何気なく使っていたけど…機能がスゴイ「修正テープ」4選

何気なく使っていたけど…機能がスゴイ「修正テープ」4選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方ひとつで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

第58回目のテーマは、「修正テープ」です。何のこだわりもなく選びがちな修正テープですが、実は年々進化しているアイテムなんです!

軽い引き心地が最後まで続く&カチカチ音が少ない

ct_ca5c62_bd_180710

ペンケース_5mm

はじめにご紹介するのは、トンボ鉛筆の修正テープ「MONO AIR(モノエアー)」です。持ち運びに便利なコンパクトサイズながら、10メートルのテープが入っているので、たっぷり使うことができます。

ポイントは、テープの配給をコントロールする新機構「エアータッチシステム」が搭載されていること。使い切るまで軽い引き心地で消すことができます。また、テープを引くときの嫌なカチカチ音が少ないので、会議中など静かな場所でも気兼ねなく使うことができそう。

商品名:「MONO AIR」(トンボ鉛筆)
価格:250円(使い切りタイプ)、300円(詰め替えタイプ)(税抜)

上書きがスムーズ! 便利な「リバースモード」も

本体斜めs

引いて修正s

プラスの修正テープ「ホワイパーサーラ」。一番の特徴は、独自機構“ファインキーパー”を搭載していること。テープが浮いたり途切れたりするトラブルを軽減し、使い終わりが近づくにつれて引き心地が重くなるのを制御します。さらに、テープがペン先で削れにくく、サラサラときれいに上書きできる「薄さらテープ」を採用しているので、上書きするときに、テープが削れたり、剥がれたりといった煩わしさがありません。

また、文字を見ながら反対側から修正できる「リバースモード」が搭載されているので、「ここだけ消したい!」というときにピンポイントで修正可能。全長わずか7センチのコンパクトサイズに、12メートルのテープが入っていることも、うれしいポイントのひとつです。テープ幅は、色によって4ミリ、5ミリ、6ミリがあります。

商品名:「ホワイパーサーラ」(プラス)
価格:各250円(税抜)

クリーム色の修正テープは「Rollbahn」専用

500672-m-03-dl

500672-m-06-dls

500672-m-04-dl

限定デザインなどが人気を集めているリングメモ「Rollbahn(ロルバーン)」専用の修正テープ。「Rollbahn」のページは、クリーム色のため、白い修正テープで消しても、逆に目立ってしまうことも……。そんなとき、このクリーム色の修正テープを使えば、きれいに消すことができます。

「Rollbahn」の5ミリ方眼の罫線を消さずに修正できるように、テープ幅は4ミリに設定。ボディカラーはダークブルーやホワイト、レッドなどを展開しています。リングメモと一緒にぜひこちらの修正テープも手に入れたいアイテムです。

商品名:「ロルバーン 修正テープ」(デルフォニックス)
価格:各330円(税抜)

スタイリッシュな世界最小クラスの修正テープ

35262006

XS_修正テープ_Ls

35265006_d

とても小さい文房具シリーズ「XS」の 修正テープは、ほかの修正テープに比べて、格段にミニサイズ! わずか5センチの本体にテープが4.2メートル入った世界最小クラスの修正テープです。

また、ほかの修正テープとは違った、スクエア型のデザインもオシャレ。小さくてスタイリッシュなので、働く女性にもおすすめです。カラーも、ブルー、ピンク、ホワイト、ブラックの4種類から選べます。

商品名:「XS 修正テープ」(ミドリ)
価格:各280円(税抜)

まきの一言メモ

一見、地味なアイテムの修正テープですが、ボールペンなどの文房具と同様、日々進化しているアイテムのひとつです。もし、使っている修正テープに引っかかりなどを感じていたら、いろいろ試して自分にぴったりの修正テープを見つけてみてはいかがでしょうか?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

何気なく使っていたけど…機能がスゴイ「修正テープ」4選

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング