『欲が出ました』発売記念企画

「この世界のいろんなところにしっぽが出ている」ヨシタケシンスケが探すアイデアのかけら

「この世界のいろんなところにしっぽが出ている」ヨシタケシンスケが探すアイデアのかけら

絵本作家、イラストレーターとして活躍中のヨシタケシンスケさん。発売したばかりの新作は、大人のためのイラストエッセイ『欲が出ました』(新潮社)です。このエッセイのもとになっているのは、ヨシタケさんが普段から持ち歩き、思ったことをかきとめるスケッチ帳。このスケッチ帳から絵本のアイデアが生まれることも多いんだとか。そんな大切なスケッチ帳から、選りすぐりのイラストをエッセイで解説した今作。今回は、その第二章「親子そろって、欲が出ました」の一部を特別に公開します。

書影『欲が出ました』

次男は

p063

次男は、とにかく甘いものを食べるのが好きなので、事あるごとにお菓子をたべていいかっていう、許可をもらいに来るんですよ。
 
ハイチュウたべていい? 
ハイチュウたべていい?って。

さっき、たべたじゃんっていうのに、それでも、一回一回交渉しに来る。
勝手にこっそりたべたりしないのが、律儀なところで、毎回ちゃんと許可を得ようとする。承認欲ですかね。そこが面白くて描きました。

大きなものを持つと

p068

大きなものを持つと人は(主に子ども)ちょっと興奮する。特にちっちゃい子がそうなんだけど、何か長ーい棒とか持つと、おおーってなりますよね。体がぶるんぶるんとして、大きいものを持つのって楽しいんですよ。

運動会で、校庭に自分の椅子を持って行ってくださいと言われたときに、椅子持って歩くのもちょっとわくわくするでしょう。普段持たないものを持つと、興奮しませんか。

大きな机を二人で両端持って動かしたりするのも、ちょっと楽しかったりする。待って待ってとか、一回置こう一回置こうとか、声を掛け合ったりして。ああいうやり取りって、何かいい。一人でもできるけど、人が二人いて、いいなって思う瞬間がたまにあります。

二人でシーツをたたんだりすると、ああ、やっぱり二人って便利だわって思う。大きなものを運ぶときに反対側を持ってもらうと、すごい! 人って最高! みたいに嬉しい。

何も愛だ、恋だ言わなくても、シーツをたたむためだけで、二人で暮らしてもいいんじゃないか。夫婦が一緒にいる理由は、大きなものがたたみやすいってだけで、十何年連れ添ってもいいわけですよ。

そんな人間の体の仕組みから、愛を取り戻すって方法もないわけじゃないな、という思いもあります。話が予想外の所へ来ました。

やさしくそーっとひっぱると

p074

ズズズズ。やさしくそーっとひっぱると、しっぽのもちぬしの正体を見ることができる。らんぼうにひっぱると、しっぽはきれちゃうけど。

ちょっと絵本っぽいでしょう。こういう始まりっていいなと思って。ここまでしか描いてないんですけど。

よーく見ると、この世界のいろんなところに、しっぽが出ている。普段、僕が、どんどんスケッチを描きためてるのって、まさにこういうことなんじゃないかなと。その気になって探すと、いろんなところに面白いもの、何か世界の秘密みたいなものが、転がってるんですね。塀の隙間だったり、サラリーマンのおじさんのYシャツの端っこだったりとかに。

それをらんぼうにひっぱると、ただそれだけで終わってしまう話なんだけど、よーく考えてひっぱると、何でこの人こんな服着てるんだろうとか、何であの人はあの後ろ髪の長さでいいと思ったんだろうとか、アイデアのかけらになる。

何でこの子は何回言っても忘れ物しちゃうんだろうみたいな、小さい小さいことの中に、その人らしさだったり、人間らしさだったり、世界の秘密や、人類の癖みたいなものってあるはずで、そういうしっぽを一個ずつそーっとひっぱって、こいつのしっぽだったんだみたいなことを、見つけてみたいんです。

しっぽってこういうところにあるんだぜとか、こういうふうにひっぱると怒るんだぜとか。一個ずつ集めていけたら僕は面白いし、俺こういう新しいしっぽ見つけたんだけど、すごい長かったのにひっぱったら結構本体がちっちゃくてがっかりしたよ、みたいなことを、みんなで寄せ集めて、しっぽ図鑑を作って楽しんでいけたら、平和だなあと。

幸せのなり方とか、つらいことの忘れ方みたいなことも、多分そういういろんなしっぽの先についてるんじゃないでしょうか。

それはほっとくと、しっぽでしかないけれども、実際は大きなものの一部であり。じゃあ、そのしっぽからそれぞれが何を読み取るか。

それを丁寧に手繰り寄せるのは自分だし、その本体から何を読み取るかも、自分のセンスだったり努力だったりする。でも、何度もひっぱってると、そのうちうまくなるんです。俺、こういうのが好きなんだとか、こういうことが許せないんだとか、これをやってると楽しいんだみたいなことが案外わかってくる。

しっぽ探しは、いつでも始められるし、いつでもやめられるし。で、そこからその人にとって面白いと思うものが見つけられるよというのが、とても救いのある楽しいことなんじゃないでしょうか。

*   *   *

続きは絶賛発売中の『欲が出ました』でお楽しみください。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「この世界のいろんなところにしっぽが出ている」ヨシタケシンスケが探すアイデアのかけら

関連する記事

記事ランキング