漱石は猫文具、大宰は便せん 文豪たちが現代の最新文房具を使ってみたら…『もし文』発売!

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
漱石は猫文具、大宰は便せん 文豪たちが現代の最新文房具を使ってみたら…『もし文』発売!

芥川賞を切望するあまり、審査員に長い手紙をしたためたという大宰治には「長文でもコンパクトに収まる便せん」、ハイカラで新しいもの好きの宮沢賢治には「折れにくいシャープペンシル」、『吾輩は猫である』の夏目漱石には猫文具……。

昔の文豪たちの悩みやエピソードに絡めて最新の文房具を紹介する『もし文豪たちが現代の文房具を試しに使ってみたら』(ごま書房新社)が3月20日に発売されました。

文具プランナーの福島槙子さんと試し書きコレクターの寺井広樹さんによる共著で、文豪たちが現代の文房具を使ってみたら、試し書きをしてみたら……という仮説に基づいて最新の文房具や、文豪・偉人たちのエピソードを紹介しています。

同書には、日本の文豪のみならず、ベートーヴェンやエジソン、カエサル、レオナルド・ダ・ヴィンチといった外国の偉人も登場。これまであまり知られてこなかった偉人たちの別の顔を知ってクスリとなるエピソードが満載です。

また、文豪たちが愛用した文房具や、彼らが足しげく通った文具店も紹介。現在も営業している文具店も登場するので、文豪たちに思いをはせながら訪れるのもオススメです。

『もし文豪たちが現代の文房具を試しに使ってみたら』は発売中。184ページ、1019円(税抜き)。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

漱石は猫文具、大宰は便せん 文豪たちが現代の最新文房具を使ってみたら…『もし文』発売!

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング