DJあおいの「私は仕事ができない。」task177

いつもの年末年始とは違うけど…心掛けたい「一人時間の過ごし方」【DJあおい】

いつもの年末年始とは違うけど…心掛けたい「一人時間の過ごし方」【DJあおい】

「DJあおいの私は仕事ができない。」
の連載一覧を見る >>

★DJあおいさんの新刊『結婚は「だから、好き」より「だけど、好き」。 』(幻冬舎)が発売中です!!

この前、友達と年末年始の話になりました。コロナ禍なのでお互い帰省はしないのですが「休みに何をしていいかわからない」と言ったので「この機会に映画を見たり、本とか読んでみたら?」と何気なく言ったところ「あなたはパートナーもいるしやることがあっていいよね。一人で過ごす私の気持ちはわからないよ」と言ってきてびっくりしてしまいました。私はパートナーがいるとは言ってもお互い一人で暮らす時間を大事にしています。パートナーや家族がいるからというのはあまり関係ない気もしたのですが、これ以上何を言っても聞く耳を持たないと思ったので黙っていました。もう何も言わないほうがいいのでしょうか? また、この機会にあおいさんに一人時間の過ごし方を聞きたいです。

年末年始だからと言って生活リズムを崩さない

聞く耳を持たない人というのは自分の話を聞いて欲しい人ですからね。

その友達はきっと一人時間の上手な過ごし方を聴きたかったのではなく、独り身である自分の泣き言に同調してほしかっただけでしょう。

下手にアドバイスなんかした日には逆ギレして負のエネルギーで攻撃してくるセンチメンタルヤクザなので、精神的なソーシャルディスタンスを広めに開けて適当にお付き合いすることをお勧めしますよ。

さて、今回の年末年始は新コロさんのせいで帰省できない人も多いと思います。

それでなくても年末年始のテレビはつまらないし、かといって気軽に外出することもできない、暇を持て余して食っては寝て、飲んだくれては寝て、生活リズムを崩して夜型にジョブチェンジをして、起床時間は日も傾きかけた夕方、怠惰で空虚な毎日を繰り返し、身に付いたものと言えばぜい肉だけ、そんな世捨て人のような年末年始にしないためにもある程度の自制は必要になりますね。

まずは生活リズムを崩さないことが重要、そのためには就寝時間と起床時間は厳守です。
適正な時間に眠くなり、適正な時間に目が覚めるような生活にしなければならないわけですが、そのためには2種類の「一人時間の過ごし方」を心掛けてください。

2種類の「一人時間の過ごし方」を心掛けよう

ひとつは交感神経に作用する一人時間の過ごし方。

これは自分を活動的にする過ごし方であり、代表的なものと言えば朝日を浴びるとか、軽い運動をするとか、簡単に言えば脳を覚醒させるものですね。

朝起きたらとりあえずカーテンを開けて朝日を浴びながら優雅に朝食でも取ってください。

そしてより活動的になるために軽めの運動をして脳を覚醒させること、部屋の掃除や片付けなんかもいいかもしれません。

お日さまが出ている時間帯はなるべく交感神経に作用するような活動的な一人時間を過ごすことです。

そしてお日さまが傾きかけてきたら次第に副交感神経に作用するような一人時間に移行してください。

副交感神経に作用することとはリラックスできること。

読書や音楽鑑賞、お風呂にのんびり入ったり、深酒しない程度のアルコールを嗜(たしな)んでみたり、あまり刺激的ではない映画を観賞するのもいいかもしれません。

活動的な昼間からリラックスモードに移行することで、適正な時間に眠気が襲ってくるでしょう。

活動的な交感神経とリラックスモードの副交感神経、この二つの一人時間を過ごすことができれば、自律神経を乱すことなく健全健康な年末年始になるはずですよ。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この連載をもっと見る

DJあおいの私は仕事ができない。

そもそも「仕事がデキる」ってどういうこと? “人生のパイセン”DJあおいさんに、悩めるアラサー女子のボヤきにお付き合いいただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

いつもの年末年始とは違うけど…心掛けたい「一人時間の過ごし方」【DJあおい】

関連する記事

記事ランキング