提供:株式会社ファインズ

約100種類の逸品ワインが大集合 3.11復興チャリティ試飲会レポート

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
約100種類の逸品ワインが大集合 3.11復興チャリティ試飲会レポート

ウートピ・ワインラボ所長の浮田です。「飲みたいワインは自分で選べるようになりたい」というオトナの女性たちに向けて日々ワイン情報を発信しています。

今回は、前回に予告した「ファインズ チャリティ試飲会2017」の様子をレポートします。

photo1

100種類の逸品ワインが大集合

東日本大震災から6年目の3.11までちょうどあと1週間の3月4日、東京・恵比寿のイベントスペースで行われた「ファインズ チャリティ試飲会2017」に行ってきた。

このチャリティイベントはフランスを始め世界各地からファインワインを輸入・販売している株式会社ファインズが震災直後から毎年行っているもので、来場者の入場料と有料試飲、有料セミナーの料金は災害復興支援団体Civic Forceに寄付される。

photo2

7回目となった今年は「テロワールとの出会い 〜飽くなき挑戦をする生産者の饗宴〜」をテーマに、9つのワイナリーから11名の生産者が参加。いずれも逸品揃いの約100種類のワインが試飲ブースに並んだ。

来場したワイン愛好家は約300名。有料試飲のリストには〈ロマネ・コンティ1998〉〈シャトー・ラフィット・ロートシルト1995〉などといった超ド級のプレミアムワインも登場。いくつかの銘柄の試飲チケットは開場時間の3時間も前に売り切れたという。

photo3

女友だちと参加して

女性同士で来場したという2人に話を聞いた。

──どうやってこのイベントのことを知ったのですか?

Aさん(30代・女性):毎年参加しているという友だちから「こういう会があるよ」と教えてもらって。

──特に飲みたいワインや会いたい生産者があったのですか?

Aさん:名前を聞いたことはあるけど、飲んだことがないような有名な造り手さんのワインがたくさんリストにあったので、とにかく一通り飲んでみたくて。

──チャリティの会だという意識はありましたか?

Bさん(40代・女性):はい。それも参加したいと思った理由です。素晴らしいワインを飲むことができて、復興のお役に立てるのは素晴らしいことだと思います。

──参加してみて、入場料の5000円についてはどういう印象を持ちました?

Bさん:生産者の方と直接お話しすることもできて、すごく満足度が高いので、この値段は安いと思います。

日本のワイン好きは勉強家

来日した生産者の皆さんにも話を聞いた。

「アメリカでもチャリティイベントはたくさんありますが、ここまでインパクトのある会はなかなかないです。私もすごくやりがいがあるし、興奮しています」(ハイド・ド・ヴィレーヌ社長のジェイムズ・アイヤー氏)

ハイド・ド・ヴィレーヌは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者オベール・ド・ヴィレーヌ氏とカリフォルニアの名ブドウ栽培家、ラリー・ハイド氏の共同ベンチャーだ。

ハイド・ド・ヴィレーヌは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者オベール・ド・ヴィレーヌ氏とカリフォルニアの名ブドウ栽培家、ラリー・ハイド氏の共同ベンチャーだ。

「普段は私たちのワインを愛してくださる日本の飲み手の方に直接会うことはないですから、それだけでもすごく嬉しい機会ですよ」(チェレットCEOのジャコリーノ・ジッラルディ氏)

チェレットはバローロやバルバレスコで知られるイタリア・ピエモンテ州の名門。

チェレットはバローロやバルバレスコで知られるイタリア・ピエモンテ州の名門。

「日本のワイン愛好家の方はすごく勉強家で、ワインについての質問も細部にわたるので驚いています。ソムリエやワイン商の人たちよりも熱心かもしれませんね。それを知ったことはこの会に参加して得た大きな収穫です」(ドメーヌ・デュ・ノゼのシリル・ド・ブノワ氏)

ドメーヌ・デュ・ノゼはフランス・ロワール、サンセール地方の有力生産者。当主夫人は、先述のド・ヴィレーヌ氏の妹。

ドメーヌ・デュ・ノゼはフランス・ロワール、サンセール地方の有力生産者。当主夫人は、先述のド・ヴィレーヌ氏の妹。

「去年までは父が参加していましたが、今年から僕が代わって来ることになりました。直接消費者の方とお話しできる貴重な機会だし、世界中の造り手の方とこうして一堂に会するのもすごく刺激的です。イタリアでもこういうイベントをもっとやるようにしたいです」(マッツェイのエクスポートマネージャー、ジョヴァンニ・マッツェイ氏)

マッツェイはイタリア・トスカーナ州、キャンティで12世紀からワイン造りを行う老舗。

マッツェイはイタリア・トスカーナ州、キャンティで12世紀からワイン造りを行う老舗。

3時間半にわたるチェリティ試飲会は終始、笑顔と高揚感に包まれていた。「ワインは人をつなぐもの」という思いをあらためて強くしたイベントだった。

イベントの一環として行われた「ワインとチーズのマリアージュセミナー」も満員の盛況ぶり。講師はザ・チーズルーム・アカデミー副校長の村瀬美幸さんと「アピシウス」シェフソムリエの情野博之さん。

イベントの一環として行われた「ワインとチーズのマリアージュセミナー」も満員の盛況ぶり。講師はザ・チーズルーム・アカデミー副校長の村瀬美幸さんと「アピシウス」シェフソムリエの情野博之さん。

(写真=池田真理)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

約100種類の逸品ワインが大集合 3.11復興チャリティ試飲会レポート

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング