コロナ禍の今だからこそ…「結婚」「夫婦」がテーマの映画3選

コロナ禍の今だからこそ…「結婚」「夫婦」がテーマの映画3選

新型コロナウイルスの影響による在宅勤務や自粛生活で、家族やパートナーと一緒にいる時間が増えたという人も少なくないのでは?

家族やパートナーとの距離感に変化が生じたことにより、相手の意外な一面が見えたり関係性に変化が生じたりすることも。そこで、「結婚」や「夫婦」がテーマの映画3作をご紹介します。

20年前の夫や元カレが登場! フランスの大人ファンタジー

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema

最初にご紹介するのは、フランスの恋愛映画『今宵、212号室で』(クリストフ・オノレ監督、6月19日公開)。夫婦や愛のあり方などを描いた、大人のファンタジーです。

同作の舞台はパリのホテル。結婚して20年になる夫・リシャールに内緒で浮気を繰り返していたマリアは、ある日ついに浮気がバレてしまい、夫と距離を置くために一晩だけアパルトマンの真向かいのホテルの212号室へ行くことに。すると、窓越しに夫の様子を眺めるマリアのもとに、なんと20年前の姿をした夫が登場! さらに元カレたちや夫の初恋相手まで次々に登場し……というストーリーです。

かつての恋の思い出が脳内を走馬灯のように駆けぬけたあと、はたしてマリアが見つけた真実とは? “愛”を風化させない方法は? 夫婦にとって永遠の問いとも言えるテーマを描いた同作。マリアとリシャールのように、異性としてではなく、今はすっかりお互いが“家族”になってしまった……という夫婦や、新鮮味の薄れてきたカップルなどにおすすめしたい1本です。6月19日からBunkamuraル・シネマほかで公開。

離婚を通して描かれる“愛の物語” 

次におすすめしたい作品は、動画配信サービスNetflix(ネットフリックス)のオリジナル映画『マリッジ・ストーリー』(ノア・バームバック監督)。ある夫婦の離婚を通して“愛の物語”を描いた作品です。

主演はスカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー。息子を授かり、仲の良い家庭を築いていたはずの女優のニコールと監督兼脚本家のチャーリー。ただ、夫婦の関係は少しずつ悪化していき、離婚する方向へ……というストーリー。円満な協議離婚を望んでいたものの、ため込んできた相手への怒りが爆発し、離婚弁護士を雇って争うことになる2人の行く末に注目です。ネットフリックスで配信中。

メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズが熟年夫婦に! 

最後にご紹介するのは、オスカー俳優メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズの共演による熟年コメディ映画『31年目の夫婦げんか』(デビッド・フランケル監督)です。

毎日変化のない生活を送る、結婚31年目のアーノルドとケイの夫婦。寝室は数年前から別々。仲が悪い訳ではないけれど、夫婦の関係を見直したいと考えていた妻のケイは、結婚生活のカウンセリング本を読み、著者・フェルド医師の“カップル集中カウンセリング”コースに申し込むことに。アーノルドは反対するも、いつもは従順な妻の強い意思に渋々つき合うことになり……というストーリーです。

はたして熟年夫婦の行く末は……? ストーリーはもちろん、大物俳優ふたりの掛け合いにも注目したい一作です。Amazon prime videoなどで視聴可能。

夫婦やカップルのあり方や本当の幸せとは何か、そのヒントが詰まった3作。ひとりで、あるいはパートナーと一緒にこれらの映画を鑑賞し、この機会に改めて相手との関係や自分自身の思いなどを見つめ直してみるのもいいかもしれません。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

コロナ禍の今だからこそ…「結婚」「夫婦」がテーマの映画3選

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています