東京とパリを行き来しつつ、「日本とフランスの架け橋」として様々な活動をしている国際ジャーナリスト、ドラ・トーザンさん。彼女の著書『フランス人は「ママより女」
』が、小学館から出版されました。バカンスをたっぷり取るのにGDPが世界5位だったり、「結婚」という制度に縛られず、事実婚やパックス(共同生活)、一人暮らしなど多様なライフスタイルを自由に選択していたり、94年に1.66まで下がった出生率が、08年には2.02まで上昇したり。おまけに「不倫」にも寛容という、わたしたち日本人にはにわかに信じられないフランスの国民性(「フレンチ・パラドックス」)を、様々な切り口で紹介しています。

高度成長期以来の旧態依然とした「男性社会」に限界が来て、実は男性も生きるのが辛くなっているこの国で、女性がもっと活躍し自由に生きられるようになれば、お互いがもっと楽になるはず。ドラさんはそう著書で主張します。確かに、「自由」や「自立」を何より重んじるフランス人のライフスタイルは、私たち日本人にも学ぶべき点は多いはず。これからの日本で「自由」に生きるためのヒントを聞いてきました。

「自由」「平等」「博愛」の精神

――ご著書『フランスは「ママより女」』を読んで、「ああ自分は日本でなく、フランスに生まれるべきだった!」と思いました(笑)。これは私だけでなく、多くの日本人が持つ感想なのかもしれません。本当はもっと自由に生きたいのに、世間体を気にしたり、自分の中に歯止めがかかったりして上手く生きられない。そういう人が多いのではないかと。

ドラ・トーザン(以下ドラ):確かに、そういう感想をよくいただきます(笑)。日本から見ると、フランスはとても不思議な国に映るでしょうね。「結婚」という制度がどんどん不人気になってきて、仕事を続けながら子供を作る女性もどんどん増えています。

「個人主義」を最も大切にしており、それぞれのライフスタイルを尊重する一方で、大きな政府を支持してもいます。ここはアメリカとも全く違いますよね。社会保障制度などの考え方が、フランスとアメリカは全く正反対と言ってもいい。「自由」「平等」「博愛」の精神が徹底されているのです。

――バカンスをたっぷり取っているのにGDPが高いのも不思議です。

ドラ:その理由の一つは、「生産性」が高いということでしょうね。日本の会社は拘束時間が長い割には、全く仕事をしていない人がいたりするでしょう?(笑) 「仕事をすること」と、「会社にいること」とは違うはずなのに、意味のない会議をダラダラやっていたりする。

フランスは、仕事をするときには集中して仕事をし、終わればすぐ解散してプライベートな時間を楽しんでいます。スポーツしたり、美術館や映画館へ行ったり、家族と過ごしたり。日本人は、そういったウィークデーのプライベートタイムが本当に少ないと思います。

“信じられない”日本の専業主婦願望

ーーフランスは昔から「自由」を尊重する国なのかと思っていましたが、60年代までは保守的な国だったそうですね。

ドラ:そうなんです。本著を書くにあたって色々調べるまで、私も知らなかった。68年の五月革命以降、フェミニズム運動が盛んになり、女性の権利が確立されていきました。避妊、中絶、結婚の選択を自由に出来るようになると、「結婚」という制度も人気がなくなっていきます。

とはいえ、アムール(恋愛)はフランス人みな大好きだから(笑)、結婚以外にも事実婚や同棲、パックス(共同生活)など、生活スタイルが多様化していく。ここがフランスの面白いところで、人々の意識が変わると法律もそれに合わせて改正されていくんですね。一方、日本は意識がどんどん変わっているのに、法律が昔のまま全く変わらない。

――日本には、しきたりや慣習もずっと根強く残っています。人々のライフスタイルが多様化し、選択肢も増えているはずなのに、未だに「適齢期」という言葉があるし、独身で子供がいなかったりすると、何となく肩身の狭い思いをする。しかも最近は、若い女性の“専業主婦願望”が高まっているというニュースを見ました。女性の社会進出が以前よりしやすくなってきているのに、不思議な現象ですよね。

ドラ:全くですね。「結婚」自体が悪いこととは思いません。私個人は反対ですが(笑)、したい人はすればいい。ただ、「子供が欲しいから早く結婚しなきゃ」と焦ったりするのは、私は違うと思んですよね。今、女性の力が社会で求められていて、いい大学に出て知識をたくさん持っているのに、結婚して仕事辞めて、夫に食べさせてもらうなんて本当に信じられない(笑)。

フランス人は不倫に寛容?

ドラ・トーザンさん

ドラ・トーザンさん

――女性が経済的に自立して、自分のライフスタイルを自由に選択できるようになったら、男性も楽になるはずなのに、何故かそれを許さない男性もいます。「女性は家庭に入るべきだ」みたいな。

ドラ:それは、自分に自信のない男性が多いんじゃないかしら。経済力で支配したがる。それと、自立した強い女性が苦手なロリコン(笑)。国際結婚も、外国人男性と日本人女性は多いけど、その逆はとっても少ないですよね。でも、これから少しずつ変わってくるんじゃないかとも思っています。管理職に就く女性が増えたら、きっと男性は今より楽になるはずですよ。

――それと、この本に書かれていたことで印象に残ったのが、「フランス人は不倫に寛容である」という記述です。確かに、オランド大統領の不倫報道があったときも、それで彼が職を失うことはありませんでした。ミッテラン元大統領のときもそうでしたね。ところが日本では、今まさに某女性タレントが職を失うほどの猛バッシングとなりました。

ドラ:フランスはカトリック文化ですし、日本よりも厳しい部分はもちろんあります。でも、プライベートな問題と仕事は割り切って考えているんですよね。それに、アムールをとても大切にする国で、大恋愛の中には不倫も含まれる(笑)。そのベースには、フランス人の「リベルタン魂」もあるんですよ。リベルタンとは、自由に生きる人、自由奔放な人、権力に負けない人という意味です。

ロリコン文化がセックスレスを産む

――日本ではアムールを大切にするどころか、セックスレス夫婦が当たり前のように存在しています。

ドラ:日本人夫婦にセックスレスが多いのは、一つの要因としてバーチャル文化が発達しすぎているのもあると思います。人とのコミュニケーションをあまりしていないから、本物の女性に対しての恐怖感があるのではないかしら。

――でも、妻以外の女性には性欲を感じる男性もいますよね(笑)。夫婦間では性欲=アムールが存在しなくなっているのに、それでも一緒に暮らしているのは……。

ドラ:それはフランス人には本当、理解できない(笑)。セックスレスが離婚の理由になるのは当たり前です。そして、「家庭を守るために、他のことを我慢する」っていう考えもあまりない。それはフランスだけじゃなくてヨーロッパ全体がそうなんじゃないかしら。

――セックスだけじゃなく、スキンシップも日本人は足りないと思う。日本は性風俗も発達しているし、春画の文化もあるし、ラブホテルはそこら中にあって簡単にセックスできるのに、夫婦間でキスしたりスキンシップしたりっていうのが全然ないのは不思議。「ジャパニーズ・パラドックス」ですね(笑)。

――フランス人は、40歳、50歳になっても恋愛を謳歌しているのに、日本で同じようなことをすると「年甲斐もなく」と言われてしまいます。年齢を重ねることを「劣化」と表現するのも失礼な話ですよね。

ドラ:そこも日本は男性社会というか、ロリコン文化が根付いてるんじゃない? ヨーロッパでは40代の女性がすっごく魅力的だし人気がある。私の別の著書『フランス人は年をとるほど美しい』(大和書房)を是非読んでください(笑)。年齢を重ねれば経験や知恵も増えて、人生をどんどんエンジョイできるようになるはずなんですよ。

日本人は自分に対しても他人に対しても、プレッシャーが強すぎますよね。もうちょっとエンジョイしてもいいし、一つの価値観に縛られないでほしい。「いい会社に入って、何歳までに結婚して、子供を作って、家を建てて……」というだけが人生じゃない。自分にあったライフスタイルを自由に選び、堂々と生きてほしいですね。

◼︎関連リンク:ドラ・トーザン公式サイトFacebook

(黒田隆憲)

ドラ・トーザン(Dora Tauzin) 国際ジャーナリスト。エッセイスト。ソルボンヌ大学応用外国語修士号取得後、パリ政治学院(Institut d’Etudes Politiques de Paris, Sciences-Po)成績優秀者の認定を受けて卒業。 5カ国語を話し、ベルリン、ロンドン、ニューヨークで暮らした経験のある国際人。 国連広報部勤務後、NHKテレビ「フランス語会話」への5年に渡る出演がきっかけで日本に住むようになる。慶応義塾大学講師などを経て、現在、東京日仏学院、アカデミー・デュ・ヴァンなどで講師を務めながら、日本とフランスの架け橋として、新聞、雑誌への執筆や、講演、イベントでの司会など各方面で活躍中。テレビ、ラジオ番組のコメンテーター、レポーターとしての出演も多い。
この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています