荷物はなるべく軽くしたい…! 今年注目のA5スリムノートって?

荷物はなるべく軽くしたい…! 今年注目のA5スリムノートって?

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方一つで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

第40回目のテーマは、縦幅はA5だけど横幅がA5よりも狭い「A5スリムノート」です。携帯しやすいサイズと豊富なバリエーションで今年注目のアイテムです。

【関連記事】バレットジャーナルって知ってる? ノートとペン1本で始められる話題の手帳術

バリエーション豊富な元祖「A5スリムノート」

i19_cacre_1

s18_cacre_1

はじめにご紹介するのは、「A5スリムノート」を一般的にした「Ca.Crea(カ.クリエ)」シリーズ。糸かがり製本が採用されているので、ページがフラットに開いて書きやすく、読みやすいノートです。表紙の豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつ。

スタンダードなデビューモデルをはじめ、立ったままでもメモしやすいツインリングタイプ、スケジュール管理やToDoリスト作成に役立つテンプレートなど、自分に合ったスタイルで使うことができます。

Ca.Crea プレミアムクロス

Ca.Crea プレミアムクロス

s16_cacre_3

そのなかで、万年筆ユーザーにおすすめなのが、「Ca.Crea プレミアムクロス」。上質な紙を使っているので、インクが裏抜けしにくく、耐久性も抜群。高級感のある紙クロス表紙は、丈夫で汚れにくいのもうれしいポイントです。

商品名:「Ca.Crea(カ.クリエ)」シリーズ(プラス)
価格:180~680円(税抜き)

こだわりの紙とキュートなデザインが人気!

P1010991

P1020014

こちらも、糸かがり製本でフラットに開く「himekuri note(日めくりノート)」。薄いのにインクが裏抜けしない万年筆向き専用紙「トモエリバー」が採用されています。万年筆ユーザーならご存じの方も多いのでは。薄いけれど110ページと、ページ数が多いのもうれしいですね。

表紙を開くと折り返しがあるので、しおり代わりにすることができます。5mm罫線のシンプルデザインも良いですが、肉球ドットのねこバージョンも遊び心があってかわいい。日めくり付せんカレンダー「himekuri」と一緒に使いたいノートです。

商品名:「himekuri note」シリーズ
価格:980円(税抜き)

使うほどに味わい深くなる大人のノート!

GA017大

GA021_RO-BIKI NOTE4.5mm十字方眼_イメージ画像

お次は、使いこむほどにヴィンテージ感が増す「RO-BIKI NOTE(ロウビキノート)」です。クラフトペーパーを蝋に浸した蝋引き紙が表紙に使われているので、時間が経つとともに、色焼けやシワ感を楽しむことができます。落ち着いたカラーやイラストが大人向けです。

製本は、糸綴じノリ固めという手法が用いられ、縫い糸を隠さずにデザインとして見せているのもおしゃれ。製本強度が非常に強いので、360度折り返しても、長い時間が経過してもページが抜け落ちることがないそう。紙や素材好きな人におすすめです。

商品名:「RO-BIKI NOTE(ロウビキノート)」(山本紙業)
価格:390~450円(税抜き)
※パスポートサイズは350円(同)

リフィルを活用してカスタマイズを楽しむ!

ドット方眼_表紙

ドット方眼_中紙

トラベラーズノート_使用例

牛革素材のカバーとシンプルなノートリフィルがセットになった「トラベラーズノート」。しっかりとしたカバーが付いているので、好きなリフィルをセットして、自由に使いやすくカスタマイズすることができる人気のノートです。

リフィルは、万年筆でもにじみにくいオリジナルのMD用紙(ホワイト)をはじめ、クラフト用紙、画用紙、軽量紙があり、3月28日にはMD用紙(クリーム)+ドット方眼、水彩紙などの新リフィルが登場します。ほかにも、ケースやポケット、修理のためのリペアキットまで、多彩な周辺アイテムがそろっています。

商品名:「トラベラーズノート リフィル」シリーズ(トラベラーズカンパニー)
価格:300~900円(税抜き)
※「トラベラーズノート」(本体)は4000円(同)

これまでにない真っ白い罫線で読みやすい!

CIROstyle|フラットな開き

CIROstyle(2)

CIROシリーズ|白い罫線

お次は、「美しく読む」をコンセプトにした真っ白なノート「CIRO style(シロ・スタイル)」です。一番の特徴は、読むときに邪魔にならない白い罫線。ノートをジッと見つめて書くときは線を認識できますが、読むときには線が気になりません。

少し厚めの紙で、インクの裏写りがしにくく、万年筆ユーザーにもピッタリ。さらに、吸取紙「SUITO blotting paper」が付属しているので、ノートをキレイに使うことができます。188ページの大ボリュームなので、書くことを純粋に楽しみたい人におすすめです。

商品名:「CIRO style(シロ・スタイル)」(神戸派計画)
価格:2,800円(税抜き)

ストーリー性のあるイラストにほっこり!

ehonnote

KE-SP2-1N (2)

KE-SP2-1N (3)

最後にご紹介するのは、絵本のようなイラスト入りの「ehon note(エホン・ノート)」。最初から最後まで、ストーリー性のある一色刷りのイラストが描かれており、色を塗ったり、落書きしたり、眺めたり、開くのが楽しみになるかわいらしいノートです。

また、全183ページにノンブルが入っているので、バレットジャーナルにも最適。スケジュール帳にも、日記にも、アイデア帳にも、スクラップ帳にも、自由に遊べるノートです。

商品名:「ehon note(エホン・ノート)」(コクヨ)
価格:1,200円(税抜き)

まきの一言メモ

A5スリムノートはこれからますます人気になりそうなアイテムです。携帯しやすく、カフェのテーブルなど狭い場所でも開きやすいのが働く女性にピッタリ。しっかりしたノートを買ったけれど、かさばって使いにくい、重くて携帯しにくいという人に試してほしいノートです。今後はさらにバリエーションが増えてくると思うので、注目です!

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

荷物はなるべく軽くしたい…! 今年注目のA5スリムノートって?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング