娘であり、妻であり、母である…映画『真実』で是枝監督が宮﨑あおいに抱いた確信

娘であり、妻であり、母である…映画『真実』で是枝監督が宮﨑あおいに抱いた確信

映画『万引き家族』で昨年、カンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)に輝いた是枝裕和監督による最新作『真実』が10月11日(金)に公開されました。是枝監督初の国際共同製作で、世界的な仏女優のカトリーヌ・ドヌーヴさんが主演を務め、その娘役をジュリエット・ビノシュさんが演じています。

映画は、国民的大女優のファビエンヌ(ドヌーヴさん)と、その娘で“女優になれなかった”リュミール(ビノシュさん)の母と娘のストーリーで、ファビエンヌがそれまでの女優人生の集大成として自伝本『真実』を出版したことから物語は始まります。

今回、日本語吹替版でビノシュさん演じるリュミールの声を担当し、洋画の吹き替えに初挑戦した女優の宮﨑あおいさんと是枝監督に話を伺いました。

「監督の中にはおばちゃんがいる」

——宮﨑さんは今回、洋画の吹き替えに初挑戦だったそうですね。どんなふうに準備をされましたか?

宮﨑あおいさん(以下、宮﨑):作品のDVDをいただいて、何度も繰り返し見ました。アフレコはどうしても文字を見ている時間が多いので、リュミールがどういう表情でそのセリフを言っていたのかが、目の前に浮かんでくるようにずっと顔を見ていましたね。ビノシュさんはチャーミングな方で、特に笑顔がすてきだなあと思いました。

191002wotopi-0162 2

——作品自体はいかがでしたか?

宮﨑:私は、お芝居でも女性同士のやりとりを見るのが好きなのですが、今回は「女優」という設定も絡んでくるので、普通の女性同士の話とはまた違うものが見えてきて面白かったし、女性の中にいる男性たちの優しいまなざしが印象的な映画でした。

是枝監督はどうしてこんなに女性の気持ちが分かるのだろうと思うのですが、前の取材でビノシュさんが「監督の中にはおばちゃんがいる」っておっしゃっていたらしく、「なるほど」と思いました(笑)。

是枝裕和監督(以下、是枝):周りに女性が多いんですよね。

宮﨑:監督と話していると、心の中を見透かされているような感じがします。人よりいろいろなものが見えているんだろうなあと思います。

是枝:気を付けます(笑)。

是枝「あおいちゃんには時々会いたくなるんです」

——日本語吹替版の製作にあたり、キャスティングにこだわったと伺いました。宮﨑さんをキャスティングした理由は?

是枝:4年ほど前、作詞家の松本隆さんの作詞活動45周年を記念したトリビュートアルバムの特典ディスクを作った際に、宮﨑さんに詩を朗読してもらったのですが、声の表現力が幅広いなあと思ったんです。それこそ少年からおばあちゃんまでの声を演じられる。

今回も、あおいちゃんなら、ビノシュとは年齢が離れているけれど、リュミールの妻である部分、母親である部分、娘である部分……娘だったら“あの母親”の娘である部分、一緒に暮らせなかった父の娘である部分を微妙なニュアンスの違いで表現してくれるだろうという確信がありました。

それと、時々会いたくなるんです。こういう機会にかこつけて(笑)。

191002wotopi-0054 1

——宮﨑さんは洋画の吹き替え初挑戦ということでしたが、演技プランなどはあったのですか?

宮﨑:もともと演技プランを作るほうではないので、今回に関して、台本を読んで、完成した作品がすでにあるので、そこから受け取るものをそのまま表現しました。

もしかしたら、プロの声優さんだったとしたら違うものを感じるのかもしれません。でも私は声のプロではないので、声は自分のままで、ビノシュさんの演じた役に想いがあれば表現として自然に変わっていくだろうなと思って収録に臨みました。

——普段の女優の仕事との違いはありましたか?

宮﨑:逆になかったんだと思います。自分でやる作業としては同じでしたね。

是枝:今回はスケジュールの都合で吹き替え監督を立てて収録しました。あおいちゃんのアフレコ収録は2日間と聞いていたので、2日目にちょっとのぞきにいこうかなと思っていたのですが、1日目の午後に「ほとんどNGがなくてもうすぐ終わりそうです」と連絡を受けて急きょ顔を出しました。宮﨑さんのアフレコは素晴らしく現場でも、こちらからも何も言うことはないなと思って「じゃあね」とあいさつをして終わりました。

191002wotopi-0062 2

女優は「変わった職業」

——「女優」がテーマの作品でもありますが、宮﨑さんにとって「女優」とはどんな職業ですか?

宮﨑:変わった職業だなあって思っているんですけれど、ずっとこの職業をしてきたので、あまり何も思わなくなってきたのかもしれないですね。

是枝:すごいよね。

宮﨑:スタッフや役者の皆さんと一つの目標に向かって頑張るのが純粋に楽しくて大変な日々もあるのですがみんなで「眠いね」って言いながらもお祭りみたいに作品を作っていくのがこの仕事の醍醐味(だいごみ)かなと思います。

確かに、つらいこともあるにはあるのですが、過ぎると全て忘れてしまうタイプなので、こういう性格でよかったなと思います(笑)。

191002wotopi-0217 2

「娘が自分史を書き直す物語」

——この映画のタイトルは『真実』ですが、「真実」って何だと思いますか?

宮﨑:真実って人それぞれなので、自分が信じたいと思ったものがその人にとっての「真実」になるんだと思います。

是枝:難しいよね。3回に1回くらい、この質問をされるのですが、毎回ちゃんと答えられないんです。

今回の話は、母親が書いた自伝が嘘(うそ)だらけと怒った娘が、里帰りをしたことで、自分で気付いていない嘘(うそ)や目を背けていたものに気付く。娘は自分が実家に帰ってきた本当の理由すら自分では気付いていなかった。その先に、彼女が自分と母親との関係における「真実」をどうやって手にするのかというお話で、リュミールが自分史を書き直す話でもあるんですよね。

今回、ファビエンヌが書いた自伝はリュミールから見たら嘘(うそ)ばかりかもしれないけれど、もしかしたらファビエンヌが本当は娘にしたかったことを書いているのかもしれない。そうしたかったという気持ち自体は真実なんですよね。そういう捉え方ができると母と娘はやり直すことができるのかもしれないですね。

re191002wotopi-0025 1

映画『真実』
10月11日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和 
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/ジュリエット・ビノシュ/イーサン・ホーク/リュディヴィーヌ・サニエ 
撮影:エリック・ゴーティエ
配給:ギャガ (C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA
公式サイト:gaga.ne.jp/shinjitsu/

■宮﨑あおいさん
ヘアメイク:スズキミナコ
スタイリスト:藤井牧子
衣装クレジット:ワンピース ¥86,000 ブランド問い合わせ共に サポートサーフェス TEL:03-5778-0017)

(聞き手:ウートピ編集部・堀池沙知子、写真:宇高尚弘)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

娘であり、妻であり、母である…映画『真実』で是枝監督が宮﨑あおいに抱いた確信

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング