TUDUM Japanレポート・中編

満島ひかり&佐藤健の登場にファンのすすり泣き…Netflixが贈るプレミアム作発表イベント【TUDUM Japanレポ中編】

満島ひかり&佐藤健の登場にファンのすすり泣き…Netflixが贈るプレミアム作発表イベント【TUDUM Japanレポ中編】

Netflixがついに日本ドラマに本腰を? 豪華ラインナップに胸高鳴る!

9月25日に行われた『TUDUM(トゥドゥム)』。動画配信サービス『Netflix』の年末年始、そして来年再来年へと向けた新作ラインナップを発表する、大型イベントです。出演者たちもステージへ登壇するという、華やかな催しにドラマオタクの私、小林久乃がお邪魔をしました。普段は地上波のドラマばかりを見ているので、どのような世界観がそこにあるのだろうかと、高鳴る胸。決して動悸ではありません。

確かにNetflixが今後私たちに提供してくる作品のラインナップはすごいのです。山﨑賢人&土屋太鳳主演の『今際の国のアリス: シーズン2』(2022年12月22日配信)。役所広司主演の原子力発電所事故を描く『THE DAYS』、宮藤官九郎&大石静脚本による『離婚しようよ』、有村架純主演『ちひろさん』(すべて2023年公開予定)など。

ほかにもアニメ、韓流ドラマなどのリリースもありますが、全般的に日本ドラマに本気を入れてきているのが、ひしひしと伝わってくるラインナップではありませんか。今回は11月24日に配信予定『First Love 初恋』について、そしてイベント当日の様子をレポートします。

この秋は『First Love 初恋』であなたの純度が高まる

『First Love 初恋』はタイトルが示すとおり、純然たるラブストーリーです。キャビンアテンダントを目指している野口也英(満島ひかり)は、不慮の事故にあい、想像もしていなかった運命をたどることに。そんなさなか、出会って恋に落ちていくのは航空自衛隊の並木晴道(佐藤健)。制服を着た学生時代に出会い、20年以上をかけて恋を育んでいく物語です。もうあらすじの端々を書くだけで、甘酸っぱい気持ちが込み上げてくるよう……。

この作品を彩るのは宇多田ヒカル『First Love』と、19年後に発売された『初恋』。タイトルだけで、胸に響く何かがあるのは『First Love』が昔夢中になって見ていた『魔女の条件』(TBS系列・1999年)の主題歌のせいでしょうか……。思えば『初恋』も『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系列・2018年)で挿入歌に。いずれにしても、時代が流れてもラブストーリーには欠かせない二曲。放送済みのドラマでは絶妙なタイミングで流れてきていたので、今回も物語を盛り上げるフックになるはず。

他にも濱田岳、向井理、井浦新、夏帆と突然、大河でも始まりそうな俳優陣が出演。中でも私が注目している出演者が、小泉今日子さん。也英の人生をさらに狂わせるという、母親役。彼女が演じる役はパブリックイメージの明るさからくるのか、いつだって気持ちがいい。見る側をひとつも裏切りません。最近は演技を見られる機会も減っているので、今回は12月22日の0時に待機して見たいほどです(多分)。

主演二人の登場にすすり泣くファンの泣き声が……

さてステージにお出ましになったのは、主演の満島ひかりさんと佐藤健さん。実は私、佐藤さんの公式LINEを登録しておりまして、常日頃から大変お世話になっている身分。と申しますのも、ファンだから追加したわけではなく圧倒的人気者のLINEはどのような世界なのだろうと、興味半分で始めました。驚いたことに、地震や台風など災害時には毎度、家族、彼氏、友人よりもいち早くLINE送信をしてくれるのが“佐藤健”。あまりのホスピタリティーに感動してやめられなくなりました。この日も佐藤さんから登場直前に「でるよ」と、会場の中継URLが。思わず「いるよ」と返信してしまいそうに……。

満島さんとの共演を楽しみにしていたという、佐藤健

満島さんは白の光沢感のある素材のドレスに、オンザ眉のヘアスタイルで。とにかくかわいい。隣の佐藤さんはシンプルなグレーのジャケットに、黒のタートルネック。一見するとアンバランスに見えるのですが「動」と「静」を、二人そろってうまくまとめている印象。会場も明らかに「ほーっ!」と圧倒されています。

この日は海外からそのまま会場入りしたという満島ひかり。疲れた表情を見せずにこの笑顔

二人が登壇した瞬間、客席から女性客のすすり泣く声が聞こえてきました。何事だろうと目を向けると、おそらく肉眼の佐藤さんに感動していたのでは……? と思います。そうだろう、そうだろう。二人レベルになると、なかなか簡単には会えません。近所で遭遇するというのも難しいし、ましてやアイドルのようにコンサートがあるわけではない。作品からご尊顔を拝むより、推しに会える手段がないのです。生のパワーというものをファンの涙から察して、なぜか私まで目が潤みました。

作品のトークだけで乗り切ると思いきや、なんとサイコロトークがスタート。どの面が出てきても、自身の恋愛あれこれを話せという指令が。ファンが一番気になったのはおそらく「今の恋」。

包み隠さず話すと、ちゃんと企画に乗ってくる満島さんは「カップルのような恋は最近ないけれど、おいっ子に恋をしている」そう。

なんだろう、他の演者さんだと「出たよ〜、かわいい発言!」と突っ込んで終わるのに、満島さんが言うと「そうですよね」と納得。あのそこはかとない明るさと笑顔はやはり武器。

ちなみに佐藤さんも今の恋について話すタームが回ってきました。(ここでいきなり結婚発表とか言い出したらどうしよう)と、巡ってくる緊張感。

まさかそんな配慮のない発言はなく

「也英に恋しています」

と、イケメンコメントで周囲にぐうの音も出させずに終わりました。気になったのは、終盤のマスコミ撮影タイム。一瞬だけ、二人が会場に背を向けてバックショットになる瞬間があったのです。いや……後ろ姿まで美しかった……。あの姿を思い出して、しばらくは私も生きていけそうです。レポートは後編へ。

巨大なサイコロを常に主役自ら抱えて、カメラに向けていた佐藤の姿に場内の女子が胸熱に

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

満島ひかり&佐藤健の登場にファンのすすり泣き…Netflixが贈るプレミアム作発表イベント【TUDUM Japanレポ中編】

関連する記事

記事ランキング