“伝説のマネージャー”田島未来さんインタビュー・第1回

向井理に背中を押されて、私はマネージャーという仕事を辞めた。

向井理に背中を押されて、私はマネージャーという仕事を辞めた。

俳優の向井理さん、波瑠さんらを見いだした敏腕マネージャーとして知られる田島未来(たじま・みき)さんは、現在42歳。3人の子育てに追われながら、湘南で芸能プロダクションを経営しています。『向井理を捨てた理由』(マイナビ)の著書もある田島さんですが、29歳のとき結婚・出産を機に仕事を辞め、その後10年間、キャリアとしては空白の期間を持ちました。

再び芸能の世界に戻った現在は、10代から共に過ごした俳優・酒井美紀さんを中心に、さまざまなタレントをマネージメントしながら、キッズタレントの育成にも力を入れています。

田島さんとは、どんな人物なのか。第一線でバリバリ働いて築いたキャリアを、若くして手放したのはなぜなのか。そして再始動した理由は?

「今の私だからできる仕事をするために」――情熱的に、かつ軽やかに毎日を生きる田島未来さんのインタビューを全4回でお届けします。

向井理さんとの出会い

——2012年に『向井理を捨てた理由』という著書も出されています。田島さんの芸能マネージャーキャリアの中で、大きな位置を占めている向井さんとの出会いから、教えていただけますか?

田島未来さん(以下、田島):雑誌で、一般の方のイケメングランプリのような特集をパラパラ見ていたんですよ。向井君は4位くらいだったのかな。見た瞬間にピンときて、すぐに編集部に問い合わせたんですが、何も教えてもらえなくて。でもその雑誌に、「よく行くスポット」として、行きつけのお店のバーの名前が載っていたので、よし、ここへ行ってみよう、と。そこがたまたま、当時自分が住んでいた場所から近かったんですよね。

行ってみると、店員さんが中から扉を開けてくれたんですが、それが、向井君でした。一目で、彼が芸能界で活躍するビジョンがパーッと見えたような気がして、「絶対うちの事務所に所属してほしい」と思いました。人としてどんなタイプの方か、働いている姿、接客での言葉選びなどを確認しながら、向井君が近くに来た時にオーダーもするようにして、最後に素性を明かしました。すでに芸能事務所に所属していないか、芸能の仕事に興味はないか確認して、帰りがけに電話番号を教えてもらいました。

——向井さんはすぐにOKしてくれたんですか?

田島:翌日にすぐ電話して、その次の日に直接会って口説いたのですが、本人は、はじめは断ろうと思っていたみたいです。でも、こんな仕事をさせたい、あなたは絶対にこうなる、と妄想を語り続ける私の熱意が通じたようで、OKしてくれました。実は、当時私が勤務していた事務所には女性タレントしか所属していなくて、男性タレントを扱う許可はまだもらえてなかったんですよ。でも、向井も、事務所も絶対に説得してみせる、という自信がありました。本当に、それぐらいの逸材だと思ったんです。

——向井さんにオファーされる仕事の選別は、どのような基準で行っていたのでしょうか。

田島:私にとって、それがきっちりとイメージができるかどうか、というところでしょうか。例えば、一度、朝ドラのオファーがあったんです。でも、その時にはどうしても作品のイメージができなかった。私が曖昧な状態のまま、向井をその現場に委ねるわけにはいかない、と思いました。かなり迷いましたが、自分の軸をブレさせたくなかったので、その仕事はお断りさせていただきました。その後向井は『ゲゲゲの女房』(2010年)で水木しげるさんの役を射止め、出世作として残ることになりましたから、その思いとタイミングは間違っていなかったな、と今でも思っています。

210126wotopi-0153

マネージャーという天職から退く…背中を押したのは向井理だった

——向井さんは押しも押されぬスターへと成長しました。そんな中、田島さんは結婚、その後妊娠を機にマネージャーの仕事から引退を考えるようになったとか。どんな心境だったのですか?

田島:向井は俳優としてこれからピークを迎えるだろう、そう想像していました。彼と過ごした数年間で、私がやりたかったマネージメントは、すべてやり切った、そう思えたんです。28歳の時に結婚して、妊娠をして、その思いはさらに強くなりました。マネージャーという仕事はやっぱりハードで、当時は育児と両立をしている人はほとんどいなかったんです。だから事務所からも、「今後のロールモデルとして、子育てをしながら続けてほしい」と言われたのですが、私としてはありがたいと思っていましたが、どんな条件をいただいても仕事を続けるつもりはありませんでした。

——キャリアが途絶えてしまうことに、迷いはなかったのでしょうか?

田島:自身がちょっと寂しい思いをすることが多い幼少時代だったので、子供とは離れず一緒にいたいという希望を持っていました。でも、みんなが口々に「もったいない」と言うんです。だから本当に、人生で一番迷いました。私の人生の選択を皆、理解してくれない。これまで迷うことなく過ごしてきましたから、そうやって揺れ動いている自分自身にもイライラして……つらかったですね、とても。誰かに自分の選択は正しいよって言ってもらいたかったんですよね。

——田島さんは揺れ動きながらも、育休を経て、マネージャーへの復帰はしないことを宣言。最終的な決定には、どのような経緯があったのでしょうか。

田島:育休中は、会社にもタレントたちにも答えを伝えていませんでした。いよいよ育休が終わって、結論を出さなくてはいけなくなって……。ついに向井君本人に相談してみたんです。正直に、復帰することを迷っていると伝えました。すると向井君は、こう言ってくれたんです。

「お子さんとの時間は今しかないし、かけがえのない宝物だと思う。今はその時間を大切にしてほしい。数年前の俺なら、辞めないで、と言ったかもしれない。俺のことは心配しないでください。大丈夫!!」と。

私は、こう言ってくれる人を待っていました。仕事を辞めるという決意、最後の背中を押してくれたのは、向井理その人だったんです。

——向井さんとは、今、どんな関係ですか?

田島:その後は何度か湘南の主人のお店に来てくれたり、何回かは会っていましたよ。でも、忙しい人ですから、しょっちゅう連絡を取り合うということはありませんが、誕生日にはLINEをしたりたまに近況を連絡したりはします。

※第2回は2021年3月2日(火)公開です。

(取材・文:山野井春絵)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

向井理に背中を押されて、私はマネージャーという仕事を辞めた。

関連する記事

記事ランキング