タピオカだけじゃない…! オシャレな「メイド・イン・台湾」の文房具

タピオカだけじゃない…! オシャレな「メイド・イン・台湾」の文房具

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方ひとつで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

第56回目のテーマは、「台湾の文房具」です。近年、海外旅行先として人気が高く、フードやスイーツも注目されている台湾。そんな台湾の文房具は、とても洗練されていてオシャレなんです。

スタイリッシュな文房具がそろう人気ショップ

シザーズ6.5

シザーズ6.5

ペーパークリップ

ペーパークリップ

ワイヤークリップ

ワイヤークリップ

TL012_imge

ナホ スタンプ

ナホ スタンプ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾で文房具ブームの先駆けにもなったショップ「TOOLS to LIVEBY(ツールズ トゥ リブバイ)」。オーナーは、広告やブランディングを手掛けるデザイナー夫婦で「古いものに新しさを見いだし、現代の感性でリプロダクトする」というコンセプトのもと、どこか懐かしいデザインの文房具を展開しています。

世界中からセレクトした文房具をはじめオリジナルブランドのアイテムは、どれもオシャレなデザイン。中でも、美しいフォルムのワイヤークリップは、働く女性におすすめです。書類をまとめるときにはもちろん、ノートや手帳のページを挟んだり、仕事をするのが楽しくなりそう。

ショップ・ブランド名:TOOLS to LIVEBY
価格:「シザーズ6.5(ゴールド)」2,700円「ワイヤークリップ」700円、「ペーパークリップ」1,200円、「スタンプ」各3000円など(すべて税抜)

ユニークなスタンプで手帳やノートを楽しく!

クリアスタンプ

クリアスタンプ

ハンディスタンプ

ハンディスタンプ

plain-handy-stamp11

次に紹介するのは、台湾の文具店「plain-tw」のオリジナルスタンプ。「Clear Stamp(クリアスタンプ)」は、切手や植物、鳥などがデザインされたフレーム内に、自分で文字やイラストを書き足すことができるスタンプです。

また、さまざまな手の形をスタンプした「Handy Stamp(ハンディスタンプ)」も、ぜひ使ってほしいアイテム。手のスタンプにちょこっと描き加えれば、コップを持ったり、ペンを握ったり、紙をつまんだり、手帳やノートに楽しい動きを演出してくれます。ほかにも、ユニークでかわいいアイテムがそろっているので、気になる方はチェックしてみてください。

商品名:「クリアスタンプ」「ハンディスタンプ」(直物生活文具)
価格:「クリアスタンプ」570円~680円、「ハンディスタンプ」510円(税込)

持ち運べる美しいガラスペン万年筆

Exif_JPEG_PICTURE

E1C2E65E-A323-4F58-9B8F-8FECC8D8CCD3

こちらは、台湾のジュエリーデザイナーが手掛ける文房具ブランド「雅流YachingStyle(ヤーチンスタイル)」のガラスペン万年筆「Dainty(デインティー)」シリーズ。インク壺がなくても、コンバーターからインク供給をすることができ、持ち運びに便利なガラスペン万年筆です。

ちなみに、「Dainty」とは、「優美な、上品な、繊細な」という意味。ガラスペンと万年筆が合わさったボディと、インクを散らしたような模様を施したキャップが美しい一本です。ピンク、オレンジ、パープルの3色を展開しているので、好きなカラーを選んでみて。

商品名:「Dainty」シリーズ(雅流YachingStyle)
カラー:ダリア(ピンク)、バレンシア(オレンジ)、ラベンダー(パープル)
価格:各24,000円(税抜)

台湾の情景が目に浮かぶボトルインク

IMG_1520

taiwannhuu

日本宣傳單瓶

“台湾のベニス”とも呼ばれる美しい街・淡水(ダンシュイ)で創業した藍染め屋「レンノン・ツール・バー」。同社から販売されているのは、藍染めの色合いを万年筆やガラスペンで楽しめる「ボトルインク 藍染め風」です。「紺藍(こんあい)」や「浅葱(あさぎ)」、「水色(みずいろ)」など、藍染めの色彩を堪能することができるインクです。

また、川面をイメージした「滬尾(ホベー)」、湖をイメージした「水沙連(スイサレン)」、山々をイメージした「合歡藍(ゴウカンアイ)」と、どれも奥深い色合いの「ボトルインク 台湾風」もおすすめ! インクを入れた万年筆を紙に走らせると、台湾の美しい情景を感じることができそうですね。

商品名:「ボトルインク」(レンノン・ツール・バー)
価格:各2,000~2,500円(税抜)

かわいいデザイン&機能性抜群なふせんシリーズ

インデックスふせん(ファンタジーサーカス)

インデックスふせん(ファンタジーサーカス)

インデックスふせん(時代の新秩序)

インデックスふせん(時代の新秩序)

ファンタジーサーカス-6

時代の新秩序-2

インデックスラベルふせん

インデックスラベルふせん

インデックスラベルふせん-3

台湾のデザイン会社「miccudo(ミクド)」のふせんシリーズです。「インデックスふせん」シリーズには、サーカスや天使、惑星、アリス、いたずら、小鳥、恐竜など、楽しいデザインがいっぱい! 日常使いの手帳やノートに貼り付ければ、見るだけでテンションが上がりそう。

また、働く女性には、ページインデックスとして貼り付けられる「インデックスラベルふせん」も使ってほしいアイテム。ミシン目が入っているのでインデックス幅が調整できるのがうれしいですね。

ショップ名:miccudo
「インデックスふせん(時代の新秩序など)」:880円(税抜)
「インデックスラベルふせん」:480円(税抜)

まきの一言メモ

文具業界でも3年ほど前から台湾ブームでMIT(Made in Taiwang)に注目が集まっています。繊細な感性や細かい丁寧な仕事など共通項があるせいか、台湾の人も日本の文房具が大好き。去年9月には台湾発の大型複合セレクトショップ「誠品生活」が日本上陸。今年の秋にも食雑貨セレクトショップ「神農生活」がフランチャイズ展開されます。台湾がぐっと身近になったこの機会に「MIT」を楽しんではいかがでしょうか?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

タピオカだけじゃない…! オシャレな「メイド・イン・台湾」の文房具

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング