「AVの罪、女性誌の呪い」第2回

期待される役割からおりてみない? 恋愛も仕事も自分がラクになるために必要なこと

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
期待される役割からおりてみない? 恋愛も仕事も自分がラクになるために必要なこと

雑誌やネットのニュースを見ると「モテるためのテク」「愛される女性になるために」「結婚できる女の条件」など、恋愛テクにまつわる記事やコラムが毎日のように掲載されていますが、「セックス」に関してもマニュアル化、定番化が進んでいるようです。

元AV女優で現在はソープ嬢として活動する長谷川瞳(はせがわ・ひとみ)さんの初の単行本『ヒアリングセックス』(角川書店)が10月19日に発売されました。

長谷川さんは元”中の人”として「AVで描かれるセックスが多くの方に思い込みや偏った認識を与えてしまっている。本当にいいセックスをできなくさせている“元凶”」と言い切ります。

AVで描かれるセックスの思い込みって何? 本当にいいセックスってどんなセックス? 長谷川さんに3回にわたってお話を伺いました。

【第1回】いつの間にか「こうしなきゃ」と思ってる…本当にいいセックスって何?

181012wotopi-0083

男性も女性も「イクのがゴール」と思い込んでいる

——前回は主に男性がAVに抱いている幻想や誤解について伺いました。本で書かれていた「オーガズムをセックスのゴールにしない」という部分が衝撃でした。「イクのがゴール」と思っている女性は多いと思うし、だからこそ「イケない私は変なのでは?」と思っている女性も少なくないと思います。

そんなことを思う必要はまったくないですよ。私もお客さんに対して「必ず2回イカせるぞ」と課していたんですね。せっかくいらっしゃった方には満足をしてもらいたいから。でも、イキたくない人もいるんですよね。

——そうなのですね。

体調が悪くてイケないときや立たないときは、体を触っているだけでも気持ちいいし。「イカせなきゃ」と思って頑張っているとそれが相手にも伝わっちゃって向こうも頑張っちゃう。せっかく来てくださったのに、残念な結果に終わってしまうんですね。

もちろん、なかには絶対にイキたいと言っていらっしゃる方もいるので、そういうときは頑張るんですが、男性も女性も必ずしも、イクのがゴールだと考えなくてもいいんじゃないかなって思います。

セックスは駆け引きの道具じゃないから…

——定期的に登場する女子同士の会話の一つに「早くヤラせすぎだよ」「もっと焦らしたほうがいい」という話があると思うのですが、長谷川さんはどう思いますか?

私はヤッちゃったほうがいいと思うんですよ。最初にヤッちゃったほうが、わかりやすいんじゃないかなって思う。でも、純情な男の子は、「こいつヤリマンなんじゃないかな?」と思うかもしれないから、推奨はしないんですけれど……。

私は、その人となりを知る一番早い方法はセックスだと思っています。だから、焦らすとか焦らさないとかはあまりいらないし、駆け引きもいらないと思います。

恋愛でも、例えば、相手に追いかけさせるために「メールを返さない」という”テク”があると思うんですが、本能のおもむくままでいいと思うんですよ。返したくなかったら返さなくていいし。

——自分の気持ちに正直に、ということでしょうか?

そうそう。やりたかったらやればいいし、やりたくなかったらやらなくていい。

181012wotopi-0121

——戦略的な言い方になってしまいますが、そのほうがうまくいく?

うまくいくというか、そのほうが自分が楽です。本当に自分が楽。戦略を練った結果、うまくいかなかった場合ってとても疲弊すると思うんですね。うまくいった場合も、ずっと戦略を練ってなきゃいけない。自然体の、自分が思ったままでいいと思うんです。

でも、相手への思いやりや気遣いは忘れてはいけなくて、自我を押し通すのではなくて、「こうやったら相手はこう思うかもしれないかな」と考える余白も必要だと思います。人を傷つけないというのは大前提ですが、その上で、自分を楽にしてあげるっていうのがすごく大事だと思う。

——もっと自分を楽にしてあげていいんですね。

楽じゃないから傷つけちゃう部分も出てくる。例えば、「頑張ったのに振り向いてくれなかった。あいつムカつく」のように恨みに変わっちゃって。自然にやって「この人とは上手くいきそうにないな。そういう運命だったのかな」だったら、恨まないじゃないですか。

——そうですね、無理すると「自分がこんなにしてあげたのに」と相手にも期待をしてしまいますね。

人に何も期待しちゃいけないし、傷つけることも言ってはいけないし、試しちゃいけない。試すというのは嘘をつくことと同じだから、嘘をつかれたほうはその人に対しての信用がなくなっちゃう。信用って貯金されていくものだと思うんですが、コツコツ貯めていた信用貯金が、一個の嘘でバーッとなくなっちゃうんですよね。

181012wotopi-0190

期待される役割を演じるのをやめたら楽になった

——セックスも仕事も日常の生活も「自分がやりたくないことはやらない、無理しない」ということでしょうか。

私も昔は無理するタイプだったんです。お酒も飲めないのに無理して飲んだり、その場を盛り上げるために頑張って「エロいことやって」と言われるとエロいポーズをとってみたりして。これが自分の役割なのかな、と思って頑張っていたんですが、気疲れがたまりすぎてあるとき全部リセットしたんです。

SNSもやめて友達と会う機会も少なくして、自分が好きなことだけをしたんです。映画を見たり、本を読んだり、走ったり……。すると、とても楽なことに気づいたんです。

181012wotopi-0176

——世間から求められる役を演じ続けていて無理がきちゃっていた?

昔は姉御キャラで人の面倒を見たり、パーティーの幹事を引き受けたり、率先して人を集めたりしていたんですが、やめたらすごく楽になりました。

——まわりからの期待に応えないことに罪悪感はなかったですか?

最初は、「アイツ変わったな」「付き合い悪くなったな」って言われるんですが、その人たちともう付き合いがなくなっていくんですよ。だから、そんなことも耳に入ってこなくなるから気にしなくていい。「嫌われる勇気」ですね。自分の好きなことを、自分が気持ちいいことだけをやろうという。

——「課題の分離」ですね。

仕事もそうだと思います。達成感が得られるような、やってよかったと思える仕事なら、大変なことがあってもそれほど辛くないんですよね。努力も努力と感じないというか……。

逆に、完全な頼まれ仕事だったり、「嫌だな」と思う仕事は、見返りを期待しちゃったり、「私はこんなにしてあげたのに」と思ったりしてしまう。それで期待が裏切られるとさらに怒りが湧いてきたり……。だから、断らないで疲弊していくよりは「嫌だな」と思ったら断っていいと思います。

181012wotopi-0078

※次回は10月25日(木)公開です。

(聞き手:ウートピ編集部・堀池沙知子、写真:宇高尚弘/HEADS)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

期待される役割からおりてみない? 恋愛も仕事も自分がラクになるために必要なこと

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング