こ、こんなちっちゃいのに大活躍するなんて…! 小さい文房具5選

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
こ、こんなちっちゃいのに大活躍するなんて…! 小さい文房具5選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方一つで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。第36回目のテーマは、かわいくて持ち運びに便利な小さな文房具です。

小さくてもホールド力はバッチリ

バインダークリップ_単品

バインダークリップ_イメージ

まず、ご紹介したいのは、超ミニサイズ(幅10ミリ)の「バインダークリップ No.104」。一見、「何に使うの?」と思うかもしれませんが、小さくて薄いので、ゼムクリップの代わりとして使うことができます。ふとした拍子に、メモがバラバラになりやすいゼムクリップと違って、しっかりとホールドしてくれます。

つづり枚数の目安として、20枚まで挟むことができます。書類やメモをまとめて挟む使い方のほかにも、マグネットを使って壁にくっつけたり、アイデア次第でさまざまな使い方ができそうです。

商品名:バインダークリップ No.104(ライオン事務器)
価格:10個入り 150円(税抜き)

いつでもどこでも穴あけできる!

pp01_2jpg

pp01_4

pp01_7

穴あけパンチを持ち運びたい人にオススメしたいのが、ペンケースに収納できるミニサイズの「プチット ポータブル2穴パンチ」。刃がひとつなので、2穴を開ける時は、用紙を半分に折りたたんで使用します。コーナーガイドが付いているので、正確な位置に2穴を開けることができます。

また、携帯用ストラップ穴がついているので、ペンケースやカバンに取り付けることも可能。小さい文具は紛失しがちなので、これなら安心ですね。本体カラーも、ブルー、ピンク、イエローの3色から選べます。


商品名:プチット ポータブル2穴パンチ(カール事務器)
価格:450円(税抜き)
種類:全3色(ブルー、ピンク、イエロー)

日本の職人さんが作る豆ばさみ

45-057

3

関の豆ばさみ

6

東京・日本橋の老舗メーカー「KAWAGUCHI」から生まれた手芸道具のブランド「Cohana」の全長35ミリの超ミニサイズのはさみ「Cohana 関の豆ばさみ」は、ちょっと切りたい時に便利なアイテム。親指と人差し指でつまむように持ち、軽い力できちんと切れます。刃物の産地として知られる岐阜県関市の老舗・長谷川刃物が製作しているので、その切れ味は抜群です。

裁縫用の糸切りばさみとしてはもちろん、洋服のタグを外したり、糸くずを切ったり、包みを開封したり、お出かけ先での「ちょっと切りたい」という要望にも答えてくれます。絹のタッセルや牛革のケースがかわいらしいので、裁縫や文具が好きな人への贈り物にもいいですね。

商品名:Cohana 関の豆ばさみ(KAWAGUCHI)
価格:1,350円(税抜き)
種類:全5色(つゆくさいろ、みずあさぎ、きすいせん、ばらいろ、ふかがわねず)

お気に入りのマステをコンパクトに!

TMS0470

maco0574_2

maco1382

maco0512

最後にご紹介するのは、ペンサイズのマスキングテープホルダー「マコ」。好きなマスキングテープを、付属の小巻き器を使って専用芯に巻き替えてケース本体にセットすれば、これまでにないくらいコンパクトに持ち運べます。

最大4柄をセットできるケース本体には、テープカッターが付いているので、きれいにカットできます。オフィスではもちろん、旅行などのお出かけ先でも、お気に入りの柄のマスキングテープをいつでも使うことができます。

商品名:マコ(カンミ堂)
価格:620円(税抜き)
種類:全4色(パステルイエロー、パステルピンク、ホワイト、ネイビー)
※マスキングテープは付属しません。

まきの一言メモ

小さい文具はかわいいだけではなく、意外といろいろな使いどころがあるので、ぜひ試してほしい文具です。オフィスがフリーデスクという人や移動が多い人にもオススメです。また、小さくするのに技術や工夫が施されているので、海外の人へのおみやげとしても喜ばれそうです。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

こ、こんなちっちゃいのに大活躍するなんて…! 小さい文房具5選

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング