「私…ここに住みたい」がつないだ自分だけの夢・週末北欧部chikaさんに聞く2

「本当はこうしたかった…と、死ぬときに後悔を口にしたくなかった」彼女が挑戦を選んだ理由

「本当はこうしたかった…と、死ぬときに後悔を口にしたくなかった」彼女が挑戦を選んだ理由

8月に発売されたコミックエッセイ『北欧こじらせ日記 移住決定編』(世界文化社)が発売3日で重版。さらに、10月にはテレビ東京でドラマ化が発表されるなど、今注目を集める週末北欧部のchikaさん。9月30日には『かもめニッキ』(講談社)の発売も控えています。

『北欧こじらせ日記 移住決定編』(世界文化社)より

20歳で訪れたフィンランドに運命的なものを感じて以来、「いつかフィンランドに住みたい……」という思いを“こじらせ”ながら会社員として働きつつ、日々の発見やその瞬間の思いをまっすぐに発信してきたchikaさん。13年間温め続けた夢を叶え、今年、33歳でついにフィンランド移住を果たしました。

英語力は中級。毎日忙しい日々の中、小さな台所でシナモンロールを焼いては、ヘルシンキを夢見る——。そんな“普通の会社員”のchikaさんが移住に踏み出せたのはどうして?

chikaさんの行動力の源やキャリア観をひも解いていく、全3回のインタビュー連載。第2回は、寿司職人という仕事に対して感じたことや、迷いや葛藤を抱えながらも移住の道を切り拓いていった日々について伺いました。

好きな場所で暮らすために、手に職をつけよう

——「フィンランド移住を実現するために、寿司職人になろう!」と決めたchikaさん。私たちは仕事を決めるとき、まず好きなことや得意なことから職業を考えますよね。だから、chikaさんの「住みたい場所からキャリアを考える」という発想が、新鮮に感じました。

chika:ありがとうございます! 私も「ここに住みたい」「ここで働こう」なんて衝動を感じたのはフィンランドが初めてなのですが……20歳のときに直感でそう感じてから、その想いは強くなるばかりで。

10年以上も気持ちが続くうちに「もしもチャレンジしなかったら、一生後悔するだろうな」「いつか死ぬとき、孫に向かって『私はフィンランドに住んでみたかった……』って話すような人生にはしたくない」と思うようになり、実現する方法をリアルに検討しはじめたんです。自分の思いの強さに、自分自身が折れたような感じでした。心配性なので、行動を起こすまでには10年以上かかってしまったんですが。

——寿司職人がフィンランドで重宝されるスキルだと知っても、未知の職業へのチャレンジにはとうぜん勇気が要ると思います。

chika:一見、突拍子もないアイデアに感じられますもんね(笑)。でも、調べれば調べるほど現実的で、むしろこれ以外の道はないように思えました。技術を身につける仕事だということも、私にとっては心強かったのかもしれません。初めて就職した会社がなくなることになったからか、もともと「企業というものはいつどうなるかわからないし、自分の足でちゃんと立てなくちゃだめだ」という意識があって。寿司修行をきちんとやっておけば、自分らしさを活かしてフィンランドで働けるし、もし失敗して帰ってきてもスキルが残ると感じられました。

——著書『北欧こじらせ日記 移住決定編』でも、chikaさんの「世界中どこにいても、何歳になっても自分らしさを活かした仕事で、目の前の人を幸せにしたい」というキャリア観が描かれていましたね。

chika:私がこれまでに就いてきたいろんな仕事から、少しずつエッセンスをもらったキャリア観だと思います。たとえば、営業職だった2社目では、お客様から「chikaさんに任せたいからお願いします」と言われるのがすごくうれしくて。その経験から、自分だからこそできることを大切にしたいと考えるようになったのだと思います。

30歳手前で中国駐在を経験したときには、言語が変わると自分の営業力がなんにも役に立たないことを痛感して……いつどんな場所でもブレない技術を持つことは、自由を切り拓くパスポートになると感じるきっかけになりました。そうしたキャリアの積み重ねで、寿司職人という仕事に対して、素直に魅力を感じたんです。

『北欧こじらせ日記 移住決定編』(世界文化社)より

——技術的にはこれまでのキャリアとつながっていなくても、マインドは寿司職人に向いていたのかもしれませんね。

chika:そうですね。そういえば、プライベートでもそれを感じることがありました。「週末北欧部」と題して、北欧にまつわるブログやカフェ、ヴィンテージショップ、イベントといったさまざまな活動をしていたころ、人と直接コミュニケーションをしているときが一番楽しくて。ネットで何かを売って配送して……という作業には、正直、そこまでモチベーションが続かなかったんですね。自分の握ったお寿司を出して、目の前の人の喜ぶ顔が見られるのっていいなと、そのときも思いました。

自分の生き方を決めるときに「こうしなきゃ」なんてない

『北欧こじらせ日記 移住決定編』(世界文化社)より

『北欧こじらせ日記 移住決定編』(世界文化社)より

——実際に寿司職人を育てる学校に入ってからは、いかがでしたか?

chika:学校に入るまで、内臓つきの魚をさばいたこともなかったし、なんならヌメヌメしていて怖いと思っていたんですよ(笑)。だから最初のうちは大変でした。魚を触ることに慣れてきてからも、自分がうまくなっている実感がずっと持てなくて……。週末にはお寿司屋さんで修行もさせてもらっていたのですが、できないことばかりが目についてしまいました。

——どうやって気持ちを保ったんですか?

chika:ずっと見てくださっている学校の先輩やお店の大将が、ときどき「うまくなったね」と声をかけてくれたのは、本当に支えになりました。お寿司に関係のない友達と釣りに行って、その場で魚をさばいたら「前はそんなこと全然できなかったのに、すごいね!」と褒めてもらえたこともありましたね。愚直にやっていれば、少しずつでも積み上げていけるんだなぁと感じられて、うれしかったです。

——とはいえ、本業の会社員と寿司学校、寿司屋での修行。さらに週末北欧部の活動を並行してやっていくのは、大変だったのではないでしょうか。

chika:体力的にしんどくなるときはありました。とくにつらいのは、いまやっていることがちゃんと夢につながっているのかわからなくなるとき。この忙しい生活がいつまで続くのか、終わりが見えないんです。しかも同じ夢をずっと追いかけていると、停滞している自分をつい責めたくなってしまって……そんなときは「別にフィンランドに行かなくたって生きていける」「別の人生のパターンだってある」と考えて、肩の力を抜くようにしていました。

それでもまた結局「フィンランドに行きたい」という気持ちが戻ってくることを、ある意味で確かめていた部分もあります。おかげで、苦しいときも「自分が選んでこの道を歩んでいる」という手ごたえを、きちんと感じていられました。

——迷いや葛藤を抱えながらも、きちんと自分の航路を見つけていくのが、chikaさんの魅力ですね。

chika:人材紹介の会社で10年働いていて、何千人もの転職希望者と話してきたこともあって、「生き方や働き方の選択肢はひとつじゃない」という実感があるんですよね。お寿司の学校にも、開業を考えている方や退職後のキャリアを見据えている方など、いろんな道を志す人たちがいました。

「こう生きなくちゃいけない」なんて思わなくていいし、自分の生き方を決めるときには誰かの物差しを気にしなくていいって、これまで出会ったたくさんの方々が教えてくれたと思っています。

——最終回では、具体的な移住のタイミングを決めたときのことや、移住後の日々について聞かせてください!

(取材・文:菅原さくら、編集:安次富陽子)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「本当はこうしたかった…と、死ぬときに後悔を口にしたくなかった」彼女が挑戦を選んだ理由

関連する記事

記事ランキング