DJあおいの「私は仕事ができない。」task152

このまま出勤しなくていいんじゃない? コロナ禍で開いた新しい働き方の扉【DJあおい】

このまま出勤しなくていいんじゃない? コロナ禍で開いた新しい働き方の扉【DJあおい】

「DJあおいの私は仕事ができない。」
の連載一覧を見る >>

【今週のボヤき】

緊急事態宣言が明けて、弊社も来週から様子を見て出勤になりました。在宅勤務と併用なので、そこは柔軟でありがたいなあと思っているのですが、在宅勤務に慣れきってしまった体と心がついていけるのか心配です。在宅勤務で、会いたい人とは連絡を取っていたので、久しぶりに人に会えてうれしいとかもあまりないですし、会わなくて済む打ち合わせや会議はこのままでいきたいです。自粛期間明けの社会についていけるのか、不安です。

コロナ禍で一気に進んだこと

コロナ禍で唯一希望が持てたのはテレワークの促進ですよね。

今までは「I T後進国」なんて言われていたアナログ社会の中で、ハンコを押すためだけにオフィスに行ったり、紙の書類を何十枚もFAXする仕事に時間をかけていたり、何が議題なのかもよく分からない会議という名の上司の接待に付き合わされたり、マウントメスゴリラ同士の覇権争いに巻き込まれながらストレスを生産して、「Excel? PDF? なにそれ? プロレスの技?」という昭和脳の体育会系上司にストレスを生産していたわけです。

しかしコロナ禍によりいや応なくテレワークに対応せざるを得なくなった、ここで長らく止まっていたIT化の時計が一気に動き出したわけです。

不謹慎かもしれませんが、オフィスワークにストレスを感じていた人の多くは自粛期間中のテレワークを「なにこれ! 快適すぎる! パラダイス!」と感じていたでしょう。

これでアフターコロナは新時代に突入すると思いきや、困ったことに元通りの旧社会に戻したい偉い人が相当数いるようで「緊急事態宣言が解除されました! これでテレワークは終了! 来週からまたみんなで一緒に仕事しようね!」と召集令を発令するところも多く、すっかりパラダイスになじんでしまった人たちからは「元通りの世界に戻される方が緊急事態だよ! 地獄かよ!」という声もあったほどです。

コロナ禍で開いた新しい扉

べつにテレワークでできる仕事はそのままテレワークに移行すればいいじゃないですか、そのほうが満員電車の緩和に貢献できるし、都心のばかみたいにでかいオフィスも必要なくなり家賃も浮くし、その浮いた分を社員に還元すればモチベーションも上がりパフォーマンスも上がるし、パフォーマンスが上がれば業績も上がり会社もウハウハだし、幼いお子さんがいるママさんも活躍できるし、昼間はカフェで仕事もできて外食産業の活性化にもなるし、なんなら旅行先でも仕事ができるので観光産業にも貢献できるし、なにより仕事の悩みで最も多い「人間関係によるストレス」が緩和されるのが大きいんですよ。

仕事の悩みは仕事そのものよりも仕事の人間関係に頭を抱えている人が多いですからね。

テレワークによって不要な人間関係を最適化できるだけで、多くの人のストレスは半減できるはずなんです。

コロナが収束しても不要な人間関係の確執がなくならなければ結局は地獄じゃないですか。

せっかく開いた新時代の扉を閉められてなるものか。

おかしいものはおかしいと声を上げましょう。

今がまさに千載一遇のチャンスなんです。

今戦わないと、戦う機会を失ってしまいますよ。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この連載をもっと見る

DJあおいの私は仕事ができない。

そもそも「仕事がデキる」ってどういうこと? “人生のパイセン”DJあおいさんに、悩めるアラサー女子のボヤきにお付き合いいただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

このまま出勤しなくていいんじゃない? コロナ禍で開いた新しい働き方の扉【DJあおい】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています