結婚を機にしたこと・しなかったことは? 「ナシ婚」にまつわる最新事情

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
結婚を機にしたこと・しなかったことは? 「ナシ婚」にまつわる最新事情

ホテルで盛大に披露宴を行いたい人、少人数でカジュアルな式にしたい人など、結婚式の形態はさまざま。もちろん、「入籍はしたが結婚式はしない」という“ナシ婚”派の人もいます。

このたび、結婚式場選びの口コミサイト「みんなのウェディング」を運営する株式会社みんなのウェディングは、入籍はしたが結婚式はしない、いわゆる「ナシ婚」層の傾向把握を目的としたアンケート調査を行いました。調査の結果、ナシ婚の三大理由が「経済的事情」「セレモニー的行為が嫌」「おめでた婚」であることがわかりました。

挙式・披露宴をしなかった理由

img_162795_1

まず、挙式・披露宴を行わなかった理由について聞いたところ、「経済的事情(21.8%)」が最多となり、「セレモニー的行為が嫌(19.6%)」「おめでた婚(19.0%)」と続きました。

同社が行なった2017年の調査では「経済的事情」「セレモニー的行為が嫌」「結婚式以外のことにお金を使いたい」で、「おめでた婚(9.3%)」は4位でしたが、今年調査では3位となり、「結婚式以外のことにお金を使いたい(8.2%)」が4位にランクダウンとなりました。

なお、2016年までは、5年連続で「経済的事情」「セレモニー的行為が嫌」「おめでた婚」がナシ婚の三大理由でした。2018年はこれに戻ったと考えられます。

ナシ婚だけどやったこと

img_162795_2

「結婚を機に行ったこと」について聞いてみると、「結婚指輪の購入(65.5%)」が最多となりました。続いて、「身内だけの食事会(61.7%)」「LINEやFacebookなど、SNSで結婚を報告(52.8%)」が上位の回答となりました。

今後やってみたいことは?

img_162795_3

さらに、「結婚を機に、今後やってみたいこと」について聞いたところ、「結婚指輪の購入(48.6%)」「ハネムーン(新婚旅行)(48.6%)」「婚礼衣装で写真撮影(48.5%)」がそれぞれ40%を超える結果となりました。

また、ナシ婚層の結婚式以外のお金の使い道は、「新婚旅行(20.8%)」「貯金(18.8%)」「子供の養育費(15.6%)」となり、旅行や今後の生活に充てるという回答が多く見られました。

■みんなのウェディング「ナシ婚」に関する調査 2018 概要
アンケート方法:インターネット調査
アンケート期間:2018年6月8日(金)~6月9日(土)
対象者:既婚女性(全国/入籍して3年以内)
入籍しているが、挙式・披露宴両方とも行っておらず、
現時点でその予定はない20〜39歳の女性
有効回答数:316
年代:20〜24歳(16.8%)、25〜29歳(32.9%)、
30〜34歳(33.2%)、35〜39歳(17.1%)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

結婚を機にしたこと・しなかったことは? 「ナシ婚」にまつわる最新事情

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング