川原好恵のランジェリーコラムVol.59

注目色は“ミモザ”のようなイエロー…! 2019年春のトレンド下着

注目色は“ミモザ”のようなイエロー…! 2019年春のトレンド下着

「川原好恵のランジェリーコラム」
の連載一覧を見る >>

この春注目のカラーはイエロー

すっかり春めいて、いろいろな花が咲き始めましたね。中でも、黄色の房状の花を咲かせる「ミモザ」は、その可憐な姿と鮮やかな色がひときわ目を引きます。

今春は、ランジェリーの世界でも、このミモザのような鮮やかなイエローがトレンドカラー。ヨーロッパのインポートブランドやオシャレな日本ブランドの新作には、必ず使われていると言っても過言ではないほど。ランジェリーでこれほど明確にひとつのトレンドカラーが打ち出されるのはめずらしいことです。

話は変わりますが、ミモザが満開となる3月8日は、国連が定めた「国際女性の日」。女性の自由と平等を掲げる日ですが、イタリアでは「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、男性が日ごろの感謝を込めて、母親や妻、会社の同僚などにミモザを贈るのだとか。そのため「ミモザの日」とも呼ばれているそう。ご存知のように、「#Me Too」運動に象徴されるように、昨今は世界中で女性の権利があらためて問われていますよ。そんな中、女性への感謝や尊敬を表現する花であるミモザの色が注目されているのは、偶然ではないような気がします。

きっかけが何であれ、イエローをまとえば心が弾みハッピーな気分になれそう。今春はいろいろな表情のイエローランジェリーがそろっているので、お気に入りを見つけて、下着から春のオシャレを楽しんでくださいね。

ミモザが売られている仏パリの生花店=川原好恵撮影

ミモザが売られている仏パリの生花店=川原好恵撮影

人気ブランドの伊勢丹限定色は“ミモザ”

isetan_casuca

人気のカップ付きインナー「アロマティック カスカ」が、伊勢丹新宿店のランジェリー売場「マ・ランジェリー」限定カラーを発売。その色名はズバリ“ミモザ”。さすが、スタイリストとしても活躍する安野ともこさんがデザイナーを務めるブランドらしい洗練された色です。カップのソフトワイヤーは締め付け感がないのに、美しいバストシルエットを実現。服に合わせて、3種類の形が選べるのも嬉しいポイント。見せてもキマるスタイリングインナーです。

シェルフロントミディアム20000円、ショーツ8000円/アロマティック カスカ(伊勢丹新宿店マ・ランジェリー)

大人の女性に似合う、イタリア生まれのイエローランジェリー

exlia

イタリアの老舗ブランド「エクセリア」。その確かな物作りと、イタリアンエレガンスを象徴するようなデザインが、このブランドの特徴。その老舗ブランドも今春はフレッシュなイエローをリリース。小花を散らせた愛らしいデザインなのに、どこか大人っぽくて、セクシーな雰囲気が漂うとこが、イタリアンランジェリーの奥の深さ。大人の女性にこそ似合う、イエローランジェリーです。

トライアングルブラ26000円、ソング13500円/エクセリア(マリー六本木)

バルセロナから届いたモードランジェリー

AS Georgette Milk Caramel

同じイエローでもベージュと組み合わせ、まるで肌の上に黄色の花を描いたようなレースに仕上げたのは、スペイン バルセロナのブランド「アンドレサルダ」。そのデザイン力はパリのランジェリー展で“デザイナー・オブ・ザ・イヤー”を受賞したほど。他では見られない個性的なデザインですが、決して奇抜ではなく、品のよさが感じられます。カップの内側にパテッド(裏打ち)があるブラとないブラ(ノンパテッド)があるので、好みでセレクトを。

ノンパテッドブラ30000円〜、パテッドブラ33000円、タンガ19000円/アンドレサルダ(パリスインターナショナル)

主力のパターンすべてでイエローを展開

chut!intimates

今春、ブランドが展開する主なブラジャーのパターンすべてでイエローを打ち出しているのが「シュット!インティメイツ」。豊富なバリエーションの中から、なりたいバストや好みの着け心地でブラジャーを選べます。脇からしっかり寄せるなら「プッシュアップ」、ナチュラルな谷間を目指すなら「シアーライトブラ」、フィットするブラを簡単に選びたいなら「ドレスイージーブラ」、気持ち良いノンワイヤーなら「クロスフィットブラ」がおすすめ。

上からプッシュアップブラ4800円、シアーライトブラ4800円、ドレスイージーブラ4800円、ドレスイージーブラ5500円、ドレスイージーブラ4800円、クロスフィットブラ4500円/シュット! インティメイツ(インティメイツ)

画家クリスフォード・スティルが愛したゴールドイエロー

maimia

昨年デビューしたブランド「マイミア」が、今シーズン提案するのは、20世紀アメリカの抽象表現主義のアートにインスパイアされたコレクション。このゴールドがかったイエローは、クリフォード・スティルという画家が愛し、繰り返し使ったことから、研究家に「クリスフォード イエロー」と呼ばれているアイコニックな色なのだそう。フランス製リバーレースを重ねることで、その艶やかさがさらに引き立つようです。

ストラップレスブラ15600円、レースボーイレッグ9600円/マイミア

華やかな春を存分に楽しめる3色使いの花柄レース

peachjohn1

peachjohn2

3色使いの花柄レースが華やかな春を想起させるセット。ブラのカップはパッドがないため、自然で抜け感のあるバストシルエットに。ブラ中央の編み上げデザインがアクセントになっています。細めのダブルストラップは、ネックラインからチラ見えしても下着っぽさがないから便利。サイドが細い華奢なパンティと合わせて、春らしさを満喫して。
PJ model’s EMMAブラ2980円、同パンティ1480円/ピーチ・ジョン

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この連載をもっと見る

川原好恵のランジェリーコラム

下着は、ボディラインを整えるだけではなく、女性に自信を持たせ、内面から輝かせてくれるもの。自分が素敵だと思う下着を選んで身につけることで心と体を自由にしてくれるアイテムです。ランジェリーライター・エディターの川原好恵さんに大人の女性にこそ着けてほしいランジェリーをテーマごとに紹介していただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

注目色は“ミモザ”のようなイエロー…! 2019年春のトレンド下着

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング