象にギャップがある」なら、髪型を内面に合わせること。「今の自分に納得していない」場合は、髪型を先に理想に近づけて、後から内面を追いつかせる方法があるとのこと。後者について、佐藤さんは、友人に起こったエピソードを語り始めました。

「前作のとき、制作チームに友人でライターのもろずみはるかさんが入ってくれました。その後で長かった彼女の髪がどんどん短くなっていったんですね。そういう気分なのかなって特に理由は聞かなかったのですが、今回の本をプレゼントしたときに『実は私、あのとき髪に救われました』と打ち明けてくれたんです。

この時、彼女は腎臓病の末期で生涯透析を続けるか、移植手術をするかという分岐点にいたそうです。疲れやすくなって出かける準備でさえも一苦労という中で、気持ちを変えたいと思って髪を短くしたら、会う人に元気そうだねと言ってもらえたのだと言います。

そこから、元気そうに見える明るいキャラクターの自分に、内面も追いついてきて今ではとても“しっくりきている”と教えてくれました。今、彼女はご主人の腎臓を移植して、今まで以上にパワフルに活躍しています」

P1080259

自分に似合う髪型を手にするのは、自分を大切にすること

イベントの最後に、佐藤さんは今回の本の執筆に込めた思いをふり返りました。

「私はどうして髪が大事だと感じるのか考えてみると、髪は『自己肯定感』につながりやすいからだと思いました。自分に似合う髪型を手に入れることは、自分らしさを大切にすること。自分らしく生きられるようになれば、他人と比べることから解放されます。人生がもっとラクになるはずです。だから私は、髪にはもっと人生を変える力があると伝えたいし、美容院は人生を変える場所だと本気で思えるようにしていきたいのです」

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「なりたい私」を美容師さんに伝えるには?【女は、髪と、生きていく】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています