Mirai Forumイベントリポート第1回

「一つの時期に一つの仕事」という時代ではない ミレニアル世代の働き方

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「一つの時期に一つの仕事」という時代ではない ミレニアル世代の働き方

残業時間のカット、在宅ワーク、裁量労働制など。これまでの働き方とは異なる“新しい風”が職場に吹いてきたという人も多いのではないでしょうか。

11月21日「未来の働き方」について考えるイベント、Mirai Forumが、東京・日本橋にある「サイボウズ株式会社」で行われました。

Mirai Forumは、「働き方」や「オープンイノベーション」をコンセプトに、組織を支える企業の経営者や人事担当、仕事を通じて自分の可能性を拡げたい人が一緒になって日本の未来に破壊的イノベーションを起こそう!ということで立ち上がったプロジェクトです。

主催は「プロノイア・グループ株式会社」。以前ウートピの人気連載「日本一ちっちゃな働きかた改革」にもご登場いただいた、起業家兼作家のピョートル・フェリクス・グジバチさんが代表取締役を務める会社です。

登壇者に、経済産業省参事官の伊藤禎則さん、サイボウズで人事マネジャーを務める青野誠さん、スーパーイノベーターの沼田尚志さん、20歳の大学生起業家で2社を経営する仁禮彩香さんを迎え、パネルディスカッションが行われました。

これからの自己実現のスタイルとは?

世羅侑未さん

世羅侑未さん

まず、司会進行を務めたプロノイア・グループのコンサルタント、世羅侑未さんから、自己実現についての共有が行われました。

「プロノイア・グループでは、4つの段階を経て自己実現があると考えています。まず、自分を知る(自己認識)、そしてそれを他人と社会に開示する(自己開示)、その次に行動に移す(自己表現)、そして、実際に社会に価値を提供していくことで自己実現する」

そのうえで、自己実現のあり方がどう変わってきているのか。世羅さんはシンギュラリティ・ユニバーシティのカンファレンスで発表されたある話を紹介します。

「ステイシーさんという25歳の女性がいます。彼女は18歳の時にお兄さんと一緒に起業しました。彼女は、ミレニアルとしてこれからの働き方ってなんだろうというテーマでプレゼンを行いました。そこで、今まで人生の中で聞かれて居心地の悪かった質問が『大きくなったら何になりたい?』だと話したのです」

その居心地の悪さの正体は?

「大きくなったら何になりたいと言われてなぜ自分は困惑してしまうんだろう。彼女なりの整理を3つのスライドで説明してくれました。まず、おばあちゃんの時代。一つの仕事に就いて、引退するまでやり続ける。次に自分のお母さんの時代。一つではなくて、あるところで転職をして、出産・育児でキャリアの小休止をして、ひと段落したら復帰する。おばあちゃんの時代の時よりも少し働き方が変わっているけれど、一つの時期に一つの仕事だったことは同じだったのではないか。

それが、ステイシーさんの世代になると、彼女の場合、学校に行く前に会社を始めて、2つめの会社と同時に学校にも通って、学業に集中したい時は学校に専念して……と、一つの時期に2つも3つも同時並行させたりすることが普通になっています。

彼女はこの考察を通じて、とてもシンプルな結論を導きました。『(ミレニアル世代としての)私は、とにかくフレキシブルでいたいのだ(“I really just want flexibility!”)』と。ただ一つのもの、ただ『こうなりたい』というものを求めていくのとは少し、望みのかたちが変わってきているのです。そして一つ提案を行いました。『大きくなったら何をやりたいですか?』というのは、一つのジョブ、一つのことをやる前提ですが、そうじゃなくて『今あなたがすごく探求したいことって何ですか?』という質問に変えませんか、と」

自己実現のスタイルがものすごいスピードで変わってきている今の時代、どのような自己実現のスタイルがあるのか、社会や企業はどのようにそれを支えようとしているのか。次回から2回にわたって登壇者の話を紹介します。

(構成:ウートピ編集部、安次富陽子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「一つの時期に一つの仕事」という時代ではない ミレニアル世代の働き方

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング