川原好恵のランジェリーコラムVol.97

「ブラとショーツはセット」の“常識”が崩れ始めてる? 上下別コーデが増えている理由

「ブラとショーツはセット」の“常識”が崩れ始めてる? 上下別コーデが増えている理由

「川原好恵のランジェリーコラム」
の連載一覧を見る >>

「ブラとショーツのセット」を提案しないブランドも

「ブラジャーとショーツ、同じ色、同じレース、同じ柄で揃(そろ)えるのが下着のおしゃれの基本」と思っている人は多いのでは? 確かにほとんどの下着ブランドは上下お揃(そろ)いで商品展開していますし、ブラジャーとショーツをセットで販売しているブランドも少なくありません。

トリンプ・インターナショナル・ジャパンが今年6月に発表した「トリンプ下着白書 vol.20」によると、「ブラジャーとショーツはセットで購入しますか?」との質問に対し、

必ずセットで購入する 43.5%
時々セットで購入する 35.7%
あまりセットで購入しない 14.2%
まったくセットで購入しない 6.5%
*2019年9月トリンプHP調査(N=2,046)

という結果に。やはりセットで購入するのが主流であることが読み取れます。年代別に見ると「必ずセットで購入する」人は20〜24歳で62.3%、25〜29歳で61.6%にまで上り、年齢が高くなるほどそのパーセントは下がって50〜54歳では31.3%と約半分に。若い世代ほど、ブラジャーとショーツセットが定着しているのですね。

ただ、ここ最近「ブラジャーとショーツを自由に組み合わせて」「ブラジャーとショーツをあえてセットで提案しない」というブランドが出始めています。

ブラジャーとショーツを別の色でコーディネートした「エス バイ スロギー」の2019年秋冬カタログ

ブラジャーとショーツを別の色でコーディネートした「エス バイ スロギー」の2019年秋冬カタログ

同上

同上

例えば上記は、おしゃれな女性たちに人気のブランド「エス バイ スロギー」の2019年秋冬カタログのビジュアル。ブラジャーとショーツ同じ色があるのに、あえて違う色をコーディネートしています。

スロギーの新田真帆マネージャーはその趣旨について「昨今、ファッション好きの女性たちの間では、水着のビキニを上下別々の色や柄でコーディネートする姿が増え、『エス バイ スロギー』もよりファッション発想で楽しんでいただこうと、あえて上下別々の色でコーディネートしました」と解説。現在はブランド全体で自由に組み合わせられるような色構成になっているそうです。

ファッション発想で楽しむ「エス バイ スロギー」はミックスマッチでおしゃれに

その「エス バイ スロギー」の2020年秋冬アイテムがこちら。2色使いの1色と無地の色がリンクし、ミックスマッチで楽しめるようになっています。上下まったく別々の物ではなく、一部の色や素材など何かしら共通点を持たせるのがチグハグに見せないポイントのようです。

(上から)ノンワイヤーブラ5,000円、ブラレット4,500円、ハイキニ2,300円、ショート4,500円、カップ付きキャミソール6,000円/スロギー(トリンプ・インターナショナル・ジャパン)

(上から)ノンワイヤーブラ5,000円、ブラレット4,500円、ハイキニ2,300円、ショート4,500円、カップ付きキャミソール6,000円/スロギー(トリンプ・インターナショナル・ジャパン)

(上から)プッシュアップワイヤーブラ6,300円、トップ4,800円、ノンワイヤーブラ6,000円、ローライズチーキー2,500円、タンガ2,500円/スロギー(トリンプ・インターナショナル・ジャパン)

(上から)プッシュアップワイヤーブラ6,300円、トップ4,800円、ノンワイヤーブラ6,000円、ローライズチーキー2,500円、タンガ2,500円/スロギー(トリンプ・インターナショナル・ジャパン)

「ユニクロ」と「ブリンセス タム・タム」のコラボは無地×プリントで

あえて無地のブラジャーとお揃(そろ)いの色のショーツを出さず、柄物ショーツを提案しているのが、先日発売された「ユニクロ」とフランス生まれの人気ランジェリーブランド「プリンセス タム・タム」のコラボシリーズ。

ユニクロPR担当者によると「ブラはワンカラー、ショーツはプリントですが、あえて、身頃の生地やレース色はリンクするようにしているので、組み合わせて着用してもコーディネート感が生まれます。これまでのセットアップと比べると、選んだり組み合わせたりする楽しさが加わり、ランジェリーをまとう喜びを実感していただけると思います」とコメント。確かに、全18柄が揃(そろ)うと選ぶ楽しさが倍増。プリントもさすがフランスブランドらしくちょっと大人っぽい感じなのもいいですね。

ワイヤレスブラ ビューティソフト1,990円/ユニクロ

ワイヤレスブラ ビューティソフト1,990円/ユニクロ

ショーツはジャストウエスト、ヒップハンガー、ビキニ(オンライン限定)の3タイプで、それぞれ6柄がラインナップ。ショーツ590円/ユニクロ

ショーツはジャストウエスト、ヒップハンガー、ビキニ(オンライン限定)の3タイプで、それぞれ6柄がラインナップ。ショーツ590円/ユニクロ

「シュット!インティメイツ」はカラーに統一感をもたせ、選択肢に広がりを

同じ月に発売される商品のカラー展開に統一感を持たせることで、同じレースでなくてもコーディネートが楽しめる構成にしたのは「シュット!インティメイツ」。

ヘッドデザイナーの斎藤ゆかりさんは、その理由を「ストレッチの有無、透け感の有無、質感など素材に応じてショーツのデザインやシルエットを変えているのですが、同じカラーにすることでより多くのコーディネートバリエーションが楽しんでいただけるようになっています」と語ります。

7月発売 ドレスイージーブラ4,800円、ビキニショーツ2,200円、ビキニショーツ(バックレース)2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

7月発売 ドレスイージーブラ4,800円、ビキニショーツ2,200円、ビキニショーツ(バックレース)2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

7月発売 シアーライトブラ4,800円、ビキニショーツ2,200円、ストリングショーツ2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

7月発売 シアーライトブラ4,800円、ビキニショーツ2,200円、ストリングショーツ2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

8月発売 ドレスイージーブラ5,500円、ビキニショーツ2,500円、ストリングショーツ2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

8月発売 ドレスイージーブラ5,500円、ビキニショーツ2,500円、ストリングショーツ2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

8月発売 ドレスイージーブラ4,800円、ビキニショーツ2,200円、ビキニショーツ(バックレース)2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

8月発売 ドレスイージーブラ4,800円、ビキニショーツ2,200円、ビキニショーツ(バックレース)2,500円/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

多くの方はブラジャーを選んだ後、お揃(そろ)いのショーツを選ぶことが多いと思いますが、その選択肢は多ければ多いほどありがたいのでは? こうして並べるといろんな組み合わせができ、バストやヒップに合うのはもちろん、より好みに合った自分らしいコーディネートが楽しめますね。また、洗濯による傷みのスピードもブラジャーとショーツでは違うので、そのあたりを気にしなくていいのもうれしいポイントです。

ブラジャーとショーツはセットで……という概念を一回取り除いてみると、また新たな下着のおしゃれの楽しみ方が発見できそうです。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この連載をもっと見る

川原好恵のランジェリーコラム

下着は、ボディラインを整えるだけではなく、女性に自信を持たせ、内面から輝かせてくれるもの。自分が素敵だと思う下着を選んで身につけることで心と体を自由にしてくれるアイテムです。ランジェリーライター・エディターの川原好恵さんに大人の女性にこそ着けてほしいランジェリーをテーマごとに紹介していただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「ブラとショーツはセット」の“常識”が崩れ始めてる? 上下別コーデが増えている理由

関連する記事

記事ランキング