「しなやかな人」ってどんな人ですか? 第三回 比嘉愛未さん

比嘉愛未「愛を与え、与えられる人に」何事にも誠実な生き方

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
比嘉愛未「愛を与え、与えられる人に」何事にも誠実な生き方

ウートピのコンセプト「しなやかに、生きる」。柔らかくて、優しくて、でもしっかりとした芯を持っている……そんな女性像を掲げてきました。しかし「しなやか」と聞いて思い浮かべるイメージは人それぞれ。そこで、さまざまな業界で活躍するみなさまに「しなやか」について伺いました。

あなたの想う「しなやかな人」ってどんな人ですか? 第三回目は「比嘉愛未、迷路に入り込んだときに背中を押してくれたもの「世間体や周りに惑わされすぎていた」」に登場していただいた、女優の比嘉愛未さんです。

shinayakahiga

しなやかさには「強さ」が必要

意思の強さを感じさせる、まっすぐな瞳がとても印象的な比嘉愛未さん。前回、30歳を迎えての思いを素直に語ってくれた比嘉さんが考える「しなやか」とは?

「しなやかに生きる女性を応援するサイトなんですか? ステキですね! 私もしなやかさにはすごく憧れているんです。

ただただ優しかったり、ほわっと柔らかいだけじゃなく、しなやかさには強さが必要じゃないですか。たとえば竹のような人と言ったりしますが、竹って、堅いですよね。でも風にもなびくし、どんな強風であっても対応しながら折れることがない。

芯の強い人が、本当の意味でのしなやかな女性なんじゃないかなと思います。さらに頑固すぎず、柔軟に向き合いながら、立ち続けられるのが理想ですね。

私、年が明けると毎年抱負を立てるんですけど、今年の抱負は、“純粋に、愛を与え、与えられる人になりたい”なんです。

人生のテーマでもありますが、今年は特に意識していきたいなって。家族や友だちだけじゃなくて、すべてのことに対して。何か残念なことが起きたとしても、自分の考え方、捉え方次第で好転していくと思うんです。すべてのことに対して、愛情を持って向き合って臨める人になりたいです。

自分自身にも愛情を持って。がんばるのはもちろんだけど、最近になってようやく、がんばり“すぎない”ということも意識できるようになりました。頑固すぎてもそれはただの石になってしまうので。そうしていくことが、しなやかさにもつながっていく気がします」

●WOWOW連続ドラマW 『本日は、お日柄もよく』で主演
最終話は、2月4日(土)夜10:00放送
リピート放送:2/6(月)夜10:00、2/7(火) 午後12:00、2/11(土・祝) 午前10:00

(望月ふみ)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

比嘉愛未「愛を与え、与えられる人に」何事にも誠実な生き方

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング