私みたいなのが…って口ぐせの人に「そんなことないよ」と言ってはいけない理由

私みたいなのが…って口ぐせの人に「そんなことないよ」と言ってはいけない理由

心配に見せかけたイヤミで対抗

自虐自慢をする人の攻略ポイントは、最初の「自虐」部分にあります。ここをフォローするからおかしくなるのです。相手のウソの自虐をそのまま真に受けて、むしろ心配してあげましょう。

「俺みたいに数字に弱いヤツが、営業なんか……」
「確かに。昔からほんとに数字弱いもんな。ちゃんと勉強しなよ」

「童顔なのがコンプレックスで。仕事の席とか……」
「うん、確かに童顔かも。かわいそう。いい化粧品教えてあげようか?」

「全然休めなくて社畜ですよ、これじゃ。みんな俺に……」
「え、だいじょうぶ? 健康診断とか行ってる?」

このように、後半の自慢部分は無視して、自虐部分を真に受ける。心配して、アドバイスする。そうすれば、相手としてみれば思惑が外れて、目を白黒させるはずです。

さらに、この言い返し方であれば、あなたはあくまで「心配」しているフリができるので、周囲にも角が立たず一石二鳥。相手は「いやまあ大丈夫なんだけど」と、スゴスゴと引き下がってくれるはずです。

「自虐に見せかけた自慢」に対しては「心配に見せかけたイヤミ」で対抗するのがオススメです!

▼▼▼自虐トークをしてくるヤツは▼▼▼
実は… 承認欲求の塊
NG… フォローしてもほめても、無限に続く
OK… 自虐部分を逃さずにたたく

(五百田達成)

1
2
SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

私みたいなのが…って口ぐせの人に「そんなことないよ」と言ってはいけない理由

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング